何故SUVが売れるのか? これが「ブレイクスルー」だからなのですよ。

C-HR(コンセプトカー)

本日のお題は、「SUVばかりがもてはやされる世の中」について。
待望のトヨタCH-R市販版公開記念ということで、SUVマンセーな記事を書くよ~♪
(※私はSUVじゃなくてセダン派ですよ!?w)

スポンサーリンク
レクタングル大

SUVが売れる理由は、単純に商品力

最近、ニュースを見ると中国でもアメリカでもSUVが大流行しています。
日本でもマツダがミニバン徹底してSUVに注力するとの報道が出るなど、世界的な大流行の流れは各メーカーのラインナップに確実に影響してきています。

何故、最近SUVがこんなにもてはやされるのか?

理由は簡単で、SUVってセダンやクーペの「正常進化」した姿だからじゃないでしょうか。

セダンがコンパクトカーに取って代わられたのは、やっぱり「使い勝手」的な面が大きい。
小型セダンよりコンパクトカーのほうが車内高に優れ、車内での動線に優れます。
実質的な車内スペースは最近の小型セダンも頑張ってはいますが、乗降性やアイポイントの高さによる視認性など、単純な「便利さ」ではコンパクトカーには絶対に叶わないという要素は多々あります。(車種にもよりますが……)
クーペについては言わずもがなでしょう。

ただコンパクトカーでは、ある程度スタイリングに弱点があったのも事実です。
メーカー各社デザインに心血を注ぎ、マーチ(前の型ね)のような成功例やデミオのようなスタイリッシュさも出ては来ましたが、車内スペース優先のご時世に思ったようなスタイリングを取りづらかったというのが各デザイナーの本音だと思います。

そこで、SUVとなったと。

車内の効率性だけでなく、デザイン面を希求する上で、これほど都合の良いモデルはなかったわけです。

元々の「力強さ」に流麗さが加味

元々、積載量に重きを置いていたオフロード系の車種であるSUVには、セダンやクーペとはまた違った方向で、「力強い」デザインの文化が根付いていたと言えます。
スポーツカーに感じる「美しい」という方向性とはまた違った、ゴツゴツとした無骨なカッコ良さが、SUVには存在しました。

一方で、SUVはあくまでオフロードを走破した「先」で遊ぶためのクルマ。
ラゲッジスペースはそのために十分に確保されています。
デザインの方向性や走行安定性の面でも、車高による影響をセダンやクーペほどに加味する必要がないでしょう。

そして考えてみれば、SUVはデザイン面での制約が実は少なかったわけです。
車高さえとれば、それなりに「悪路に強く力強いSUV」というイメージがついてくる。
そこから先は、デザイナーの腕の見せ所なわけで……。

つまりSUVは、十分なラゲッジスペースを確保したままに、様々なデザイン展開が可能になった。
最近のクーペばりのSUV(CX-4やCH-Rとかね)を見る間でもなく、スタイリングの自由度は相当に高いと思われます。
ある程度の車高さえ担保していれば、その上に好き放題(語弊有?w)なデザインが築けるSUVは、クーペに手が出せない人にとって、「カッコ良さ」を追求できる身近なクルマなのです。

ま、こりゃ売れると思いますね(笑)

デザイン面で良く、日常の利便性にも優れる。
まさにセダンやコンパクトカーが「デザインと使い勝手のジレンマ」に悩んでいたのを後目に浮上した、ブレイクスルー的な車種だったわけです。

そう考えればSUVは、セダン→コンパクトカーと流れてきた大衆車市場の次なる「解」として、流行るべくして流行ったのだではないでしょうか。

というわけで、SUVについての雑感を本日は垂れ流してみましたww

ことわっておきますがソレガシはセダン派でゴザルよ?(´・ω・`)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. kuni より:

    こんばんは~。
    私の場合、SUVって言うと、ガチで悪路を走破するパジェロやランクル、ジムニーをイメージするのですが、最近のSUVは「スタイリッシュ・アーバン・ビークル」、泥が似合わない(悪路走れない)お洒落なモデルばかりですね。
    以前、CX-3を丸1日試乗しました。カッコイイし、運転しやすいし、燃費も良く好印象でした。
    実際にワインディングも走ったのですが、アクセラやRX-8のように駆ける気にはなりませんでした・・・。

    • セトシン より:

      kuniさん、コメントありがとうございます♪

      SUVの定義、結構変わっちゃいましたよね。
      昔は彼らのことを指して、SUVってかむしろ「四駆」って呼んでたくらいなのに……。
      走破性はオマケになってしまいました。
      まあ、それだからこそCX-3のようなクソスタイリッシュなモデルも出たし、コンパクトカー以外のファミリーカーの選択肢が増えてくれているわけなので、あまり贅沢は言えないんですけど(^^;
      おうちでセカンドカーとして持てれば最高だろうなぁ……(´・ω・`)

  2. NaCl より:

    正直いうと個人的には海外を中心にSUVばかり売れるのかあんまりよくわからないんですよね・・・(日本ではエコカー志向が強いので、そこそこ売れているというところでしょうか)
    ベース車のハッチバックやセダンに比べて約1.5倍も高額のに、車高のおかげで乗り心地は劣るし、車重が重いため加速が遅くて燃費が悪く、おまけにイメージと違って悪路は走れないと、個人的におすすめできるかと言うと・・・ですね。走行性能確保のために車高を抑えた結果、ベース車と一見どこが違うのかわからないモデルまでありますし・・・(特に欧州車のクロスオーバーにありがちですね)メーカーとしてはベース車の設計が流用できる上に利益率が高いので、非常に美味しいジャンルではありますが・・・・
    メリットを挙げていくと
    ・最低地上高が高いのでラフな使い方にある程度耐えられる(意外に重要かも)
    ・車高が高いのでそれなりに積載性はある
    ・タイヤが大きく、車幅が広く車高が高いので、立派そうに見える(これが最大の理由かも)
    あたりでしょうか

    • セトシン より:

      NaClさん、コメントありがとうございます♪

      いやー、SUVの魅力はやっぱり「見た目」でしょう。
      コンパクトカーやミニバンに飽き飽きした層が、個性を求めて買っていく、というのが正しい売れ方だと思ってます。
      それでいて、積載量があるのでファミリーユースに最適というのが、ポイント高いのではないでしょうか。
      まあ正直、「高い…(´・ω・`)」ですけどねww

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA