ファーストカーにお勧めの中古車ランキング!他人と違う個性的なクルマを探せ!【前編】

ちょっと前に「新社会人にオススメするはじめての新車選び!」という特集をやりましたが、今回はその亜流ということで…。

ファーストカーに最適な中古車ランキングトップ5!!

を、開催したいと思います♪

個性的でカッコイイクルマを独断と偏見にて厳選しておりますので、新社会人や大学生で免許取り立ての皆様、そしてそのパパ&ママは是非参考にして下さい♪( ´▽`

スポンサーリンク
レクタングル大

第5位 スプラッシュ(スズキ)

スプラッシュ
出展元:カーセンサーラボより

第5位として紹介するのはスズキの欧州発の小型車。
「スプラッシュ」です!

それほど著名度の高くないクルマですが、元々は日本ではなく、欧州市場をターゲットに作られた車。
従って、乗り味は「欧州車に近い」という評判があります。

ワゴンRで名を上げたスズキが、欧州版ワゴンRとして開発したクルマ、といった趣もあるようですが、この欧州戦略車というのがこのクルマの最大の特徴。
他の日本車に比べて内装等も独自性が高い上、走りの頑強さは独特です。
かのVW(今は悪評高いですが、質実剛健としたクルマづくりといえばここです!)に対してOEM供給されていたクルマなので、その実力は推して知るべしでしょう。

国内生産していたクルマではなく、逆輸入車のため販売台数が少なく、その分中古車市場でも流通数は少なめですが、逆に公道で見かける機会もそれほど多くありません。
(よく見てればたまに走ってます!w)
自分だけのオリジナリティを追求できる一台というのも、ポイント高いですね♪

ちなみに中古市場での価格はかなり安い。

後10年乗れそうな車でも、本体で価格40万切ったりもします。
ココ、重要なポイントですよっ!!w

第4位 WILL サイファ(トヨタ)

WILLサイファ
出展元:wikipediaより

トヨタ発、トンデモチャーミング自動車シリーズ!

「ディスプレイ一体型ヘルメット」という謎のコンセプトと共に、2002年に発売された謎の近未来ルック自動車。
当時流行の兆しを見せていた室内空間絶対主義に反旗を翻すが如く、世界のトヨタが敢然と世論に立ち向かったのがこの「WILLシリーズ」です。

好きかどうかは人による。

ただ、好きな人は好きに決まってる。

だったらもう、それだけでいいじゃないか。

嗚呼、なんて潔いコンセプトなんだろう(´ω`)
とにかく、好きな人は買うしかないと、そういうクルマです。
エクステリアだけでなく、インテリアも結構個性的でよろしい♪

ただし、もはや猶予はありません。
はっきりいって2005年までの生産車なので、既に10年落ちは確実。

さすがに2000年代のトヨタ車なので、そう簡単に壊れたりはしないでしょうが、元々販売台数の多い車種ではないので、状態の良いタマはどんどん少なくなってしまいます。
可及的速やかに購入すべし!!

ただ、好きな人だけね。

あ、もっと古い(2002年とか)ですが、WILL Viという車種もあります。
こっちはこっちでカワイイので、ご参考にどうぞ♪

第3位 アコード(HONDA)

アコード_先代
出展元:HONDAホームページ

HONDAを牽引する象徴的なミドルクラスセダンであったアコード。
今回紹介するのは、その伝統と精悍さを受け継いだ最後のモデルになります。

だって、現行アコード終わってるし……(´ω`A;;

HONDAらしい運動性能と、セダンらしい質感の高さを両得できる最後のアコードですね。

さてこのアコード、はっきり言って私も欲しいw
垂涎のモデルと言えますww

とにかく、狙い目なのはセダン。
中古市場におけるセダンの不人気ぶりはすさまじく、このアコードでも100万+アルファで狙える。
先々代モデルなら、リアルに100万で納めることだってできちゃいます!

全体的なバランスが良いモデルなので、「クルマの運転を楽しむ」ことができるのと、セダンタイプのロングノーズ型ということで、「クルマの運転を覚える」こともできるクルマ。
さりとてFFだし、そこまでがっつりノーズでもないし、スピンの心配もない。
ファーストカーにこれほどうってつけのクルマはありません!!(多分)

カーオーナーとして最も重要な要素に、「ガレージの自分の車を見て誇らしい気分になれる」かどうかがあるというのは私が力説するところですが、アコードはほぼ間違いなくその要件を満たします。

そしてVTECエンジンの運動性能は、毎日のドライビングに飽くことない楽しみと彩りをもたらしてくれるでしょう。
ファーストカー選びの方、特にここ重要。
つまらないクルマに乗ると運転することはあまり楽しくないですが、良いクルマに乗ると、曲がって止まって走ること、ただ運転することがとても楽しく感じられてしまうのです!
車高の高いクルマ(=バランスが悪い)が多くなった現在では、セダンモデルのもたらす安定した運動性能はとても価値がありますよ♪

さてさて、ということで2位以降は後編に続きます。

→後編はこちら♪

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. kuni より:

    こんばんは~。
    個人的にはスプラッシュに乗ってみたいです☆
    毎朝通る中古車屋さんは、色とりどりのWILLサイファがズラリと並んでますよ♪

    • セトシン より:

      kuniさん、コメントありがとうございます♪

      スプラッシュの割り切られた感満載のオーラには、愛着を感じます(笑)
      独特との乗り味も気になっていて、私も是非一度乗ってみたいと思ってます♪

      そしてWILLサイファいいですね~♪ 私大好きww
      デザイン的にはWILL VIも好きです、とにかくこの2つはオシャレ感半端ない! そして好きなヤツだけついてこいという割り切り感も最高!w
      しかしもう10年落ちか~と思うと、何だか寂しさを感じる今日この頃です(^^;

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA