【妄想劇場w】ベリーサ&ビアンテはEVで復活する!マツダの次世代戦略はこうなる!?

久しぶりに妄想垂れ流し劇場はじまるよ!!ヾ(゜Д゜ヾ

前回の記事で、マツダのロータリーレンジエクステンダー搭載EVについて書いたので、今回はその流れを組んでのお話。

ズバリ、マツダのEV戦略について妄想してみます!!

スポンサーリンク
レクタングル大

マツダのビルディングブロック戦略に、EV技術は明示

マツダのビルディングブロック戦略
出展元:マツダホームページより

マツダといえば内燃機関ですが……そもそも論として、マツダの長期的な自動車の開発戦略に「ビルディングブロック戦略」というものがあります。

では「ビルディングブロック戦略」とは何か?
まあ簡単に言えば「基本をしっかり作ってからモーターとかそういうこと考えようね」って戦略です。
色々と語弊はあるかもしれませんが……w

これによれば、マツダとしても最終的なステップとしてHVやEVは視野に入れていて、内燃機関だけで今後の動力をまかなうつもりはない…ということになります。

SKYACTIVで内燃機関まっしぐらのマツダですが、モーターアシスト系の技術もそれなりには(多分)持っています。
何より昨今の風潮の中、EV系の自動車の研究を全くおざなりにしているとは正直考えにくい。
内燃機関へのロマンは最高にありなのですが、EV主義のこのご時世にそのロマンだけに傾注するのは、あまりにもリスキーですよね。

では、現時点でEVやHVといった非内燃機関はどこまで開発されているのか?

この情報は全くないと言っていいでしょう。
現行唯一のHVはアクセラHVのみですが、そのHVシステムは100%トヨタ製。
マツダの考えるEV・HV戦略はまだ見えてきません。

まあ恐らく、我々マツダファンからしてもあまり興味のない情報ではありますし……ww
公式に出てきたのは、数年前のレンジエクステンダー搭載デミオEVしかないんですよね。
最近唯一の情報となるのは、いつぞやベストカーがすっぱ抜いた(そしてデマだったw)「マツダが東京モーターショーにEV出展?」というスクープ記事だけです。

だから妄想するしかないんじゃぁぁぁぁぁぁっ!!ヾ(´д`ヾ

EV搭載ラインナップは、魂動とは異なる道をたどる…?

では、次世代EV搭載モデルは現行デミオの派生車種として、「デミオEV」としてデビューするのでしょうか?

……それは恐らくないでしょう。

何故なら、魂動デザインというのは、EVと全くリンクしないからです。
何故リンクしないかと言うと、電気駆動しても魂が揺れ動かないからですww

実際、魂動デザインはSKYACTIVによって内燃機関を突き詰めた新世代マツダのブランドイメージの結集です。
でもそれは、Be a Driverを標榜する内燃機関&スポーティードライブのマツダとしてのブランドであり、エコな新技術のためのブランドではありません。
アクセラHVの販売台数が全く伸びない現実を鑑みても、ファンがマツダに求めているイメージはエコEVやエコHVではないことは明白。
つまり魂動デザインによって拡散したマツダブランドは、そもそもHV・EVと相性が悪いのです。
ていうかざっくり書くと、マツダファンはマツダにEVなんて作って欲しくないのですww

そうなると、マツダはEVに関しては全く新しいブランディングを行わざるを得ない。
魂動として突き詰めた新世代商品群とは全く別のラインで、エコ技術を全面に押し出した商品ラインナップを拡張する必要が出てきます。
「デミオEV」は、テスト的に販売される可能性はありますが、主流にはなりえないでしょう。

マツダの規模でこういった二正面作戦は非常に困難だとは思いますが……実際魂動デザイン車をEVにしてもそう売れないだろうしなぁ。。

まあつまり。

何度も言いますが、やはりここで「ベリーサ」なわけです。

ベリーサ&ビアンテの二車種こそ、EV技術の見せ所!

ベリーサ赤
出展元:マツダホームページ

遂にマツダホームページのカーラインナップから消えてしまったベリーサですが、何度も言うように私は大好きだぁぁぁぁぁっ!!

ま、それは置いといてw

やや安直かもしれませんが、新世代商品モデルにラインナップされていない車種こそ、EV化していく方向性があるのではないかというのが、自然な見方です。

MPVは恐らくCX-9に取って代わられるとして、残る車種はベリーサ、ビアンテ、そしてプレマシー。
うち、デザインに応用が効くであろうプレマシーは、魂動系のデザインとして生まれ変わって新世代商品群にその名を連ねることが可能かもしれません。(実際には、スライドドアが魂動で実現できるかによるでしょう…)
ただ、元から全く違ったデザインの方向性で価値を得ていたベリーサ、そしてそもそもそういうデザインとか無理ぽなトールワゴンのビアンテに関しては、このままでは先がない。(ていうかベリーサは消え…略)

なのでこの面々こそが、マツダのEV戦略の土壌となっていくのではないでしょうか?

二台とも、根本的な骨格はSKYACTIVで培った現行モデルたちの技術を基盤にはするでしょう。
ただしそのパワートレインには、小型ロータリーをレンジエクステンダーとして搭載した、バッテリー駆動の高出力モーターが搭載されるのではないでしょうか?

もちろん、マツダに期待するのはEV技術とかじゃなくて、カッコ良くて魅力的で走って楽しい車を創ってくれることなんですけど。

でも、マツダがEVを出すとしたら、それなりに魅力的なEVを出してくれるんじゃないかっていう期待を、ついつい持ってしまうんですよね。
なんたってマツダだからね!!(*^-^*)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. Pow より:

    こんにちは。

    魂動デザインのベリーサ…ものすごく見てみたいですね!
    デミオが男性向けデザインになった今こそ、女性向けのベリーサって重要だと思うんですけどね。
    横浜でベリーサの開発者から話しを聞きましたが、女性の開発者が多く
    女性視線からの装備等を取り入れたとのことでした。
    今でも重要な要素だと思うのですがね(´・ω・`)

    HV・EV関係って、90年代はMAZDAは結構熱心に研究していましたよね。
    モーターショーでも初代デミオのものを覚えています。

    ただ、個人的には電気で走る車には興味ありませんね。
    エンジン音がしてこそ、心が躍るものですし
    なにより、安全面からも無音の電気自動車は危ないし。

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      ベリーサは……いいクルマかどうかはわかりませんが、とにかくキレイなクルマでした。
      派手過ぎずに品格があって、落ち着いた上流至高の美しさがありましたからね!
      現在の魂動デザインに匹敵するものを持った車だったと思っています!!
      現行デミオでも女性受けはするでしょうが、それとは全く違った魅力を持ってましたからね♪
      だからこそ、蘇れベリーサ!!ww

      ああ、昔はHVとかEVをマツダは推してたんですか~初めて知りました(^^;
      今のマツダからすれば意外な姿ですねw
      まあフォードとの提携がはじまるまでは、マツダ結構壊滅中だったみたいですしね(´ω`A;;

      同じく、電気自動車は個人的にあまり興味がありませんw
      まあガンダムが電気で動いてたら今ほど人気出てないだろ、って理屈ですよねww
      だからこそ、是非水素は燃やして欲しいですよね~♪w

      • Pow より:

        ご返信ありがとうございます。

        ベリーサは上品で綺麗な車ですよね!
        私もそう思いますよ。
        どちらかと言うと、魂動デミオは男性的になってしまった印象なので
        是非、女性向けの魂動デザインをベリーサで見せてほしいです!

        90年代にMAZDAはデミオでFCEVとかやっていました。
        それからFORDの傘下になり、その技術はFORDにほとんど持っていかれたとか何とか。

        • セトシン より:

          Powさん、コメントありがとうございます♪

          ベリーサは遂にマツダホームページから消えてしまいましたからね~。
          是非とも復活してほしいところです!

          90年代マツダがEVとかに走ってたってのは意外でした!
          FORD傘下に入るまでは迷走きわまりなかった印象ですからね…w
          まああの頃からすれば、EVとかユメの技術でしたもんね~♪

          • Pow より:

            ご返信ありがとうございます。

            ベリーサ、MAZDAは継続する気なしなんですかね…。
            もったいないなぁ。

            90年代はMAZDAにとってもう暗黒も暗黒、超暗黒時代でしたからね。
            生き延びるために、FCEV等をやったりRX-01を市販しようとしていたりしましたが
            結局、Fordの傘下に入らざるを得ませんでしたからね。
            FCEVもMAZDAの体力ではとても無理でしたからね。
            ただ、その研究が水素ロータリーに結び付いたと思うと考え深いですね。

            MAZDAの藤原常務はどうも「水素タンクをクルマに積んで(走らせる)ことには疑問を持っている。」らしいので、純粋な水素ロータリーエンジンは出てこないのかなぁ…と危惧していますが。

          • セトシン より:

            Powさん、コメントありがとうございます♪

            あの藤原常務のコメントは気になりますよね。
            じゃあ水素ロータリーはしないの?水素は燃やさないの?アヴォーン(・ω・) ……みたいな。
            トヨタとの提携が決まった瞬間に「水素タンクktkr!」としか思わなかった水素ロータリー厨としては、そうなってしまうのは非常に残念です(´д`)
            一度水素ロータリーに乗ってみたいんですけどねぇ……。

            90年代のマツダはビジネスの教科書にも出てきそうなレベルで迷走してましたもんねww
            まあFORDとあれほど上手くいった(表面的に)から、海外メーカーとの提携(?)としてはこの上なくラッキーで、結果オーライってところでしょうけどw
            持ち直してくれて本当に良かったです♪

  2. Pow より:

    ご返信ありがとうございます。

    私もTOYOTAとの提携は
    「水素キター!」
    って思いましたからね。
    TOYOTAの政治力なら水素ステーションの拡充も出来るでしょうから。
    燃やして欲しいですね、水素(・ω・)

    90年代のMAZDAは確かに教科書レベルですね(苦笑)
    FORDとの資本提携も始めは結構大変だったみたいですが
    日産に対するルノーのようなやり方ではなかったのが
    奏功したのでしょうね。

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      そうですね、燃やしてくれないと困りますww
      そして早くRX-8の水素RE車を出してくれ……(´д`)
      ていうかRX-8を復活させてくれ……(´д`)

      ……みたいなww

      理想的なんでしょうね、FORDとの関係解消は。
      スズキとかがVWともめてるのを見ても、「良かったなーマツダ」ってすごく思います(^^;

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA