突然ですがHONDA車をまとめてみる! 素人オヤジの勝手な「ホンダ通信簿」w【中編】

性懲りもなくHONDA車企画ww
独断と偏見のHONDA車通信簿、はじめるよっ!!ww

前編はコチラからどうぞ♪

スポンサーリンク
レクタングル大

シャトル:あざといデザインが好みなら…

シャトル
出展元:HONDAホームページ

良くも悪くも、HONDAの現在のデザイン路線を象徴するかのような一台だと思います。
カクカクなボディラインは、モビルスーツ的なカッコ良さといえばそうだし、後から取ってつけたようで美しくないと言えばこれもその通り。
私はどちらかといえば前者の評価ですが、自分で買う気がないあたりは後者なのかもしれませんw

さて、トヨタで言うカローラ・フィールダーあたりに相当するこのシャトルさん。

デビューから堅調に売れておりまして、現在でも月販目標の3,000台付近をキープ。
ただし、初動で明らかに伸び悩んだ感もありますので、HONDAとしては「思ったより売れてない」というのが本音ではないでしょうか。

正直、シャトルは元々「フィット・シャトル」というフィットのちょっと広いワゴンタイプが車種として独立したもの。
新車販売時の販促効果がやや弱かったのでしょうね~(´・ω・`)

一部で「ジェイドと車種統合」という話も出ましたが、私は結構懐疑的です。
ターゲット層が全然違うやんけww

でも、ジェイドに1.5LのNAモデル(重過ぎ?w)やワゴンタイプ、そして200万を切る廉価車種を用意することは賛成です。
あのスタイリングに乗りたい人は実はそれなりにいると思うので。
正直、シャトルがジェイドのワゴンタイプになるなら、結構魅力的かなぁ……。

ただ、何度も言いますがターゲット層が違う(ジェイドの方がワンランク上な感じ)ので現実的ではありません。
シャトルはBセグに+αしてワゴンにしたもの、ジェイドはCセグ+αです!
車種統合とは言わん!!

まとめると、

  • 独自のスタイルが好きかどうか!
  • Bセグメントワゴンなので、最低限を求める人向け
  • そこそこ売れてるけど、道中ではまだそんな見ないなぁ
  • ジェイドと統合するならジェイドの顔にしてね?( ;∀;)

……あれ? あんまりまとめてない??ww

オデッセイ:箱型の中で最も魅力的だが…

オデッセイHV
出展元:HONDAホームページ

「どれか一台箱型ミニバンを買わなければいけない」

ことになれば、個人的に最も欲しいのはこのオデッセイです。(コスト面を除く…w)

先代オデッセイの強烈過ぎたスタイリングからすれば、鈍重に過ぎる現行モデルですが、それは時代の流れ故に仕方がない。
むしろ箱型ミニバンながらも、最低限のスタイリングとパフォーマンスを両立させようとしたこの現行モデルには、喝采の声を送りたいぐらいです。

以前は色々と欠点も聞こえてきましたが、HVモデル発売(と同時の改良)により、乗り心地面での改善も進んだようです。
箱型ミニバンを選ばざるをえない家庭にとって、最終決戦兵器となるのではないでしょうか!!

実際、アブソルートが売れ行きの中心にいるという事実から、ユーザ層がこの「オデッセイ」に求めているものが垣間見えます。
そしてHVモデルの26km/lはカタログ燃費ながらもバケモノスペックw
このクルマ何キロあると思ってんのww

このクルマは販売当初、多くのユーザから「こんなのオデッセイじゃねぇ!」と反感の目を向けられたでしょうし、その後販売不振に陥るという可哀そうな一台でした。
HVモデルの発売時には売り方に納得がいかなかった私ですが、結局HV発売後、売れ行きは堅調に推移しているようで何よりです。
ていうかあんなお高いクルマを買える皆様が羨ましいですww

何だかあんまり内容に踏み込んでないのでまとめようがないのですが(笑)、要するに、

  • ハイト系箱型ミニバンでは群を抜いたスタイリング
  • HVのスペックはバケモノ
  • 販売台数回復しました!チクショウ!w
  • HVはいらんからターボにしてくれ(´・ω・`)

ということで、ダメかな?w

アコード:ターゲット層とかみ合う?

アコード後期
出展元:HONDAホームページ

単純な疑問なんですが、HONDAはこのアコードを「誰に売りたい」んでしょうね?(´・ω・`)

最低価格にして385万、約400万の世界を持ったこのクルマは、もはやDセグメントと呼ぶのにさえ抵抗があります。
日本人の平均所得が下がっていく中で、如何にハイブリッドモデルだとはいえ、Dセグメント車……少なくとも元々Dセグだった「アコード」という看板をぶら下げたクルマを、こんな値段で売って売れるとお考えなのでしょうか……深遠な謎です( ゚Д゚A;;

セダン離れが云々というけど、セダンはプレミアム化が進んで買えなくなっていってるのは確実に理由の一つだと思いますよ?

オデッセイHVにも搭載されたバケモノHVシステムにより、30km/lというJC08燃費と、EVのようなパワフルな加速感を両立させたアコードさんですが、お財布事情が適合する方で、敢えて「アコード」を選ぶ人は、決して多くないような気がしますね。
せめて別の名前を冠するべきだった気がします。
それこそ「インスパイア」とか? あれはもうちょっと高級寄りだった気がしますし。。

アメリカ向けのクルマなのかな?

  • 日本で売る気なし!
  • もはやアコードではない!
  • とにかく高い!
  • ただしHVなのでバケモノスペックw

というクルマでござろうか……(´・ω・`)
ちなみに同じことはNISSANスカイラインにも言えると思いますが…まああれスカイラインって名前だけだしなぁ……。

フリード:本当にちょうどイイなら…

新型フリード
出展元:HONDAホームページ

多くのユーザにとって待望だった新型フリード!
スマッシュヒットとなった新型シエンタに対する、HONDAの一手でございます!!

ワタクシ、基本的にこのクルマについての批判的な内容は既に別記事にて書いておりますので、ここではそれほどdisることなく、淡々と書いていこうと思います。
詳しくは、

新型フリードが絶対にシエンタに勝てないたった一つの理由

を読んで下されww

んで、このフリードはどういう人にオススメかというと、ズバリ、

「クルマにそれほどこだわりがない」

という人に向けるべきでしょう。
別にdisってるわけではなくて、日常面の使い勝手等へのHONDAの入れ込みは随所から感じるクルマですし、燃費性能等をとっても出来はかなりのものです。
全体的に落ち着いたデザインを含めて、日常の足回りとしての使い勝手を突き詰めたクルマだと言えるでしょう。
ていうか、そもそもこのクラスのクルマは拘ってたら乗れない……。

ライバルのシエンタと比べると、HONDAらしい動力性能や運転感覚も備わっているとのことですが(試乗してないので聞いた話)、まあこのクラスの7人乗りにそもそもそんなもの求めないよ(´・ω・`)
1.5Lターボぐらいあったら魅力的にうつるんでしょうけど……。

また、

「どうしてもシエンタのデザインがキモい」

という人にも良い選択になるのではないでしょうか。
HONDA顔はこういったショートノーズのクルマには絶対に合わないと個人的に思っているんですが、シエンタよりは落ち着いた地味顔であることは事実です。
HONDAがこのデザインに落ち着けた理由も一端はそこにあるでしょうし、デザイン面での消去法で選ぶのはアリだと思います。
前の記事では色々言いましたが、「このクラスにデザイン求めてどうする?」なんてのは確かに真理といえば真理でゴザイマス。

ポイントをおさらいすると、

  • シエンタが嫌いな人に推奨
  • クルマなんてどうでもいい人に推奨
  • 顔がダサイ…ってか退化してる?
  • 基本性能は高く、利便性も高いので安心して選べる

べ、別に最後に頑張って持ち上げたワケじゃないよ!?Σ( ゚Д゚)

とにかく、HONDA車なのです!
基本性能は絶対に低くないはずだし、単発で見ればそれぞれがイイクルマなのです!
なのでフリードも、車そのものは良いクルマであること疑いありません!

と、好意的な意見で締めくくってみました!w

実は某大衆車や某スーパーカーをやってないんですが、それはまた後編で……。
でもそろそろオイシイところは終わったしなぁwww

ということで後編に続きますが、後編はもっとハッチャケるかもしれませんww

→後編はコチラ

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA