というわけで新型アクセラ出ました!マイナーチェンジ後の買いグレードは!?

アクセラMC後
出展元:マツダホームページ

というわけでアクセラ、マイナーチェンジ情報が諸々と公式発表になってました!
今日7/14から正式販売開始のようです!

まあ実際売ってましたのでイマサラ感もありますがw
微修正が加わった……らしいエクステリアはともかくとして(元々最高w)、待望の1.5Lディーゼルターボに加えて、新色のマシングレーは神々しい輝きを放っていますよね♪

スポンサーリンク
レクタングル大

待望の安全機能&1.5Dで市場に君臨せよ!

とにかく、アクセラさん。
圧倒的な美しさとドライビングプレッシャーを誇る割に、日本市場ではそんなに売れてません。。。

その理由は明確で、

  • 安全装備に先進性が薄い
  • パワーユニットに先進性が薄い

という二点なのかなぁと、素人ながらに推察できるわけです。

まあ後部座席が狭いとか言われるけれども、そこは仕方ないからね。
広い後部座席が欲しいならポルテでもお買い上げ下さい、みたいなw
(べ、別にポルテをdisってるわけじゃないんだからねっ!?Σ( ゚Д゚))

パワーユニットについては、XDのディーゼルターボはともかくとして、単純なガソリンエンジンというのはどうしてもインパクトが薄いのかもしれません。
世の中には「HVに乗りたい」って人が意外に多いですもんね……。

待望の1.5D搭載版は、価格帯もプリウスの廉価シリーズと並ぶ感じで、エコカーとしてCセグメント市場で堂々と勝負できるラインナップになっています!
さすがにプリウスの燃費の数字はバケモノなので叶いませんが、JC08モードで21.6km/lはCセグメントとしてはそれなり。
ライバルのインプレッサHVが20.4km/lという数字であることを考えれば、燃料費は安いし、まあこんなものってところでしょう。

ただもともと、アクセラHVは30.8km/l。
どちらかといえば燃費を追う人はそちらを買うでしょうね。
1.5Dは「ディーゼルエンジン乗ってみたい」層に対するアプローチ……単なるガソリンエンジンでないパワーユニットに乗ってみたい層にリーチするための手段だと、考えるのが正解なんでしょうね。

まあパワーユニットはそんな感じとして……。

やっぱり一番大きいのは、先進安全装備の充実なんじゃないでしょうか!?( ゚Д゚)
「アドバンスト」の冠を得たスマートシティブレーキサポート(SCBS)は、遂にステレオカメラに変更。
80km/hという高速域での動作が名言され、そしてようやく、堂々と「対歩行者」を謳える機能に進化しています!

これはデカい!!Σ( ゚Д゚)

そしてなんとこの機能、15Sの段階で標準装備なのです!!
自動ブレーキが実質的な最廉価グレードについてくる!!

これはデカい!!Σ( ゚Д゚)

注目の「Gベク」は全車標準装備!

アクセラでマツダが初めて市販する世界初の「超地味」技術、それがGベクタリングコントロールです。

「なんか運転がうまくなった気がする(´・ω・`)」

という地味技術(w)なんですが、きっと乗ればわかるのでしょう!
だから細かいことは試乗に行ってからお話します!!w

ともかくも、エンジンのトルクを使う技術に過ぎないので、コンピュータ制御だけで実現できてしまうのでしょう、この新技術を惜しげもなく全車標準搭載!
これは結構アツいですね!!

実際問題として、この技術の存在がアクセラの販売台数を爆発的に伸ばすことはないでしょう。

でも、この技術の存在は、きっと確実にマツダのファン層の心に響くのでしょうし、車が好きでマツダ車と縁がなかった人たちを、新たにマツダに取り込む作用も持っているのでしょう。
地味に売れるための技術として、我が道を突き進む姿を、象徴しているのかもしれません。
まあマツダ的には、全世界の2%のシェアを取るのが目標ですからね!w

「買い」グレードはやはり…?

さて、ざっくりと注目点を見てみましたが、「買い」のグレードはどこでしょうか?

注目の1.5D(15XD)ですが、私個人的にはココは狙いどころではないかな?

車好きからすれば、「1.5Dならデミオで乗りたい、軽いから」となる人は結構多いんじゃないかなぁ。
あくまでもマツダ車入門者のハートを射止めるための決戦兵器であって、マツダのファン層に対するアプローチとはやや趣が異なるのではないかと思いますね。
もちろん、デミオではファミリーカーとしてサイズ不足と考える方は多いでしょうし、そういう方からすればこのグレードは万全の解決策と言えるでしょうが。

まあ所詮といっては失礼ですが、1500ccなので……。
トルクは力強いですが、最大出力は当然SKYACTIV-G2.0に及ばないのがツライところ。
商業的な理由で仕方ないですが、2.0Gがなくなったのは残念ですよねぇ……。

と、すればディーゼルエンジンは22XDを残すのみですが、22XDはL PackageとPROACTIVEの2本に分離され、選びやすくなったイメージですね。

ていうか15XDのL Packageと22XD PROACTIVEの差は10万円でしかないので、どう考えても22XDのPROACTIVE押しだww

一方でコスパを重視するなら間違いなく15S。

本体は192万。
このお値段で80km/h以下での自動ブレーキシステムがついてくるなら、安全性能は十分です。

最大の難点はBSM(旧RVM)という後方監視機能をこのグレードが「オプションでも」つけれないということです。
前方への事故は頑張って注意することで防ぐことができますが、後方はどうしても厳しい部分がやはり出てくる……。
これを狙いたいところですが、そうすると15S PROACTIVという上のグレードを選ぶ必要があり、本体213万価格はにもなります。(BSMは標準搭載)
他にも車線逸脱警告機能等、色々ついてきますが、それでも20万の差はデカい……。

ちなみにレーダークルーズコントロールに代表されるSBS系機能はここから更にオプションですw

つまりですね。
まとめると以下のような感じです。

コスパ重視→15S

アクセラの美しいスタイリングを堪能できる最良の選択肢。

安全装備はSCBSに限定されますが、それでも十分でしょ。
だって80km/h以下で動作する自動ブレーキだよ? これで不満なら昔の人は怒るよ?ww

BSM(旧RVM)がオプションで選べれば完璧でしたが、マストバイはここしかありませんなw

ちなみに1500ccというエンジンの排気量の小ささ(=パワーの低さ)を気にしている方へ。

SKYACTIV-G1.5はメチャメチャいいエンジンだからね!?( ゚Д゚)ノ

アクセラ15Sのオーナー的(嫁のだけどw)に、ここは明言させて頂きます。

大人3人乗せて高速走るとさすがにシンドイ。

でも大人2人と子供(いわゆる核家族)なら全然余裕だし、大人一人で乗ってるときはめっちゃ軽くて楽しい。
MTモードでシフト操作すれば気分は完全にスポーツカーです!(大人二人乗るとこの気分は流石にムリですw)

安全性能を求める人は、15S PROACTIVにしてBSMつけましょう!

性能重視→22XD PROACTIV

何気に私的メガヒットの22XD PROACTIV。

正直1.5Dは安くても230万もする。
それならもう40万と少し出して、22XD買っちゃえよと思うね、ワタシ。
自分は買えないけど(笑)

22XD PROACTIVは278万。
これに対するのは実質15XD PROACTIVだから、243万なのです。
その差は35万……それは大きな差か、小さな差か……(´・ω・`)

でも乗り出すと、面白さは段違いでしょうね……。
でも嫁と話すと、絶対に15XDに落ち着くのでしょうね……w

というわけで、速報的にさくっと特集してみました!!

試乗車が到着次第、試乗に行ってGベク体感してみます♪(´・ω・)ゞ

→2016/07/16追記:体験してきました!試乗レポはこちら!!

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA