グレイスが売れない理由に見るHONDAの闇~シビックは日本で売るべきか?~【前編】

シビック北米
出展元:HONDAホームページ(北米)

いつものようにネットを徘徊中、面白い記事を見つけました。

ホンダは誰もが「失敗すると思う」と言うアメリカ仕様のシビックをなぜ日本で売るのか?

なんて面白そうなタイトルだろうと思ったら、著者は国沢光宏氏。
アンチも多い氏ですが、記事のテーマ選びも展開力もセンス抜群で、私は大好きなのです♪
今回の記事でも、グレイス・ジェイドの大失態を例に取りながら、シビックが売れるはずがないとやんわりとdisっておられれます。

ところで当ブログは、一貫して

「HONDAは早くシビックを日本で販売しろっ!!( ゚Д゚)ノ」

と主張しております。
大好きなライターさんと主張が正反対を向いてしまったわけです。困りました(笑)

困りましたが、それで主張を曲げられても読んだくださっている皆様が困ると思う(w)ので、今回はマジメにHONDAが日本でシビックを売るべき理由と、グレイス・ジェイドが大失態を犯したわけについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

グレイスが売れない理由に、HONDAの問題が総覧できる

グレイス写真
出展元:HONDAホームページ(色・枠を加工してます)

日本市場に散ったグレイスの遺影w

日本での道路事情にマッチした、取り回しやすい5ナンバーボディ。
旧来のおっさんセダン感を薄め、きちんと磨き上げられたエクステリア。
チープ感を感じさせない、質感を重視されたインテリア。

正直、グレイスは決して悪いクルマではないと思います。
運動性能という意味で特筆すべき点はないかもしれませんが、間違いなくNISSANセダンを凌駕するライバルに負けない高い商品力を持った一台だと言えるでしょう。

ただし、同じような特性を持った車ではトヨタに勝てないんですよ。

現在のHONDAという会社は、財政規模から販売力から何から何までトヨタに及びません。
ということは、商品力が互角である限りトヨタに勝てないんですよ。
マーケティング的には当たり前な弱者と強者の考え方ってやつです。

従って、弱者は強者にはないオリジナリティを生み出すことで、差別化を図ります。
徹底された差別化はブランドになって、やがてその知名度は強者に比肩するようになる。
マツダやスバルがどうやって売っているのかを見れば、わかりやすいですよね。

昔のHONDAさんも、そうです。

オデッセイやステップワゴンのような(私の嫌いなw)ミニバン市場を切り開いた開拓者としての心意気も然り。
F1活動をはじめとしたスポーツブランドのイメージも然り。
「誰もやらないことをHONDAがやるんだ!」という気概に満ち溢れていたと思います。

それがインサイトのあたりからでしょうか。
何だかトヨタのマネばっかりやってる……(´・ω・`)
水素なんて今更HONDAがやっても何の意味もねーっちゅうねん。。。

中途半端に会社の規模が大きくなり、日本ではもはやNISSANを上回るほどの会社に成り上がったHONDAさんですが、この規模こそが最大の癌なのでしょう。
自分たちが「弱者」であるという認識がない。
これこそが、HONDAが凋落の一途をたどる悲しき「勘違い」なのではないでしょうか。

とはいえグレイスはそれなりに売れてるw

いやまあ、「売れない」の定義ってなんやねんってお話なんですけどね(´・ω・`)
散々「売れないグレイスっ!」って書いておきながらナンヤネンって感じですが、実はグレイスは月販1000台超えてますww
何だかんだ言ってカローラ・アクシオと互角に渡り合っている優良株なんです。残念ながら作り過ぎて野ざらしにされただけw

まあ月販1000台程度の販売台数を稼ぐために、生産ライン整えたのだとすると、本当にHONDA涙目でしょうけどww

ただまあ、カローラはシリーズを通しての販売台数で年間10万台とか売ってるワケです。
当然、生産は流用性が考慮されてるでしょうし、開発費だってシリーズ全体で見たら十分にペイできるはずです。

HONDA幹部だってアフォじゃないので、日本で単なる5ナンバーセダン作っても月販1000台そこそこがいいラインだなんてわかってるでしょう。
わかってるから、きっと開発・生産の流用性は考慮されているん……だよね??w
中国で売れてる(かどうかは知らん)が開発費はペイできてるのかもしれないけど、生産ラインについては……果たして……?

マツダのSKYACTIVに始まり、TNGAだのDNGA、スバルグローバルプラットフォーム…。
統一規格の重要性はそれぞれのメーカーが重点的に改革を推し進めているはずなんだけど、HONDA△のそれは一切ニュースを見ない。
どうなってるんだろうか……??
まあでも、グレイスの時期にそういう取り組みが稼働してたのは日本車ではマツダぐらいだろうから、多分何も考えてないんだろうなぁ……(´・ω・`)

超妄想!グレイスはこうすればよかった!!

デザイン的にツッコミどころはあるし、中国市場どうすんねんというグローバルな視点もあるでしょうが、色々無視!

CR-Zと同じスポーツシステム積んで、インテグラって名乗れよっ!!

…………ふぅ、言っちゃった言っちゃった(´・ω・`)

よし、気も晴れたので今日の記事はここまでかな!w

……はっ!?Σ( ゚Д゚)

グレイスについてHONDAをdisってたら結構な尺になってしまったので、シビックを売るべきかというお話に一切たどり着かなかったwww

というわけで後編に続きます(笑)
あ、中編に続くことになりましたw まさかの三部構成ww

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA