予算200万円!新車で狙うカッコイイファミリーカーランキング!!後編【2015年版】

前回の続き!
予算200万円という厳しい世界で生きるファミリーカーの特集を、「カッコイイやつ限定!」でリポートしちゃいます♪

それでは第二位からいってみよ~( ´▽`)ノ

スポンサーリンク
レクタングル大

第2位 インプレッサ(スバル)

インプレッサG4
出展元:スバルホームページ

やっぱり第2位はこれしかないっ!

日本が誇るCセグメント界の雄、インプレッサの登場です!!

インプレッサと言えば、かつては日本屈指の4WD搭載車として、ラリーの世界で名を馳せた名車。

ですが現行モデルになって、眩い伝説の象徴であったWRXは別車種として切り離され、インプレッサはより普遍的なCセグメントとしての性質を強めることになりました。
もちろん、WRXほどのトンデモ仕様はないにしても、スバル独自の水平対向エンジン「BOXER」も、強固な4WDシステムも未だ健在。
ドライビングを愛する人にはうってつけの一台でしょう。

ただ、です。

このクラスにおけるインプレッサの絶対的な優位点は、そういった走行性能の部分にフューチャーしても見えてはきません。

確かに質実剛健とした走りは安定感がありますが、同クラスの中で決定的に突き抜けた何かを持つわけではありません。
同格であるアルファロメオジュリエッタのダウンサイジングターボエンジンを踏めば、インプレッサに搭載されたBOXERの優位性にどれほどのチカラがあるのかは疑わしいところです。

このインプレッサが持つ真のチカラ。

つまりこのランキングで2位という地位を占めるに至った理由は2つあります。

一つはもちろん、アイサイトです。

これぞスバルの超兵器!
BOXERや4WD制御に取って代わるほどの、スバル独自の衝突防止・自動運転システムです!!
(といってもスバルさんは別に自動運転を謳ってはいないのでご注意!)

アイサイトVer2.0の時代は、アイサイトのパフォーマンスは圧巻の一言でした。
それから二年近くが経ち、競合他社がどの程度アイサイトに近づいてきたのかはわかりませんが、長い歴史を誇る老舗システムという観点で見れば、信頼性も抜群!でしょう。

ただアイサイト搭載モデルはそれなりにお値段が張ります。
226万円という価格帯は、当記事の標榜する「200万円」のゾーンをオーバーすること疑い在りません。
(諸費用を入れれば250万オーバーになるでしょう…)

アイサイト搭載モデルはAWDしかない(制動力の関連でAWDに限定している)ため、どうしても高くなっちゃいますよね……。
可能な限りオプションを抑えれば……何とかなるかも?

そしてもう一つ、恐らく最大の魅力は、価格です。
このCセグメントクラスで、200万という(本体)予算で2Lエンジンをチョイスできるのはインプレッサだけです。

最高出力150psという数値は、スポーツセダンとしては物足りなさも残りますが、なめらかな加速感は十二分。
この価格設定は、競合他社のCセグメントから半歩長じている点です。

2Lエンジンなら、高速走行やロングドライブも安心♪
あらゆるシーンに対応することができる力強さがありますね~( ´▽`)ノ

全体としてトータルバランスが良く、大きな不足も不満もありません。
それでいて、コストパフォーマンス上はかなりの猛者であるこのインプレッサさん。

ハイブリッドモデルが出たりしましたが、もちろん私の眼中にはありませんwww
まあ高いしね?w

さて、というわけで第2位はスバルの星、インプレッサがランクインしました!!

いよいよ注目の第1位!
まあ……だいたい皆さん予想してるでしょうが(笑)、果たして結果はっ!?

第1位 アクセラ(マツダ)

アクセラ(スポーツ)
出展元:マツダホームページ

栄えある第1位に輝いたのは、この至高の一台!

圧巻の造形美として削り出された珠玉の国産Cセグメント!
マツダの心臓、「アクセラ」がランクインしました♪

ちなみに、我が嫁の愛車でもあります( ´▽`)ノ

アクセラ_サイド
出展元:マツダホームページ

この流れるようなプロポーションを見て下さい!!
様々な面が構造化されて艶めかしさを引き出し、そしてリアで美しく収束した躍動感のカタマリが全体の構成を引き締めています。

これぞマツダ!!

これぞアクセラ!!

このプロポーションの美しさは、セダンにしてもハッチパックにしても圧巻の一言です。
鼓動デザインばんざーい!と叫びたくなりますね(^^;

当然、エクステリアに負けないほどに走行性能も上質です。

予算200万という価格帯では、残念ながら1.5Lエンジンしか選べませんが、こいつが非常に良いエンジン
先代から軽量化されたボディ構造と相まって、かなり軽快に走ります。

特にMT車(またはATでスポーツシフト)に乗った際の楽しさは、格別です。
可能であれば、MT車を選んだ方が良い。
AT車でも、ミッションモードで操るとその気持ちの良さがわかります。

確かに1.5Lエンジン故、パワーはありません。
同乗者を乗せていると、パワーウェイトレシオ的な限界を感じます。
最高出力111psというのは、1.2tを超えるアクセラにとって、理想的な最高出力ではありません。

ですが、例えば夜中に一人ドライブに行くとき、MTモードで運転してみて下さい。
この1.5Lエンジンは、まるでスポーツカーのような(言い過ぎ?w)パフォーマンスを発揮してくれるのです♪
気持ち良く吹き上がり、リニアにレスポンスし……アクセラ本来の操作性の良さと相まって、とても楽しい。
どこかの車雑誌が書いていた通り、「1.5LモデルはまるでFF版ロードスターのよう!」なのです♪

価格帯的には、1.5Lモデルの標準グレードである15Sが193万円から。

より上位グレードである15STouringは214万、20Sで228万円!
手の届かない範囲ではありませんが、やはり当記事の趣旨からすれば15Sを推奨すべきでしょう。

当初は安全装備であるSCBS(スマートシティブレーキサポート、時速30km以下での自動停止)がオプションでしたが、最近では標準搭載になった模様。
ただ、オススメの安全装備は15Sではオプション扱いとなるBSM(旧RVM)です。
車線変更時やバックでの出庫時をレーダーでサポートしてくれる機能で、ドライバーの死角を補ってくれる貴重な装備です♪

15STouringまで行くと、アイサイト相当の機能がついていますが、ちょっと高いかなぁ……(^^;

※2016/8/3追記
15STouringはマイナーチェンジで15S PROACTIVというグレードになっています。

ちなみに、一時期は悪評高かったナビ「マツコネ」ですが、現在販売中のモデルはすべて国産版にアップデートされています。
国産版のマツコネ(のナビ)は劇的に改善を果たしているため、安心して使用することができます。
もちろん、十数万円するナビには性能的に劣るのでしょうが、購入価格はかなり安上がりなので、値段相応のレベルには達していると言えるでしょう。

ちなみにマツコネとは本来ナビではなくて、オーディオ等コマンダーコントロールで操作するデバイスの一式を指します。
このコマンダーコントロールの操作性はかなり高く、慣れるとハンドルのボタンで操作しなくなります(笑)

予算200万円というくくりからは外れますが、唯一にして最大の問題点は20S以上のグレードがセダンモデルに存在しないこと。

セダンを愛する我が家は必然的に15Sというグレードになりましたが、最も評判が良い、アクセラにとって理想と言われるエンジンはやはり20Sと言われているので、ちょっと憧れもありますw

マツダにハイブリッドなんていらんのじゃー!!ヾ(゜Д゜)

2016年8月3日追記:アクセラマイナーチェンジ!

マイナーチェンジが発表されました!
20Sが廃止され、15XDという1500ccのディーゼルターボがグレードに加わっていますが、やっぱりイチオシは15Sです!

15S Touringは15S PROACTIVという名前に変わりましたが、内容的にはほぼ同じ。
むしろ15Sの時点で80km/hまでの自動ブレーキがついているので選びやすくなった一方で、15S PROACTIVでなければBSM(側方、後方監視)がついてこないというデメリットもあります。

そしてGベクタリングコントロールという、衝撃の新機能を備えました。
これがめちゃくちゃイイです。特に後部座席とかに乗ると違いが出ます。

ルックスは少し変わりましたが、相変わらずカッコイイですよ!!

詳しくはこちらまで!!

というわけで(どういうわけか突っ込みは無用!w)、栄えある1位にはマツダ「アクセラ」が輝きました!!

プロポーションの美しさから内装の充実、走りの楽しさと、すべての要素を兼ね備えた一台ですので、是非検討してみて下さい(^_^)/

それでも高い購入費を、30万ぐらい抑える策とは?

というわけで200万円の特集だったのですが、諸費用加えたらはみ出るものもあるし、インプレッサなんてアイサイトつけたら余裕で250万に到達します(´д`)

「じゃあ値引きを頑張ろう‼」

……と言えたのは主に昔の話で、最近は結構厳しい。

マツダは正価販売を原則にしていますし、インプレッサはアイサイトつけた途端に値引きしてくれなくなります(汗)

しかしながら、実は値引きに頼らず、実質的に購入費用を下げる方法があるんです。

というわけで、購入作戦の記事をPR!!w
良かったら是非読んでみて下さい♪

→値引き交渉は時代錯誤!? 新車購入費用を「実質的」に激減させる可能性とは?

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA