新型ノートの燃費はクラストップ! でも地味にノートをdisってみるの巻w

エコカー

新型ノートの燃費が、カルロス・ゴーン社長自らの口により発表されました。

それによると、燃費数値は

37.2km/L

アクアやフィットを超えて、堂々のクラストップに躍り出たわけでありますが……。

スポンサーリンク
レクタングル大

燃費競争から見る新型ノート

JC08燃費が、サギのような実燃費とのかい離をたたき出してくれてる件については、まあこの際置いておこうw
メーカー側としては、燃費をアピールする基準がここにしかないのは事実だから、この数字を磨くのは当然の企業努力なわけですしね!

というわけで、主な「エコカー」どもの燃費をドン!

プリウス 40.8km/L
(実質37.2km/L)
アクア 37.0km/L
フィット 36.4km/L
新型ノート 37.2km/L

というわけで、実質的にはカタログトップであるプリウスと並びました!
まあ新型ノートの37.2km/Lが燃費専用グレードであるか否かは不明なので、まだ何とも言えないんですけどね(^^;
(プリウスの40.8km/Lは、あくまでも「燃費専用」グレードでございます。まあ軽くてイイんだけどw)

アクアが新型HVシステムに乗り換えればあっさりと抜かれそうですが、まあそれはそれかな?
ノートはあくまでも「マイナーチェンジ」レベルの改良であることを認知しておくべきでしょう。
フルモデルチェンジで設計を軽量化して、より燃費に舵を切ればもっと行けた気はしますが。

噂されていた40km/L越えは残念ながら果たせずという結果に終わりましたが、現在のNISSANの商品ラインナップを考えれば間違いなく魅力的。
NISSANディーラーの営業さんたちからすれば、「ようやく」の新商品であることは疑いないでしょう。
新型セレナ&ノートで、巻き返し体制が整った感じですかね!

いやでも……ノート買うの?(disってみるw)

新型ノートが大幅改良によりどこまで変わるのかはわかりませんが……。

正直、私がレンタカーで乗ったノートは、お世辞にも「イイクルマ」ではありませんでした。

日産ノート

この子ね。

運転感覚が「ペラッペラ」で、ドライビングプレッシャー的なものはほとんどなかった。
良い意味でも悪い意味でも、「ああ、単なる移動手段として作られたクルマなんだな」と思わされる一台でした。

その後、代車でデミオ(前モデル)に乗ったときには、違いに驚かされたものです。
「うわ、同じコンパクトでもこんなに違うんだ」って。
走ってる感覚が抜群に良かったのは、当然デミオの方でした。

もちろん、主婦の方や近距離通勤に使う程度の用途なら、この性能でも十二分なわけですし、本当に用途に併せた選択肢として考えれば、ノートは全然優秀な子だと思うのです。
それに「ノート」で一口に言ってるけど、地味にNISMOとか色々あったりするわけなのですがw

相対的に見て、「イイ移動手段」であっても、「イイクルマ」であるとは言えない感じなんですよね……。

ただこのノートくんも、今回の大幅改良で色々性能を上げてくることが考えられます。
なのでここで言えるのはあくまで現行モデルについてのお話なんですが。

いやでも前のモデルがあんなにペラッペラなら、次のモデルも同クラスの車種の中では、相対的にペラッペラになるんのかなぁなんて思ったり……(*´Д`)

というわけで、技術のNISSANに期待です!!

そろそろEV(HVだけど)のエコ以外のプレミアム感をアピールしないと、販路が広がらないぞ!!

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. いくや より:

    こんにちは。
    今わたしはアクセラ15XDに乗ってますが、クルマ選びの際にノートも試乗したんですよね。
    感想はセトシン様と同じく、まさに「運転感覚がペラペラで、ドライビングプレジャーが感じられない」でしたね。「走る・曲がる・止まる」といった走行性能は無難ではありましたが、エクステリアにしろ走りにしろ、
    自分にとっては200万円以上のお金を出して購入しようとは思えないクルマでした。
    先代デミオと比べてどうして(いかなる要因で)運転感覚がこうも異なるのか、セトシン様はどう分析なさいますか?

    • セトシン より:

      いくやさん、コメントありがとうございます♪

      おお、15XDとか超新型じゃないっすか!!Σ(゜Д゜)
      ご購入おめでとうございます(^^;

      何なんでしょうねぇ……私クルマの内側的な部分には全然詳しくないのですが、やっぱりハンドルとアクセルじゃないですかね~。
      ノートは内外装ともに結構オシャレで上質だと思っているんですが、走る・曲がるの基本部分があまりにも既定路線すぎて、スポーツカーらしい味付けが薄いのかな~って感じがしました。……なんかあんまり上手に言えないんですが(汗)
      それまでコンパクトカーと言えば、現行デミオに試乗したことがあるぐらいだったので、違いに驚きました。
      最初はCVTのせいかなーとか思ってましたけど、先代デミオ(代車)もCVTだったので、きっとクルマの根幹部分の話なんでしょうね~(・ω・A;;

  2. いくや より:

    ありがとうございます初めてのマツダ車ですが、あんまり楽しくてドライブが趣味になってしまいましたw

    日産も若者〜ファミリー向けのCセグがラインナップから抜け落ちてるのが理解できないですね。シルフィは完全に年配者向けのセダンでしかないですし。いっそメガーヌのOEMとかじゃダメなのかと思うほどですよw
    シビックを日本で売らずにいるホンダも同罪ですがw

    • セトシン より:

      いくやさん、コメントありがとうございます♪

      アクセラ楽しいですよね!
      うちはMC前の15S(嫁のクルマが)ですが、ドライブはめちゃめちゃ楽しいです♪
      特に一人で乗ったときにMTモードで操作した感じがタマラナイ……( *´艸`)

      日産は元々Cセグっぽいクルマのイメージがあんまりないんですよねえ……メガーヌのOEMとか理想ですww
      IDx系のモデルがそこにハマってくれれば言うことなしなんですけどね!
      シビックはHONDAさんが今年日本で売ってくれるっぽいですけど、HBについては怪しいですね(^^;

  3. NaCl より:

    確かにノートのガソリン車は、かつてのトヨタ車みたいにザ平均点という感じの車でしたね。
    一方でノートe-Powerは想像以上に完成度が高く、いい意味で期待を裏切られました
    発進時の加速度は段違いに高い上にスムーズで、試乗車がメダリストだったからかもしれませんが、かなり静音性が高いです。時折エンジンが駆動するので、さすがにリーフほど静かではないですが、加速力はリーフに劣らなかったという印象です。
    他社のHVができる限りガソリン車に近い走りを追求する方向なのに対し、Sモードでの強烈な回生ブレーキなど、あえてEVらしい走行感覚を売りにしているのも面白い点です。
    ハンドリングや乗り心地は従来とあまり変わらず、内外装もそれほど変化はありませんが、ハンドルとシフトレバーの質感は改善されていました。
    高速燃費など、弱点もありますが、特に加速時のスムーズさと静粛性でライバル車を圧倒しており、当分キャッチアップするのはかなり困難かと思いました。(アクアはそれほど台数減少していませんが、モロにターゲット層が被るフィットは打撃を受けている模様です)

    • セトシン より:

      NaClさん、コメントありがとうございます♪

      ガソリンノートは悪い意味で「今の」NISSANらしいクルマという印象を持っていましたが、新型(E-Power)は良い意味で「今の」NISSANらしいというところでしょうか。
      試乗行かれたんですね! 羨ましい!
      私は諸々の都合で動けず……先にCH-Rかなぁという感じです(^^;
      町中の近距離移動手段としてEVはベストな選択だと思うので、NISSANの最適解はかなり合理的だと思いますね!!
      フィット……頑張れ……(・ω・)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA