まさかのCX-8!! その公開情報から真の姿を暴き出してやる!

CX8
出展元:マツダホームページ

 

青天の霹靂、という言葉がこれほど相応しいものはないでしょう。

 

本日、突如としてマツダは、3列シート向けSUV「CX-8」の情報を一部公開しました。
本当にね、もう突然。
私、仕事しながらTweeterをサボり見てたときにこの情報を見つけて、思わず「ハァ!?」と叫んでしまったよ、もちろん小声でね!w

公式リリースはコチラ。

新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」の導入を公表しました。

 

んで、早速ネット界隈では”CX-8″のニュースがばっさばっさ飛び回ってるw
そんな中、当ブログは管理人が厨二病という致命的な欠陥を抱えているので、公開された主要緒言から早速妄想をはじめましたというのが、本日のエントリーでございます(笑)

 

サイズから見る3列シートの本気度

「CX-5に3列目つけただけで売れるわけがない」

この考えは当然ですが、マツダは徹底的にやってくれたようです。
公開されたサイズ情報を鑑みると、CX-5をちょっと長くして…どころではない!

それではCXシリーズやマツダミニバン勢と比較しながら、そのサイズ感を調べてみましょう。

 

車種 全長 全幅 全高
CX-5 4,545 1,840 1,690
CX-7 4,695 1,870 1,645
CX-8 4,900 1,840 1,730
CX-9 5,065 1,969 1,716
プレマシー 4,585 1,750 1,615
ビアンテ 4,715 1,770 1,835
MPV 4,860 1,850 1,685
アイシス 4,640 1,710 1,670

 

 

……1台だけトヨタさんちの彼がいるのはご愛嬌ですw

 

全長と全高を見れば、如何に「本気で3列シートをつくりに来たか」がわかるでしょう。

これは最早、マツダらしいスタイルを優先した3列シートSUV、3列目はプレマシーレベルで……などという、生易しいものではございません。
このCX-8は、ファミリーバンとガチで殴り合いをするためのマツダの3列シート決戦兵器なのです!!

 

何しろ、ビアンテやMPVよりも全長は長いわけです。

魂動デザインを3列シートで表現するために、「長さ」が必要……つまりフロントグリルからボンネットにかけての『デザイン部分』でかなりの長さを使うにしても、MPVより長いのですからたいしたものです。
当然、全長は座席の余裕に直結します。
足元空間を確保するためにまず、全長が長くなったわけです、ハイ。

 

そして全高がメチャクソ高いわけです。

ビアンテはさすがに別格にしても、恐らく高さでMPVレベルの室内高(SUVだからそもそもちょっと高い)を確保してきているのは疑う余地がありません。
この「高さ」もまた、足元空間の余裕を決める重要な要素でしょう。
小型ミニバンの弱点は、高さ不足故にシートのヒップポイントと床までの高さが足りず、体育座りのような格好を強いられることにこそあります。(最近色々選んでるので実感してますw)
快適に3列目を使うために、必要な高さが設けられたというわけです。

 

それでいて、横幅はCX-5と同じ。

日本の道路事情にピタリと適合するサイズ感を、ここでも演出してくれているわけです。
もちろん、全長故の取り回しの難しさは出てくるでしょうが、それにしても横幅がCX-5と同じというだけで、だいぶ違うはずです。

 

もう一度、繰り返しますよ?
このCX-8は、ファミリーバンとガチで殴り合いをするためのマツダの3列シート決戦兵器なのです!!
エクストレイルとかの3列シートとは全く違う次元で、3列シートSUVを作ったわけですよ。

いや、本当にここまで攻めてくるとは思わなかった……。
ガチでミニバンの市場取りに来てますわ……( ゚Д゚)

 

似たような考察を、レスポンスさんもガチガチにしてる。
面白いですよ!

【マツダ『CX-8』深読み】価格・デザイン・走り・パッケージ、”箱じゃない3列シート”に賭けるマツダの勝算とは

 

ディーゼル一本。何故ガソリンはないのか

パワーユニットについては、クリーンディーゼル一本勝負であることが謳われています。

確かに重いファミリーバンを動かすのに、マツダのディーゼルターボほどジャストフィットな動力期間はないかもしれません。
家族を何人乗せようが、強烈なトルクでグイグイ進むでしょう。

 

が、ちょっと待った。

 

これには私、裏の裏があると思ってます。

何故このタイミングで、ディーゼル一本なのか。

そしてそもそも、何故このタイミングでCX-8を発表したのか。

 

「準備が出来た」からじゃないですかね?

 

勿論、CX-8には間に合いません。それは仕方がない。
ただし、年次改良でソレを載せる算段が、見通しがついたからではないでしょうか。
だからこそ、その見通しとともに「ディーゼル一本」として発表した。

普通に考えれば、マツダのユーザは3列シートを待ち望んでいるはず。
こういうニュースリリースは、早ければ早いほどいいはずです。
それがこのタイミングになった訳も、単に開発がズレ込んだという以上の理由付けができます。

 

 

つまり、年次改良でHCCI搭載の「SKYACTIV-G GenⅡ」を搭載する前提。

だからこそ今は、ディーゼル一本なのではないでしょうか?

 

深読みし過ぎでしょうか?

しかし先代デミオに搭載された第一世代SKYACTIVエンジンから既に歳月も経ちました。
いよいよ、お披露目となっても、不思議はないと思います。

 

まず、年末か年始の新型アテンザ。

次に年次改良にて、このCX-8がその原動機を授かることになるのではないでしょうか?

 

気になるお値段は、あまり想像したくないw

恐らく、ですが320万ぐらいがエントリーグレードになるのではないかと思われます。

 

くわばらくわばら……(・ω・)

 

まあぶっちゃけ、写真で見る内装とかムチャクソ高級感ありありなので、国内で販売するマツダ車のハイエンドモデルとして謳われそうな予感。
そうなると、実際の売れ筋モデルは350万かな?
現行ので良いので、SKYACTIV-Gを用意して頂きたかった悲しき小市民ですw

 

しかし……CX-「8」か。

うちの……RX-「8」の後継として、これほど相応しい子もいないと思うんですが……。
そういう理屈、家庭稟議で通用しますかね?(・ω・A;;

未来の電気自動車がここに! 水にも浮く小型EV、コンセプトOneとは!?

未来の電気自動車がここに! 水にも浮く小型EV、コンセプトOneとは!?

出展元:FOMMホームページ ある日、ブラブラとNewsPicksを彷徨っていたときのことです。 こんな記事を見つけてし...

記事を読む

SX4 S-CROSSの大変身!! CセグメントSUVの本命に名乗り出るか!?

SX4 S-CROSSの大変身!! CセグメントSUVの本命に名乗り出るか!?

出展元:グローバルスズキ これはヤヴァイですよ奥さん!?Σ( ゚Д゚) なんだか猛烈な地味な存在だったスズキ...

記事を読む

マツダというブランド考察~デミオの後部座席が狭く、ロードスターがパワー不足な理由~

マツダというブランド考察~デミオの後部座席が狭く、ロードスターがパワー不足な理由~

トヨタはプリウスPHVを発表し、NISSANも新型リーフの登場を予告、そしてHONDAもEVの市場投入を宣言するという、激動の201...

記事を読む

突然ですがベンチシートをdisってみるw 運転席は「コックピット」たれ?w

突然ですがベンチシートをdisってみるw 運転席は「コックピット」たれ?w

て、適当なトップ画像でスミマセヌ……( ゚Д゚) ですが本日のお題、「突然ですがベンチシートをdisってみる」については、なか...

記事を読む

プリウスPHVの充電料金と本体価格をマジメに考える。次世代エコカー検討会?w

プリウスPHVの充電料金と本体価格をマジメに考える。次世代エコカー検討会?w

出展元:トヨタホームページ まあタイトルに「w」ってついてる時点でマジメじゃないけどねww というわけで、本...

記事を読む

デミオが自動ブレーキを標準装備! あれ?値上げしてないゾ?

デミオが自動ブレーキを標準装備! あれ?値上げしてないゾ?

出展元:マツダ公式動画 マツダは最量販モデルとなるデミオに、自動ブレーキを標準搭載したことを発表しました。 以前...

記事を読む

クラリティEV、走行距離”128km以上”の怪。HONDAの戦略は何処に…?

クラリティEV、走行距離”128km以上”の怪。HONDAの戦略は何処に…?

出展元:HONDAホームページ その不思議な情報に接したのは、とあるお昼休みのことでした。 愛するCoCo壱で5辛の...

記事を読む

自動車税って何年経ったら値上げ? 年式重視に変わった中古車事情を考える

自動車税って何年経ったら値上げ? 年式重視に変わった中古車事情を考える

本日はヒジョーにマジメで、ヒジョーに頭の痛いエントリーです(´・ω・`) いやはやいつの間にこんなのが出来たんだよって...

記事を読む

シビック”Si”という究極のファミリーカーについて。日本導入は果たして…?

シビック”Si”という究極のファミリーカーについて。日本導入は果たして…?

それは、2017年4月の出来事でした。 シビック"Si" 突如として発表されたこのネーム。 な...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大