黒船の名はテスラ「モデル3」!先手を打たれたNISSANは間に合うのか…?

テスラモデル3
出展元:テスラホームページより

ついに発表されました!

EVベンチャーであるテスラの最新モデル「モデル3」。
今までの高級&高価な車たちと違って、量販車グレードとなるこのモデル3、果たしてEV普及の道を切り開く決戦兵器となるのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

価格390万! 航続距離はリーフの1.5倍!?

さて、どんな車なのかな~と考えるとき、一番わかりやすいのは我々の最も身近なEVであるアノ車との比較ですw

というわけで、NISSANの誇るEVコンパクト、リーフとモデル3を比較してみましょう。
モデル3の立ち位置が、見えてくるはずです!

車種 モデル3 リーフ
24kwh
リーフ
30kwh
航続距離 345km 228km 280km
価格 約390万
($35,000USD)
約280万~
360万
約320万~
400万

実質的な価格帯は、LEAFとほぼ同等のようです。
(というのも、モデル3のような外国車は標準装備が充実しているため、イコール最高グレードとみなしても間違いはない……はずw)

航続距離は24kwhバッテリーのリーフと比べれば、約1.5倍に達し、30kwhバッテリー搭載車と比べても圧巻の測定値を誇ります。
ただ、モデル3の航続距離は測定方法がリーフと同一ではない(リーフはJC08モード燃費)ので、一概に比較はできません。
しかし、モデル3のこの航続距離はあくまで「最低限の数字」であると謳われており、それ以上の値を目指しているとのこと!

おまけに自動運転機能(完全自動運転ではなく、あくまで先進安全装備になるでしょうが…)も多数搭載しており、間違いなく「時代を切り開くための一台」となってくるでしょう。

また、私のようなEVに懐疑的な層への「答え」としてか、時速100kmまで6秒で到達するという、驚きの加速性能を示しています!(より刺激的なグレードも用意するらしい!)

さて、自動車業界の勢力図は、書き換わるのかな??

最大の注目だったエクステリアは……難しいw

とにかくテスラといえば、モデルSの強烈なプロポーションが印象的でした。

となれば、その量販モデルとなるモデル3のエクステリアにも、いやがおうにも期待が高まるところですが……。

モデル3_2
出展元:テスラホームページ

……なんか開発中の車両みたいだww

ていうか実際問題として、いろいろ開発中なんでしょうけど。
こうしてみると、ポルシェのようなフロントマスクは精悍だし、ハッチバック然とした佇まいは大衆車らしくもあり、かつなだらかなボディの傾斜やプレス加工は、質の高さも感じさせるし……。

結論、実車を見ないとわからん!!ww

結論その2、リーフよりはかっこいい!!www

NISSANの次期リーフ、IDSは間に合うのか?

IDSコンセプト
出展元:NISSANホームページ

日本車における最大の対抗馬は、間違いなく次期リーフことIDSコンセプト。
東京モーターショーでNISSANが公開した、自動運転を体現した次世代車です。

もちろん、IDSコンセプトで100%自動運転とはならないでしょうが、この車はNISSANにとっても決戦兵器であることに疑いはありません。

高いレベルでの自動制御システムに、EVとして革新的な利便性。

その二つを兼ね備えてくるであろうこのIDSが、恐らく次期リーフであろうことは、衆目の一致するところでありますが……。

間に合うか?

モデル3の販売は2017年とまだ後一年も後の話ではあります。

にも関わらず、この段階で様々な事実を発表して予約受付を開始したテスラの思惑は、間違いなく競合他社に先んじること。
そして恐らく、その最先端の位置にはNISSANの姿を伺っていることでしょう。

リーフのフルモデルチェンジが予測されるのも、同じく2017年。

ですが、すでにこの段階で、NISSANはテスラに一歩先んじられた感は否めません。

IDSコンセプトであれば、モデル3に対抗できる可能性はある。
それだけに、NISSANの虎の子の牙が、待たれるところです。
機能、燃費、デザイン含めリーフでは到底太刀打ちできないでしょう……。

何にしても、2017年はEV黎明の年となりそうです。

マツダよ……ガソリンエンジンも早く……|д゚)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. Pow より:

    こんにちは。

    テスラのモデル3、結構早く出てきましたね。
    スタイリングは…まぁリーフよりかはカッコいいのは確かですねw

    しかし、あれだけ日本無視・EV重視しておいてテスラに先を越されるとは
    おおっ、情けないぞ日産。

    でも、思ったよりも安いですね。
    ヤバいぞ、MAZDA!
    チンタラやっていると、間に合わないぞ!
    内燃機関の意地を見せてくれ!

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      モデル3出ましたね~♪
      まあスタイリングは、この際おいておきましょうかwww
      思ったよりかっこよくなかった、というのは超個人的感想です(笑)
      でも、実車映えしそうなデザインでもありますしね!!

      発表のタイミングもあると思うのですが、市販モデルをちらつかせたのがテスラが先というのは見過ごせない事実…。
      そして多分、EVというものに対して積み上げてきたブランドイメージの差が出たのかなぁとも思いました。
      NISSANが次期ノートの発表しても、こんなに予約入らないだろうしなぁ……ww

      • Pow より:

        ご返信ありがとうございます。

        なんかスタイリングはクレイモデルみたいなんですよねw
        のっぺりし過ぎていると言うか。

        日産は今は、特に日本ではブランドイメージが不明瞭になっていますからね~。
        その上、EVで先を越されたのはイタイかも知れませんね。

        • セトシン より:

          Powさん、コメントありがとうございます♪

          クレイモデルww
          なるほど、ぴったりな表現な気がしますww
          もしかするともうちょっと色々装備追加されるのかもしれないですけど、個人的にはもっと上を期待してました!!(汗)

          カルロス・ゴーンは「EVの選択肢が増えるのは良いこと」と歓迎のコメントだしてますね~。
          確かにインフラ整備の理由で、EV普及は悪いことではないでしょうが……さてはて??

          • Pow より:

            ご返信ありがとうございます。

            盛り盛りデザインは好きじゃないとは言え
            このクレイモデルの様なのっぺり感はいくらなんでもスッキリしすぎw

            確かに、EVをNISSANだけで盛り上げるのは難しいとは
            私も以前書きましたしね。
            インフラ整備には何より普及と数社が出さないことには始まりませんしね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA