悲報?吉報?マツダとトヨタが業務提携でHVやスカイアクティブの技術提供!?

いらねぇ…そんな電動技術いらねぇよ(´д`A;;

トヨタとマツダが「SKYACTIV」「FCV」などで包括提携か?
毎度おなじみClicccarさんにジャンプします

デミオセダンをアメリカでトヨタが売るとか、プリウスのHVシステムをアクセラに積んだりとか。
現時点でけっこう蜜月な関係とも言えるマツダとトヨタ。
その関係が更に進んで、もっと色々技術提供しちゃおうというお話が、結構いろんなニュースで出回ってます。

いやー……私はどうもハイブリッドとか、そういう電気駆動のお車が苦手でして…。
電気で重たいバッテリー付けて燃費稼ぐより、昔のHONDAのインサイト(初代)みたいに「燃費なんて軽量化で稼げ!」と思ってしまう私w 新型アルトとか大好きですww

スポンサーリンク
レクタングル大

マツダ車にハイブリッドや電気自動車が広がるの?

最大の懸念はそこですよね。
せっかく国産で数少ない、ユーザを楽しませてくれる車を売ってるマツダが、電気自動車化していくんでしょうか??
もしそうなら、この二社の提携のニュースは悲報以外の何物でもありません。

マツダが電気エネルギー利用を促進していくのは当然の流れなのでしょうが、それは「i-ELOOP」のような内燃機関のアシストとしてのものであってほしい。
前の内燃機関の記事でも書きましたが、マツダだけは内燃機関を守ってほしいなぁとか、勝手に思ってますw

……ただ、別の見方もできます。

それは、マツダの技術部が内燃機関の研究により専念できるようになるということ。
ハイブリッド等の電気駆動技術をトヨタから受領することにより、マツダは自社内でこの関連の研究予算を削れるはずです。
これは、Be a driverを標榜し、第二世代のスカイアクティブを研究しなければならないマツダにとっては、非常に嬉しい事実なのかもしれません!!

電気駆動の技術は、世界のTOYOTAから。
よりアグレッシブかつエモーショナルな技術を磨いていく。

これはマツダにとって、いや、我々車好きにとって、嬉しい展開ですね♪

トヨタ車にスカイアクティブエンジンやディーゼルターボが乗るの?

トヨタ車にハイブリッドだけでなく、魅力的なディーゼルのラインアップが増えるんでしょうか?
そう考えると、この技術協力は非常に美味しいですよね♪w

TOYOTAさんはデザインに難を抱えていますが(おそらく大衆車であることを意識し過ぎて個性を殺しているんだとは思いますが)、それでも面白そう!
なんだか非常に魅力的な組み合わせになりそうです♪

例えば今の車種で行くと……カローラのディーゼルターボ?
……いや、それはあんまり興味ないかもしれませんww
それでも、トヨタの安定した車の作り&営業パワーに、マツダの技術が乗ったら、広く認知される車がたくさん生まれるかもしれませんね。

ただやっぱり、それぞれの自動車メーカーにはそれぞれの個性というものがあるわけなので。
この技術提携は、お互いの不得手を補うためのものではなく、お互いの長所を伸ばすためのものであって欲しいですね!

いやでも、トヨタがマツダっぽくなるのは大歓迎ですけどww

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA