衝撃のGベクタリングコントロール!! 新型アクセラ(マイナーチェンジ)試乗記!!

新型アクセラ

というわけで乗ってきました新型アクセラ!!

まあ新型と言ってもマイナーチェンジですが……(^^;
試乗したのは”15XD Lパッケージ”!!

肝心要のGベクタリングコントロールは……ヤヴァかったですよ??( ゚Д゚)

スポンサーリンク
レクタングル大

まずは1.5D、小排気量ディーゼルターボは…

新型アクセラ_横

GVCのお話の前に、新搭載の1.5Lディーゼルターボについて。

正直なお話ですが、パワーユニットとしてそれほど斬新さは感じませんでした。

試乗車には大人3人+2歳児という構成だった(マツダの営業さんと家族全員)ので、やや重かったというのはあるでしょうが……。
大人2人+2歳児一人を乗せた1.5Gと、体感的にそこまで決定的な差があるわけではありません。

ちなみに、1.5Dと1.5Gのベースグレード(FF)について、スペックの比較は以下の通り。

15XS(ディーゼル) 15S(ガソリン)
車重 1,360kg 1,280kg
最高出力 105ps(4,000rpm) 111ps(6,000rpm)
最大トルク 27.5kgf・m
(1,600~2,500rpm)
14.7kgf・m
(3,500rpm)
お値段 230万円 192万円

最大トルクの違いは圧巻ですが、むしろ最高出力的にはガソリンに劣るんですよね。
もちろん、絞り出す回転数が違うので、「日常生活で使いやすいパワー」なのは俄然ディーゼルなんですが。

んでわ、細かく。

今回の試乗で、ディーゼルエンジンの15XDについては、「沸点の違い」は確かに感じました。

ガソリンの場合は、

アクセル踏む
→ゆっくり動く
→3,000rpmぐらいで最大トルク!
→そこからエンジンの美味しいところへ!

となるのが、ディーゼルの場合だと、

アクセル踏む
→あっさり(1,500rpmぐらいで)最大トルク!
→そこからエンジンの美味しいところへ!

と、ワンステップ少ない感じですね。

特に最高出力を絞り出す回転数の差は、試乗だとダイナミズムの差として出てきます。
試乗コースで6,000rpmまでまわすのは大変なんですが(笑)、4,000rpmぐらいなら全然いけるw

実際問題として、ガソリンでは最大トルクまで使わない(3,000rpmまでATがなかなか回さない)ので、スペックはあってもほとんど実感することがないんですよねー。
そこにきてディーゼルは、簡単にエンジンの「オイシイところ」を使える。
普段乗りする上でこの特性は非常に大きな差の一つですし、乗ってて「違い」はやはり感じるのです。

その直前までガソリンのアクセラ15S(MC前)運転してたから間違いない!w

が、しかし。

40万のコスト差を考えると、正直それほどの魅力の差はないと思います。

確かに低速からしっかりと走ってくれるのはディーゼルですし、燃費も(やや)良く、燃料費も安いというイイことづくめです。
ただ、最終的な加速感が1.5Gとそれほど違わない(最高出力的にはむしろ低い)ので、パワフル感という意味での満足感は薄いかもしれません。
そもそもディーゼルのほうが100kg近く重いしね。

そして同時に、これは好みの問題ですが、ふかした音はディーゼルエンジンです。

ナチュラルサウンドスムーザーの力で、アイドリング中は全くといっていいほど異音を感じません。
ディーゼル特有のカラカラとしたノッキング音は絶無と言って良く、小さくやかましい旧来のディーゼルのイメージは全くありません。
(鈍いかもしれませんが、私は本当に聞こえなかった)

ただ、アクセルを踏んだ瞬間の音はガソリンとは明確に異なります。
ブォォン、というガソリンの音ではなく、ガァァンという音(NAとターボの違いもあるでしょうが)。
なかなかガソリンエンジンでは聞かない音で、「嗚呼、ディーゼルの音だな」というサウンド。
明確にガソリンとはキャラクターが異なります。

なので諸々言いましたが。

結局、このエンジンの利点は、「エンジンのすごさ」そのものより、むしり「経済性」や「利便性」であるということがポイントかと思います。
(マツダはこのグレードにMT設定してないしね)

ただまあ、この感想には、

「SKYACTIV-1.5Gだっていいエンジンだもんね!( ゚Д゚)ノ」

というMYアクセラ(MC前の15S)をかばうオーナーのひいき目が内包されている可能性にご注意下さいw

Gベクタリングコントロールはヤヴァイ!全然違う!

安直な表現で申し訳ありませんが、

「Gベクタリングコントロールはテラヤバス!!Σ( ゚Д゚)」

です。

すげー地味な技術ですが、全くといっていいほど操作感が違います。
マツダの試乗会で記者の皆さんこぞって絶賛しておられたように、この技術は

「運転がうまくなる」

技術です。

Gベク1:まず横Gで「体が傾かない」範囲が広がる

まず、横Gについて。

横Gがかからないとまで言いませんが、かかり方は全然違います。
むしろわかりやすい言い方をするなら、

「急カーブでも、なかなか体が傾かない」

というのが感覚的に理解しやすいかもしれません。

普通に加速しながらコーナーを曲がると、「コーナー入ってすぐに横Gが発生」し、後部座席の人の体が、「曲がる反対方向にもっていかれる」というのはよく発生する現象です。
(よく発生するのは私の運転が下手だという説については、ノーコメントw)

しかし、Gベク搭載版のアクセラでは、加速しながらコーナーに侵入したところで、「すぐに体が傾かない」のです。
Gベクなしではコーナー侵入後0.5秒でグラっときていた後部座席の子供たちが、1秒ぐらいは座席でまっすぐ座っていられるようになる、という感じでしょうか。

正直、「こんな売り難い技術にお金かけるなんてマツダ酔狂だなぁ」と思わぬでもないww

が、しかし。
これに一度乗ると、もう通常車種には戻れない可能性高いんじゃないでしょうか。

普段車を使う人ほど、そして月日がたてばたつほど、身体にしみこんでクセになる中毒な感覚だと思いました。

Gベク2:ライン取りがめちゃ簡単

コーナーで、車を思った通りに動かすのは、結構大変ですよね?
例えば、左90度のカーブを曲がるのに、「中央線に右タイヤを乗せてまがろう♪」なんて考える人は中々いない(w)わけですが、やろうと思うとかなり難しいと思います。

だから「お前の運転がヘタなだけだろww」という突っ込み禁止!!( ゚Д゚)ノ

Gベクがあれば、これあっさりできます。

車の荷重移動とか、アンダーがどうとか、全く考える必要ありません。
そもそも考える必要あるのかは知りません。言ってみたい言葉を並べましたww

でもGベクがあれば、これがあっさりできます。

ちなみに私は決してマツダから送り込まれたステマ要員ではありません。
この記事はマツダの広告をいかにも体験記っぽく書いているわけではありません。

でもGベクがあれば、これがあっさりでき…………ませんよ?(笑)

とりあえず、狙ったラインを狙ったように走れるようになります。
本当に、運転がうまくなった気分になります。
是非一度体験してみて下さいね!!

さあ、お近くのマツダのお店へっ!!( ゚Д゚)ノ

……だからステマじゃないですよ?ww

余談:マイナーチェンジ前後の見分け方

新型アクセラ 前

これがフロントマスク。

んで、

新型アクセラ リア

こっちがリアです。
うーん、現行モデルとの違いがわからんww

でも、一つ見つけましたエクステリアの差!
きっとこれで現行とMC後の区別ができます!!

こっちがMC前。

アクセラMC前 フロント

んで、

新型アクセラ 前

こっちがMC後。

なんだか基本的に一緒ですが、見分けが付きやすいのは……。

新型アクセラ 違い

ここだろ!

旧型はこの部分が……。

旧型アクセラ フォグ

こうなってる。
フォグランプと、その周辺(ウィンカー等)の電装のデザインが少し違うんですよ!!

それ以外はわかりませんでしたww
なんか雰囲気が違う感じは少しだけするんですが、あくまでも少しだけ。
ポイント絞ってわかるのはこのフォグランプ回りかな~。

何か他に気付いたって人、教えてください(^^;

※2016/7/20追記
たぷたぷさんからコメント頂きました♪
「シグネチャーウイングがライトの中に入っている」とのことです。
なるほど確かに、銀色のシグネチャーウイングが、前期型ではライトの上に突き抜けているのに対して、MC後ではライトの中に入っていくような形で途切れていますね。(デミオっぽい?)
他にもリアバンパー等にも違いがあるらしいです!!(私はワカッテナイ…)

ちなみにこの匠塗に反射している短パンのおっさんは見なかったことにして下さい。
マツダにNISSANのロゴつけて行った勇気ある横浜マリノスサポーターですw
中村俊輔のユニだゾ!あれはパジャマなんだゾ!(´・ω・`)

新型アクセラの値引きはムリ!?

最近、マツダは全くと言っていいほど値引きに応じてくれません(涙)

特にこのアクセラをはじめとする、いわゆる「新世代マツダ車」には、その傾向は顕著です。
カッコイイし、出来もいいけど、そもそも先立つものが無く……と血の涙を流される方も大勢いらっしゃると思います。

でも、もしかしたら何とかなるかもしれません。
値引きに頼らずとも、実質的に購入費用を下げることが可能かもしれないのです。

……ということで、車の買い方記事を最後にPRします♪
もし興味があれば、ご一読ください!

→値引き交渉は時代錯誤!? 新車購入費用を「実質的」に激減させる可能性とは?

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. たぷたぷ より:

    試乗して来ましたか。良いですね〜。当方はディーラーに試乗車は配車されていませんでした。他の営業所には配車されているようですが。ちょっと遠いけど乗りに行って来ようかな。
    MC前の方は認めたくはないと思いますがグリルとライトに違いがありますよ~~。
    シグネチャーウイングがライトの中に入っています。 リアバンパーにも違いがあります。
    黒い部分がリフレクター迄有るか無いかの違いが。まぁ、気にしなければさほど違いがある部分でもないですよねってことで。
    メーターも違いがある様でなんかスッキリしてしまったような?ヘッドアップディスプレーに表示する見たいですが。

    • セトシン より:

      たぷたぷさん、コメントありがとうございます♪

      良かったです~♪
      確かに良く見ると、シグネチャーウイングにも違いがありますね。ライトの中に入っている…なるほどなるほど。
      早速追記させて頂きます☆☆

      インパネ類も違いがあったんですね~。
      ハンドルの差は営業さんも力説してました!
      後はヘッドアップディスプレイには、標識を映し出すようになってましたよ!!

  2. kuni より:

    こんにちは!
    アクセラ15XD、早速試乗してきました~。
    セトシンさんが試乗したアクセラと色まで含めてほぼ同一の仕様です。
    良い意味で重厚感があって良かったですね。イイ車だな~と思わせてくれます。
    G-ベクタリング~はあまり実感できませんでしたが、やたらスムーズに運転できたので、きっとそのせいなのでしょう。お豆腐を崩さずに運べそうな気がします(笑)。
    ただ、楽しいかって訊かれると答えはNOです。
    ウチのBLアクセラ15Cの方が断然楽しいです(←個人差があります)。
    最近のマツダ車(魂動シリーズ)はNDロードスター以外は、薄味になってしまった気がします。

    • セトシン より:

      kuniさん、コメントありがとうございます♪

      おお、試乗されましたか!
      あのGベクは早朝に山の上のホテルまで豆腐を届けに行く未成年に、是非届けてあげたい機能でしたよ!!(笑)
      多分運転してるとそれほどでもなくて、後部座席で感じるのが一番わかりやすかったです!

      「楽しい」の基準はあくまでも主観ですが、私もNOだと思ってます。
      うちの15Sの方が楽しいです!(こちらも個人差がアリアリですw)
      やはり15XDは、経済性・実用性重視のグレードだと思うんですよね。マツダがあのグレードにMTを設定していないのが、その象徴かなぁと思ってます。
      そもそも重たいですしね。MTモードでまわすならトルクこそ落ちても、高回転で楽しめるガソリンで十分かなぁという感じはします。

      ナガレ時代のアクセラ……楽しそうですね!(・ω・)ノ

  3. たぷたぷ より:

    休みだったのでディーラーに行ってみたら試乗車が有りましたので試乗してみましたよ。思っていたより加速してくれたので安心しました‼シートはLパケだったので良いですねでも頼んだのは下のグレードなのでちょっと残念。ハンドリングは細かい修正をしないでも済む感じ。コーナー等はライントレースがしやすいかな。まぁ試乗位ではさほど感じられる物でもないかな。
    長距離乗った時に違いが出るんじゃないのかな?
    内装はよほどの高級車でもなければこんなところではないかな?しょせんプラスチックですから。
    そして、何とすでに自分の車はディーラーに納品されていたのでとりあえず見て来ました。都合が良ければ即納してもらうんですけれども。一応写メしてみましたが❗
    写真貼れないのが残念。

    • セトシン より:

      たぷたぷさん、コメントありがとうございます♪

      あの加速力、というかトルク感は日常生活には力強そうですよね。
      内装に関してはプラスチッキー(?)ながらも洗練はされている、という感じがアクセラでしょうか。
      Gベクは仰る通り、長距離乗ったときの疲労度に格段の差が出てきそうですね!
      そして長く乗れば乗るほど、ヤミツキになりそうです(^^;

      納車おめでとうございますっ!!

      ……ちょっと早いですか??(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA