遂にNISSANが動いた!【後編】~自動運転&新型ハイブリッドで大攻勢なるか!?~

自動運転

さて、前回の続き。

今までは三菱に作ってもらった軽自動車におんぶにだっこだったNISSANの国内販売。
ですがいよいよ、動きがあるようです。

三菱のニュースに隠れがちですが、結構面白いことをゴーンが決算報告で語っています。

日産、2015年度通期決算を発表。(Car Watch)

スポンサーリンク
レクタングル大

キラーツール過ぎる自動運転1.0!

決算の収支報告云々は置くとして、重要なのは、

「最新の自動運転(プロパイロット)を搭載した車を日本で導入する」

「“e-パワーシステム”という最新のハイブリッドシステムを搭載した新型ハイブリッドカーを発売する」

という2点。

そして特にトピックスと言えるのは、やっぱり自動運転でしょう。

概要としては、「既存の自動ブレーキ技術をさらに発展させたもので、単一車線での自動走行機能を搭載し、より安全で効率的なドライビングを提供する」ということ。
つまりかねてより噂されていた、高速道路の左側車線に限っての自動運転を可能にするということかなぁと、期待してしまって良い気がします。

だいたい、色々なクルマ雑誌が予想していた通りですが……。

これはすごい!!Σ( ゚Д゚)

本当にステアリング操作まで代用してくれるのか、いまだに疑問はありますが、高速道路での帰省・旅行といった長距離移動が圧倒的に楽になりますね!!

恐らく法的な問題もあるので、「ステアリングから手を放すのはNG」という、あくまで「自動運転っぽい機能」の提供になるでしょうが、それでも全然OKだと思います。
法律が後追いになるのは仕方ありません。
そして高速が劇的に楽になるのは間違いない。

噂されているのは新型セレナに初搭載するというものですが、これはかなり楽しみですね!
セレナというクルマに私はじぇんじぇん興味がありませんが(ファミリーバンだからね^^;)、この自動運転機能があるなら、一家に一台あってもいいと思うかもなぁ…。。。

新型ハイブリッドはノートのMCではないのか?

「新型」という表現をどう捉えるかは微妙なところですね(^^;

やはり各クルマ雑誌の予想するところによれば、

・新型ハイブリッドとはノートのマイナーチェンジ

・“e-パワーシステム”とはリーフと同じ駆動方式。ただし、ガソリンで発電する。

という2点でしょう。
NISSANのコンパクトではマーチのフルモデルチェンジも間近だと言われていますが、そもそも日本での消滅が噂されているような車種ですし、リーフの方が可能性は高いでしょう。

こうまで自信満々に言ってくるということは、当然燃費はプリウスを超えてくるのでしょうか?
まあ40km/Lのカタログ燃費は詐欺にしても、実用版プリウスの燃費は上回ってくるかもしれませんね!

発売時期にもよるでしょうが、この車種も自動運転搭載してくるのかな?

まあ後はデザインがどうなるかってところですが……。

とりあえず、今年は期待してよさそうなNISSANさんです!
新規車種はこの2台以外聞きませんが、この2台だけでもインパクト大きいしね。

今年はやっちゃうか、NISSAN!?( ゚Д゚)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA