ファーストカーにオススメの中古車ランキング!免許取り立てでも安心して乗れる車選び!【後編】

ファーストカーにオススメの中古車ランキング、後編です♪
当サイトが独断と偏見でオススメする個性溢れる車たち、いよいよ上位2車を発表します!!

→前編はコチラ

スポンサーリンク
レクタングル大

第2位 MINI(MINI)

MINI
出展元:wikipediaより

第2位にはMINI!
ここに来て初のオシャレ外車がランクインです♪

いわゆるBMWMINIであり、一般的に名車として知名度が高い、軽自動車サイズの超小型車ではありません。
サイズ的には、普通にコンパクトカーです。

何が良いかというと、まずは外装。
エクステリアにたたずむ雰囲気は機械感も強いですが、ブランドアイコンを感じさせる独自のシックさは健在です。
カッコイイにもカワイイにもシフトできるマルチな魅力を持っていると言えます。

そしてそれ以上に、内装はインパクトが強い。
独自の個性としか言いようがない強烈なセンターコンソールに、「ミニである」ことをどこまでも意識させる全体のデザインは、無個性なインパネが散乱する日本車にも是非見習って欲しいところです。
(言い換えれば、こういったインテリアが相応しいブランドを持った車に、日本車にも出てきて欲しい)

さらに耐久性、信頼性。
BMW製となったMINIは、以前のイギリス製と比べて圧倒的に信頼度が増しています。
質実剛健のドイツ車のイメージに違わぬ強い耐久性と、BMWブランドに違わぬ高い信頼性を誇っています。
これは中古車を買う上で大きな強みと言えるでしょう。
外車を中古で買うなら、私は多分ドイツ車かフランス車にしますw

最後に価格。
中古市場で比較的手の届きやすい価格帯にいるのが、このMINIという車。
旧モデルでもデザインが現行とほぼ変わらないというのが強みの一つで、これによって中古車を選びやすくなっています。
普通の車は、6,7年前の車となるとデザインが結構違ってしまいますからね。
アンダー100万円で買える中古外車としては、個人的にはこのMINIがベスト・デザインだと思っています。

欠点としては、最初から外車に乗ってしまうと他の日本車(のコンパクトカーとか)が貧弱に思えてしまう危険性がありますww
次の車を選ぶときに、「貧弱貧弱貧弱ぅぅぅぅぅっ!」と国産メーカーのディーラーで叫ばないようご注意下さいw
仕方ないのよ、安いから(^^;

第1位 ベリーサ(マツダ)

ベリーサ赤
出展元:マツダホームページ

来ました! 栄えある(?)第1位!!
マツダ「ベリーサ」が堂々のランクインです!!

まずは、その異彩でしょう。

中古車市場で国産コンパクトを総覧すると、ベリーサがその中で抜きんでた個性を持つのがよくわかります。
エクステリアもインテリアも、国産コンパクトの中では一線を画すデザインセンス。
特に発売当時の競合コンパクトカーたちから見れば、ベリーサは「プレミアムコンパクト」としての存在感を際立たせていました。

実際にマツダには国内最量販モデルとしてデミオの存在があったので、もう一台コンパクトカーを開発するにあたり、相応の差別化を実施してきています。
その最たるものが、やはり内外装のプレミアム化でしょう。
また、ベースとなったのは2代目デミオのため、3代目からスポーティー路線に舵を切ったデミオに比べて室内空間を広く確保しているという利点もあります。

取り回しのし易いサイズ感に、オシャレなデザインというファーストカーに相応しい利点を誇りながら、大量に数が出た車種ではないため、公道に溢れている車でもありません。
日常に埋没しないだけの個性を持った車だと言えるでしょう。
(ただし、それなりにはいます。デミオに比べれば遙かに少ないけど、今回のランキング中では最も道で見かける車になります)

また、もう一つのウリは中古車市場でのコストと販売台数の多さ。
ベリーサは中古車市場で見れば、リアルに50万円からの世界です。
100万円出せば10年乗れるタマが普通にゴロゴロあります。

新車販売が終了したばかりなので、良質のタマが多く、マツダディーラーでの扱いも豊富。
購入し易いというのも、大きなメリットです。

余談ですが、私はベリーサの次期モデルを楽しみに待ってますよ、マツダさん!!w

というわけで、独断と偏見で選んだファーストカーにオススメの中古車ランキングでした!
皆さんの車選びに、是非ご活用下さい♪ヾ(´ω`)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. ご無沙汰しております、ベリーサオヤジです。
    今回の記事、果たしてベリーサは出てくるのかどうか?前篇を拝見する段からちょっとドキドキしながら見ていました(^^)
    思いがけずの1位で出てきて、結構ガッツポーズ♪です。
    ベリーサ、2月半ばに手元に来てただ今絶賛弄りまくり中です。
    ノーマルでも大きな不満はないのですが、スポーツスタビライザーなどの装着でどう乗り味が変化するか楽しみにしているところです。
    ひとつだけ不満があるとすれば、”整備性がよろしくない(^^;)”両手を傷だらけにしながら頑張ります(笑)

    • セトシン より:

      ベリーサオヤジさん、コメントありがとうございます♪

      楽しんで頂けたみたいで嬉しいです、ありがとうございます♪
      ランキングは悩みましたが、「入手し易さ」と「個性」のバランスが最も良いのはベリーサだなぁと思って、独断と偏見で1位にしました!!w

      そしてベリーサの納車おめでとうございます!!
      サイトを拝見致しましたが……いいですねぇ♪
      オレンジなんですか?写真だと赤っぽい。オレンジのベリーサってあんまり見ない気がするので、すごい新鮮です。
      できればSKYACTIV化された6速ATになって欲しい(←私のこだわりソコだけw)と思っていたのですが、弄っていくのも楽しそうですね♪
      私は車イジリは全然できないので、羨ましい限りです!!
      娘さんと一緒に、よい愛車ライフが満喫できますように~♪(^^ゞ

  2. セトシンさん、ありがとうございます。
    パッションオレンジという、少し赤みの強いオレンジですね。
    確か2006年~2010年位までしか設定されていなかった色なので、ベリーサの車体色の中でも玉数はかなり少ない方だと思います(^^;)
    オジサン臭くなくて汚れが目立たない色という、娘らしい?選択基準で選んだ色です。
    今週末には、灯火類、ホーン、ボンダン片付けて弄りはひと段落させたいなと思っています。(あまりベリーサにかまけているとCX-5の調子が悪くなりそうなので^^;)
    ベリーサ、確かにSKYACTIV&6AT化すれば、大人4人きっちり乗れるコンパクトとして、一定の需要があるだろうにと思いますね(^^;)

    話はかわりますが、最近のホンダの迷走っぷりは私も残念な限りです。元ホンダ党としては、若かりし頃はVTECエンジン!って聞いただけでワクワクしたものですが。最近のホンダにはワクワク感を感じません・・・

    • セトシン より:

      ベリーサオヤジさん、コメントありがとうございます♪

      いい色ですね!
      コメント頂いた後、カーセンサーでずっとその色のベリーサの写真見てましたw可愛い♪
      汚れが目立たないのは極めて重要ですしね!!w
      2代目デミオベースなので、SKYACTIV化は大変そうですが、リアルに6ATがあればなぁ…(そればっかw)

      HONDAさんは本当、何だか残念ですよね。
      決して他社に比べて、車で劣っているとは思わないんですけど……何かが違う……。
      あの誇らしいVTECのブランドを期せずして捨ててしまったように、一つ一つ何かを捨てて言ってる感じですよね。
      北米カーオブザイヤーまで取った車を日本で売らない意味がわからない…(´д`)
      是非、頑張って欲しいところですね!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA