三菱の本当の燃費性能が発表…。果たして三菱は生き延びることができるか?

三菱の憂鬱

遂に三菱自動車の燃費不正車種たちの、正式燃費がリリースされましたね。

ていうか…………。

マイナーチェンジ後に燃費下がってない!?Σ( ゚Д゚)

スポンサーリンク
レクタングル大

EKワゴン、MCでまさかの燃費ダウン!?w

もちろん、フルモデルチェンジ前ではなく、マイナーチェンジ前のエンジンの燃費に負けたということなんですが。

三菱自動車からの正式なリリースはこちらですね。

これによると、EKワゴン/デイズのグレードM・D(2WD)で、

詐称燃費 正しい燃費
現行モデル 30.4km/L 25.8km/L
前モデル 30.0km/L 26.2km/L

……燃費下がっとるやんけ!?Σ( ゚Д゚)

と思ったら早速、オートックワンさんが突っ込んでますねw
スルドイww

三菱自、改良で向上したはずの燃費が逆にダウン!燃費の再測定値公表で悪質な内容が明らかに

確かにこの数字は悪質……。

多分、コトのなりゆきとしては……

上( ゚Д゚)「この車、お客が全然走らん言うとるやないけ!」

下(・ω・)「ひぃぃぃ……! し、しかし燃費を出すためにはどうしても……」

上( ゚Д゚)「アホ言え、他の会社が出来とることをなんで出来んのや!? クビ切るぞ!?」

下(・ω・)「ひぃぃぃ……! 私にはまだ育ちざかりの子供たちが……」

上( ゚Д゚)「それならどうすればイイんか、わかっとるなぁ…?」

下(・ω・)「わ、わかりました!どうにかします!してみせます!!」

下(・ω・)「…………こうなったら、もはや」

……という感じでしょうか?(完全に邪推w)

いや、不正云々を私がどうこう言うつもりはない(被害者ではないし、当ブログで発信する内容でもない)のですが、こんなニュースを聞いていると、

三菱の技術力は本当に大丈夫なのか?(´・ω・`)

という疑念が浮かび上がります。

今の三菱に残されたモノは何なのだろう?

かつてGDIエンジンという新技術を標ぼうし、色々とトラブルを発生させた挙句引っ込んだ三菱さん。

思い起こせばランエボやパジェロの4WDシステムや高出力エンジンは、単純に「スゴイ」というイメージがあり、三菱にあこがれる人の象徴にもなっていました。
ただ、それも既に昔の遺産に過ぎず、ランエボは既に販売停止、パジェロも長きにわたって新型が出ていない(前のフルモデルチェンジはもう10年前!)という現実。。。

「ウリ」だった技術は、完全に捨ててしまわれた感がありますよね……。
(4WD性能はまだ前面に押し出している感じもありますが)

最近の三菱の戦略を見るに、会社としてPHEVに重きを置いているんでしょうね。

そのため、ガソリンエンジンは2の次、なんでしょう。
アウトランダーPHEVがメイン車種なんでしょうね。

このPHEVはNISSANも認める技術なので、もしかするとスゴイのかもしれません。
そう考えれば三菱のウリである「PHEV」と「4WD」を組み合わせたアウトランダーPHEVはこの会社の技術の結晶なんでしょうね!

一応この車種も不正のやり玉に挙がってましたが、この車種については「意図的に改ざん」という意味合いは無いという感じの報告書が出てました(コチラ
ま、この報告書が真実なのか、或いはPHEVは会社の命なので死守し……(ピー)ww

ただ、製品ラインナップも幅広く、軽自動車も自社開発する三菱の開発陣の負荷は、素人考えでも同規模のマツダやスバルより大きそうです。
マツダやスバルといった会社が軽自動車の製造を止めて、自社の「できること」を絞り込んだ印象の中、三菱だけはそれが出来ていなかった。
そのために開発リソースが足りず、最先端技術に追いつけていない。

そんな考え方が、正しいのかもしれませんね。

いずれにしても、三菱さんに残されたのは「PHEV」と「NISSAN」という二つのキーワードしかないでしょうw
全車種PHEVに転換ぐらいの大規模な方向転換をすれば、ガソリンエンジンでの汚名からもある程度開放されたりするのかもしれませんが……イメージ的に。
ガソリン車種はNISSANからOEMして販売店を食べさせるのだ!!w

軽自動車は開発を再開するらしいですが……売れるのかソレ???
てっきりフルモデルチェンジするまで(そして車名を変える!w)止めとくのだと思いましたが……。
賠償金額も中途半端(ていうか少なくない?)だし、市場の感情を逆撫でしそうな気が……。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. またまたしゃしゃり出てすみません、ベリーサオヤジです(^^;)
    EKワゴン、まさかの○○ダウンについては、ご推察の通りだと思います。
    初期モデルの余りの走らなさを身をもって体験しているので(^^;)DAYZに試乗してN産ディーラーに暴言吐いて帰りましたわ、ワタクシ(笑)
    多分、例の”ベタ踏み坂”だと登らずにバックしちゃうんヂャない?という素敵な動力性能でした(NAモデル)
    一部改良で走行性能アップしたという話なので(多分更に実燃費落ちたやろなー)と密かに思っていました(^^;)

    軽自動車の販売(=生産)再開については、多分に政治的意図が働いていると思います。自宅待機が続いて水島(岡山)の関連会社はかなりやばい状況、遂に1社倒産しましたし、待ったなしの状況なのでしょう。岡山県から国に対しかなり強力な要請があったという話も聞いております。

    ただ、売れないでしょうねぇ・・・一回ケチが付いた上に他社と比べると圧倒的に悪い燃費性能の車を誰が買うのでしょう・・・厳しいですね(汗)

    • セトシン より:

      ベリーサオヤジさん、コメントありがとうございます♪

      EKワゴンさんの驚愕の燃費ダウンは、ほんとそういう方向でしか想像できないですよねww
      前にベリーサオヤジさんも散々disられてましたし(笑)、もう私もスラスラと想像の翼が広がってしまいましたよww
      私はEKワゴン乗ったことないんですが、なんかかなりヒドいみたいですね~w

      岡山……マイホームタウンなだけに、何とも言い難いですなぁ……w
      三菱の不祥事と水島の問題は結構ローカルニュースでも取り上げられてましたね(´・ω・`)
      結構な問題になってましたよ。。。
      だいぶ前から、岡山空港に飾られてあったEKは、今回の騒動を受けてどうなったのかなぁ……?w

      ま、問題なのは開発再開しても受注入らないってとこですよね(´・ω・`)
      社用車向けとかで頑張って割引価格で下ろすしかないですかね(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA