2016年の自動ブレーキ・予防安全装備徹底比較!ぶつからない車はどれだ!?【後編】

安全運転

前回に引き続き、最新の予防安全装置事情をまとめてみたいと思います。
(前編はコチラ!)

もちろん、予防安全装置はただの保険。
常日頃からの安全運転の意識をお忘れ無くっ!!

※2016年12月のJNCAPによる予防安全性能アセスメント試験の結果を受けて、内容・評価を更新しました。

スポンサーリンク
レクタングル大

NISSAN:エマージェンシーブレーキ

自動運転に対して恐らくもっとも早くから、もっとも注力していたであろう日本のメーカー。
それがNISSANです。

当然、自動運転と自動ブレーキは密接に結びついた技術のはず。
この自動ブレーキの性能に、NISSANの真の力が見えてくることでしょう!!

デイズの場合

デイズ_自動ブレーキ
出展元:NISSANホームページ

センサー 赤外線レーザーレーダー
衝突回避サポート 15km/hまで
自動ブレーキ作動 30km/hまで
歩行者検知 ×
車線逸脱警告 ×
車線変更アシスト ×
後退アシスト ×
その他 急発進抑制

総合評価:E

真の力が……見えた……?(笑)

いやいや、軽自動車なんてこんなものでしょう。
あくまでも最低限の装備を、最低限の価格でというものが本質。ブレーキ性能の問題もあって、衝突回避は15km/h以下と低いですが、無いよりマシと思うしか無いですね。

ただ、自動運転システムとしては残念ながら最低評価。
同じく軽自動車の、ダイハツのスマアシⅡにさえ劣ります。

安全運転しなさいっ!ヾ(゜Д゜ヾ

ノートの場合

NISSAN_自動ブレーキ
出展元:NISSANホームページ

センサー ミリ波レーダー
衝突回避サポート 60km/hまで
自動ブレーキ作動 停止車両に対しては
70km/hまで
歩行者検知
車線逸脱警告
車線変更アシスト ×
後退アシスト ×
その他 急発進抑制

総合評価:B-
(2016年のJNCAP予防安全試験を受験しなかったため、評価を下げました)

一気に性能があがるNISSANの自動ブレーキの本気。
やはり軽自動車はNISSANというか三菱NISSANは普通自動車の会社なんですよね~。

量販車であるノートに搭載の自動ブレーキということで、それほど高い性能を持っているわけではありません。
ただ、TOYOTAの「Toyota Safety Sence C」と異なる点は、歩行者を認識する点。
この点についての機能差はとても大きいと言わざるを得ません。
対車以上に、対歩行者のほうが大事ですからね(^^;

量販車に搭載される自動ブレーキシステムとしては、結構理想的なレベルにあると言えます。

スカイラインの場合

V37スカイラインハイブリッド

センサー ミリ波レーダー
衝突回避サポート 60km/hまで
自動ブレーキ作動 停止車両に対しては
70km/hまで
歩行者検知
車線逸脱警告
車線変更アシスト
後退アシスト
その他 自動クルーズ
急発進抑制
前方衝突予測警報

総合評価:B
(2016年のJNCAP予防安全試験を受験しなかったため、評価を下げました)

これがNISSANの真骨頂。
自動運転をリリース目前に控えた会社の総力は、この一台に見ることができます。

必要とされる前方への備えは完璧。
スカラインの高いブレーキング性能にも支えられ、60km/hまでの速度で衝突の回避を可能とします。
また、自動ブレーキの作動条件も「停止車両に対して70km/h」との仕様。
作動速度の上限は明記されていませんが、もし相対速度で70km/hの差だと解釈するなら、ほとんどの状況で完全に機能するブレーキシステムということになります。

そして今までの他社に見られなかった、側面・後方への注意喚起機能が万全。
車線変更時に死角に車が存在した場合に警報を出したり、後退時に後ろを横切る車を検知したりと、ドライバーが「本当に欲しかった運転サポート機能」が搭載されています。

また、圧巻の技術なのが「二台前の車の動きを監視」して、玉突き事故を防止する「前方衝突予測警報」システム。
他社にないNISSAN独自のシステムで、人間の視界の限界を補う新たな試み。
来る未来に、NISSANの復権を予感させる力を、見せつけてくれています。

※2016年9月5日追記

新型セレナにて、プロパイロット1.0が発売されました!
「高速道路左車線においての自動運転」を謳うNISSANの虎の子の一台ですが、当然安全性能も充実しています。
ただし、一般道においては自動運転とはいかず、性能的にはアイサイト相当と考えておけば良いでしょう。

→詳しくはコチラで特集しています!!

※2016年12月4日追記

NISSANは2016年の予防安全性能試験を受験していません。

スバル、マツダ、トヨタ、ホンダといった各メーカーがユーザにその性能を曝け出しているのに対して、NISSANがそれを怠った点から見て、決して褒められる態度とは思えません。(ホンダは他社に対して明確に劣る得点だったにもかかわらず、きちんと受験しています)

ニューモデルマガジンXの取材では「後期分では受験を予定」と回答してはいます。
ただし、それは現時点ではブレーキ性能が他社に劣るものであると判断し、総合評価を一度下げています。
後期試験結果の発表後に、再度総合評価を掲載する予定です。

スズキ:デュアルカメラブレーキサポート

スペーシア_安全装備
出展元:スズキホームページ

センサー カメラ
衝突回避サポート 50km/hまで
対歩行者:30km/hまで
自動ブレーキ作動 100km/hまで
歩行者検知
車線逸脱警告
車線変更アシスト ×
後退アシスト ×
その他 急発進抑制
車線逸脱警報
ふらつき警報
先行車発進告知

総合評価:A(ただし、前方に限る)
(2016年のJNCAP予防安全試験を受けて更新)

2016年試験評価点実績

車種 対車両 対人
イグニス 32/32 20.3/25

スバルのアイサイトにも似たステレオカメラ方式によるスズキの新型自動ブレーキ。
軽自動車や小型車がメインということを考えれば、圧巻の性能だと言えるでしょう。

旧世代の「レーダーブレーキサポート」が30km/h程度でしか動作しなかったことを考えれば、驚きのスペックアップ。
ダイハツのスマアシⅡはもはや相手にもなりません。
前方のみを対象にした装備ではありますが、この価格帯では驚異的な性能です。

軽自動車から小型車を販売の中心に移動させようとしているスズキですが、「小さくてもヤバい良い」のは今も昔も、そしてこれからも変わらない感じです。

※ 2016年12月4日追記

2016年12月に行われたJNCAP予防安全性能試験では、並み居る上位セグメントに負けず劣らず、実質的Aセグメントのイグニスが最高クラスの評価を獲得しています。
対歩行者の場合でも、公称を上回る45km/hで停止を確認!(スズキなのに!?w)
過信は禁物ですが、信頼のおけるパートナーとなりそうです。

マツダ:i-ACTIVSENCE

i-ACTIVSENCE
出展元:マツダホームページ

「走る歓び」を謳い文句に掲げるマツダは、その独自の視点に特徴があります。

早くから、安全装備は「ドライバーの快適な運転をサポート」するものだと割り切り、主に死角を補填するための機能を充実させてきました。
一方で、前方監視の単純な衝突回避機能では、やや劣る部分も多いようです。

2016年12月に発表されたJNCAP予防安全性能試験において、MC後のアクセラが最高評価点を獲得しました!

SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)

センサー ミリ波レーダー
衝突回避サポート 30km/hまで
自動ブレーキ作動 30km/hまで
歩行者検知 ×
車線逸脱警告
車線変更アシスト
後退アシスト
その他 急発進抑制
後退時の自動ブレーキ

総合評価:C

デミオやアクセラ(下位グレード)に代表される量販車グレードに搭載された、廉価版自動ブレーキ機能です。

上述したマツダ独自の哲学により、早くから車線変更時の警報機能や後退時の警報システムの搭載が進められてきました。
量販車のレベルとしては、側方・後方に対する備えはトップクラスだと言って良いでしょう。

ただその一方で、最大の欠点が自動ブレーキ作動速度。

30km/h以下という作動速度は最低クラスで、しかも対人監視能力はなし。
実質的にはノロノロ走行レベルでしか機能しないので、自動ブレーキとしての機能は本当に特定の用途(渋滞時の居眠り運転とか?)に絞られます。

車そのものが魅力的な会社なだけに、この分野での早急なレベルアップが待ち望まれます。
(※新型アクセラにてレベルアップしました!)

SBS(スマート・ブレーキ・サポート)

センサー ミリ波レーダー
衝突回避サポート 記載なし
自動ブレーキ作動 記載なし
歩行者検知 ×
車線逸脱警告
車線変更アシスト
後退アシスト
その他 急発進抑制
後退時の自動ブレーキ
自動クルーズ

総合評価:B

厳密にはSCBSの上位版というわけではなく、「低速域」をSCBSが、「中高速域」をSBSがカバーするというのがマツダの予防安全システムです。
とはいえ、なんだか書き方がややこしいので、SBSを上流システムっぽく書かせて頂きますw

SCBSのみの装備と、最も異なるのが作動速度域。
明記こそされていませんが、30km/hを超える場合でも動作してくれる、嬉しいシステムです。
このシステムと組み合わせることで、自動クルーズも機能追加されています。

また上には記載していませんが、ステアリング操作に応じてヘッドライトを操作するシステムや、後退時にも自動ブレーキが8km未満で作動するなど、様々な工夫が凝らされています。
マツダの予防安全装置の最先端と言えるでしょう。

ただ、やはり前方方向に対する衝突安全装置では、現在一歩立ち後れている感もあります。

何と言っても、自動ブレーキが歩行者を認識できない(明記されていない)のが致命的です。
衝突回避可能域も明記されておらず、他社に対して遅れている感は否めません。

第2世代SKYACTIVとともにアップデートされる……では少し遅すぎかなぁ?(´д`)
車が魅力的なだけに、安全装備にも奮起が期待されます。

※2016/7/20追記:アドバンスドSCBSと組み合わせれば、総合評価Aです!

アドバンスドSCBS(NEW)

センサー カメラ
ミリ波レーダー
衝突回避サポート 80km/hまで
自動ブレーキ作動 80km/hまで
歩行者検知
車線逸脱警告
車線変更アシスト
後退アシスト
その他 急発進抑制
後退時の自動ブレーキ
自動ハイビーム

2016年試験評価点実績

車種 対車両 対人
アクセラ 32/32 24.5/25

総合評価:A(+SBSで)
(2016年のJNCAP予防安全試験を受けて更新)

SCBSが新型アクセラ(マイナーチェンジ)にて大幅バージョンアップされました!

その名も「アドバンスドSCBS」!
レーダーではなく、カメラを採用した全く新しいブレーキサポートです。

オプションでSBSと組み合わせれば、スペック上はアイサイトに迫る、高い性能の衝突防止機能を誇ります。
もはや安全装備において、他社に遅れは取りません。

2016年7月現在はアクセラのみの導入となっていますが、恐らくすぐにアテンザにも導入されるでしょう。(CX-5はフルモデルチェンジでしょうか?)
多くのユーザが渇望する機能だけに、全車種への展開が待ち望まれます。

※ 2016年12月4日追記

2016年12月に発表された予防安全性能試験において、アクセラが最高得点を獲得です!
特に「対人自動ブレーキ性能」においてスバルさえもリードしたのは驚異的です。(55km/hでも2/3で停止に成功)
車のスペックもあるでしょうが、マツダもこの分野でしっかりと実力をつけた(或は上手に保管した)という感じですね‼

※新型アクセラ(マイナーチェンジ)の詳細についてはこちら。

三菱:e-Assist

アウトランダー
出展元:三菱ホームページ

センサー レーダー
衝突回避サポート 30km/hまで
自動ブレーキ作動 記載なし
歩行者検知 ×
車線逸脱警告
車線変更アシスト ×
後退アシスト ×
その他 急発進抑制
後退時の自動ブレーキ
自動クルーズ

総合評価:C

最近めっきりと影が薄い三菱。
案の定と申しますか、自動ブレーキの装備も他社に劣ります。

基本的に自社開発の車両が少ないので、三菱の自動ブレーキだと言えるのは「アウトランダー」か「ミラージュ」ぐらいなわけですが、いずれにしても衝突回避サポートが30km/hまでしか謳われていません。
(廉価車なので仕方ないですが、ミラージュについては、30km/h以上ではブレーキそのものが作動しないようです)

その他、特に明記できる機能があるわけでもなく、今後の奮起が期待されるメーカーだと言えるでしょう。
本当に、頑張ってね三菱さん……(-ω-)

スバル:アイサイト3 + アドバンスドセイフティパッケージ

スバルアイサイトはヤヴァイ
出展元:スバルホームページ

センサー カメラ
衝突回避サポート 速度差50km/h以内
自動ブレーキ作動 記載なし
歩行者検知
車線逸脱警告
車線変更アシスト
後退アシスト
その他 急発進抑制
先行車発信通知
自動クルーズ

2016年試験評価点実績

車種 対車両 対人
インプレッサ 32/32 22.9/25
フォレスター 32/32 23.5/25
レヴォーク 32/32 22.5/25
レガシィ 32/32 22/25

総合評価:A

そもそも、自動ブレーキの技術を公に晒してイノヴェーションを体現したのは、このスバルの「アイサイト」です。

その完成度は圧巻で、まさに帝王のそれ。
自動ブレーキを市販車に初搭載したカリスマは、競合他社に激しい追撃を受けながらも、未だに至尊の地位を保っているのです。

ver2の時点でも、アクセル操作をほぼ自動でこなしてくれる超兵器でしたが、ここ最近ver3にパワーアップ。
衝突回避可能な速度域を、50km/hまで高めました。
また自動ブレーキの動作速度に上限の記載こそありませんが、180km/hでも機能したとの情報もあり、こと前方の備えに関しては「無敵」と言って良いでしょう。(正式な情報ではありません)

そこにセンサーを搭載し、全方向についての警報性能を更にパワーアップしたのが「アドバンスド・セーフティー・パッケージ」。
あくまでも前方の備えのみであったアイサイトに、側方・後方監視のシステムを追加し、死角に備えました。

最強の盾であるアイサイトですが、その弱点は4WDモデル(4輪駆動、AWD)にしか搭載されていないこと。
なので、ややお高くつきます(^^;

ただし、これは4WDの方がブレーキ性能が高いから、安全を期すなら4WDだというスバルの考え方なのかもしれませんね♪

※ 2016年11月16日追記

新型インプレッサの登場により、2WDモデルでもアイサイト搭載型を選べるようになりました!
アイサイトのバージョンは3.0のままですが、購入に際しての敷居は一層下がったと言えます!

※ 2016年12月4日追記

2016年の予防安全性能試験でも、安定&安心の高評価です。
マガジンX社のインタビューにより、10km/hの対人試験を受験しなかった理由が「対応できない」からであることが判明した点がマイナス評価ではありますが、速度域的に危険性が低いうえに正直に答える姿勢にも好感触。
これからもユーザファーストの自動ブレーキであることは疑いありません。
何より、試験に送り込んだ車種数とその結果の安定感が、性能の高さを物語っていますね。

また、カメラを利用する都合上、強烈な日照等に晒されると一時的に機能不全に陥る可能性があります。
ただ、自動ブレーキに完ぺきを求めてはいけないので、それほど憂慮する点ではないでしょう。

さて、色々な先進安全装備を見てみましたが、いかがだったでしょうか?

ただ、何度も言いますが、予防安全装置はただの保険。
常日頃からの安全運転の意識をお忘れ無くっ!!

自動ブレーキ搭載モデルを30万以上お得に買うには!?

ということで、最後に補足ってかご紹介です。
そもそも自動ブレーキついてると高くなりすぎて手が出せない……って方、多分大勢いらっしゃると思います。私もそうでした(汗)

とにかくこういう最新装備搭載モデルは、元々の価格が高い上に、値引きをまったくしてくれないのが困りものです。

ただ、攻めるポイントを変えることで実質的に購入費用を大きく抑えることができることを、ご存じでしょうか?

ということで、車の買い方特集をPR!w
もし良かったら読んでみて下さい(*^-^*)

→値引き交渉は時代錯誤!? 新車購入費用を「実質的」に激減させる可能性とは?

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. よーすけ より:

    自動ブレーキで検索してこちらのサイトにたどり着きました。非常に分かりやすくまとめていただきありがとうございます。
    高齢の親と共同で使う車の購入を検討しておりますが、コンパクトカーで人検知というのがノートしかないという点が残念ですね。
    個人的にデミオのマイナーチェンジに期待していたのですが、安全装備についてはがっかりと言わざるを得ません。
    次期スイフトに期待するしかなさそうです。

    • セトシン より:

      よーすけさん、コメントありがとうございます♪

      意外に各社の中でもバラつきがあって、どう書こうか結構悩んだので、そう言って頂けるとうれしいです(^^;
      小型車の自動ブレーキについては意外にスズキが先行してて(他社製品なのかもしれませんが)、スペーシアについてるデュアルカメラブレーキサポートはかなり強力なスペックです。
      ソリオ、イグニスにも搭載されていますので、是非参考にしてください。(どちらかといえばAセグになってしまいますが)
      おっしゃる通り、次期スイフトも搭載してくると思うので、かなり楽しみですが、来年にズレ込みそうですねぇ……。

      デミオは確かに搭載してきませんでしたね……。
      アクセラには乗っけてるのに、意外でした……(´・ω・`)

      • よーすけ より:

        セトシンさん、コメントありがとうございました。

        スズキが先行したのはスバルとの提携があったのも影響しているのでしょうか??
        現在は解消されてしまったので、今後の動向に注目ですね。

        さて、こんな記事が出ていました。
        http://response.jp/article/2016/11/21/285740.html

        対歩行者用自動ブレーキの評価結果が出るそうです。
        今年度から安全性能評価の対象になったそうですから各社が装着するきっかけと
        なればよいのですけどね。

        • セトシン より:

          よーすけさん、コメントありがとうございます♪
          返事が遅くなりましてすいませんm(_ _)m

          スズキとスバル提携してたんですか!? 全然知らなかった……(汗)
          スズキは会長が辣腕っぽいので、いろんなところとうまいことやってそうですよね!
          大手とは喧嘩ばかりですがww

          12/1発表みたいですね~。楽しみです♪
          一説には、マツダが予想外によかったとか何とかって情報もありますが……さてはて、オフィシャルな報道が待ち遠しいところですね。
          今後のクルマのキー技術であることは間違いないですもんね!

  2. よーすけ より:

    セトシンさん、こんばんは。
    先日マツダにてCX-3の新型に試乗してきた際に色々聞いてきました。

    スズキに限らず他社が単眼カメラ式のブレーキを続々採用しているのは
    初期アイサイトの特許切れによるものらしいです。
    その証拠に明日ダイハツがスマートアシスト3を発表するとのことです。

    軽自動車でも歩行者検知が当たり前になってくると、他社コンパクトも
    最低でも歩行者検知を付けないと話にならないレベルになりそうです。

    そうなるとデミオの次期改良では歩行者検知も装備されることが期待
    されますね。

    話変わりますが、CX-3素晴らしかったです。コンパクト乗りの私でも
    操作しやすくかつ運転が楽しいと感じさせるものでした。
    よかったら是非試乗されてみてくださいね。

    • セトシン より:

      よーすけさん、コメントありがとうございます♪

      おお、アイサイトの特許が関係してたんですか。
      すごい納得です。
      そしてスマアシ3発表になりましたが、明らかに高齢者運転を意識したスペックになってきましたね。
      性能的にはスズキと一長一短ですが、ややダイハツが有利か……?
      果たしてどちらが勝つのか見物です!

      CX-3はめちゃめちゃいいですよね♪
      私も何度か試乗しました(迷惑w)けど、お気に入りです♪
      てかそもそもスタイリングが異次元に良すぎる……w

  3. シルビアおぢさん より:

    はじめまして。
    高齢の親の次の候補車として
    検索からお邪魔しました。
    非常に分かりやすくて参考になります。

    まだ60後半で運転が好きなのに「あと数年で免許返納かな」なんて寂しい事を言い始めたので少しでも安心できる車がないものかと。
    ※…とはいえ本人が無理と感じた時点で返納させます(^^;
    自分も他人も不幸にしないのが一番大事ですからね。

    見た目と走りの好みも含め
    スカイラインかアテンザを考えていますが
    アドバンスドSCBS素晴らしいですね。
    搭載予定を待たずに(というか知らずに)
    早まって購入を考えていたので助かりました。

    今後も更新を楽しみにしております。

    • セトシン より:

      シルビアおぢさんさん、コメントありがとうございます♪

      ありがとうございます♪
      そう言って頂けるととても嬉しいです!

      マツダの藤原常務もおっしゃられてましたが、「高齢者の方が安心して運転できるクルマづくり」というのは、車好きの親世代に対して、是非とも充実してあげて欲しい部分ですよね。
      記事中では明記していませんが、アテンザのSCBSは今年秋ぐらいのマイナーチェンジにて改修されてます!もう大丈夫です!!
      コストが許すならマツダ・スバル・トヨタ、そうでないならスズキ、そしてスマアシⅢを発表したダイハツ(まだタントだけですが)と、候補が増えてくるのはとても頼もしいですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA