おめでとうインプレッサ! プリウスとの死闘を制したCOTY受賞を考えるよ

インプレッサ(新型)
出展元:スバル公式ホームページより

おめでとうインプレッサ‼

新型インプレッサが、見事にプリウスを破り2016年の日本カーオブザイヤーに輝きました!
普段スバルの記事はそれほど書かない私ですが、とにかくもおめでとう!

スポンサーリンク
レクタングル大

プリウスとのデッドヒートは順当

はっきり言えば、今年の新車市場は結構「不作」といってよかったと思います。
特にスポーツモデルが不作なためか、心躍らせるようなモデルの数が少ないのが今年の難点。
そんな中で、インプレッサは数少ないの「クルマの魅力を打ち鳴らす一台」だったと言っていいでしょう。

受賞は順当だと思います。

一方で、敗れたプリウスは惜しかった……。
最終的な敗北ポイントは個々の選考委員の好みにもよるでしょうが、そもそも論として、

「走りで勝負してインプレッサに勝てるわけがない」

という点で、似たようなポイントを強みに打ち出し過ぎた点になるのではないでしょうか。

色々といわれることが多い(特にデザイン面w)プリウスですが、過去に試乗した感じは結構印象良かったです。
やや重たさは感じさせるものの、キビキビ動いてくれる感じは、今までのプリウスが走行面で評価が悪かったという点が信じられないほどでしたし。
ただ、いつかベストカーの記事で星野氏が言われていた通り、プリウスが追い求めるのが果たしてそこで良かったのか、という点になるのかもしれませんね。

そもそもプリウスというのは、「庶民が乗れるトクベツな車」だったはずなんだけど、今は最早そうではない。
だからこそ、今回のFMCで、走りの強化に進まざるをえなかった面はあるのかもしれません。
道が見つからなかったので、そこにしか活路を見出せなかったというか……。
燃費担当にはアクアがいるだけに、余計に難しいです。

とはいえトクベツというのも……中々なぁ。水素かPHEVぐらいでしょうか。
PHEVは派生車種だし、水素はなぁ……むしろプリウスの価格帯(補助金込みの乗り出し価格)で水素を出せれば、時代を近づけることは可能だったのかもしれないけど……。

ただまあ、圧巻の燃費性能を前提にしたうえでインプレッサと比較すれば、プリウスの魅力は決して負けるものではないのですが。
安全装備もだいぶ進化してきたしね!

セレナの評価の低さはちょっと予想外

正直言って、私は今年のカーオブザイヤ―は日産「セレナ」になるのではないかとひそかに思ってました。全然外れましたがww

このセレナの得点が、圧倒的に低かった(11点w)というところについては、色々な見方ができると思います。

まずそもそも、COTYにおいてミニバンが受賞する可能性があるのかどうか。

これは選考の基準としての問題ですね。
各選考委員の選ぶ基準は、果たして何なのか。
それが「走り」に寄っていては、ミニバンに受賞の可能性は絶無でしょうから。(少なくとも、市場の求めるミニバンにおいては)

過去の受賞暦を紐解いても、ミニバン受賞の歴史はないからね。

そして第二に、セレナが走行性能の面においてCOTYの基準に到達しえなかったということ。

まあ上記の点と同じような問題ではあるのですが、セレナの走行性能が褒められたのはあまり聞いたことがない(室内的に絶賛の嵐なのはよく聞く)ので、やはり基準の一つが力足らずだったのかなぁと思います。
ただこれはミニバンなのでアタリマエな話であり、その点についてNISSANが頑張る気がなかったってことかな。それより力を注ぐポイントは他にあるだろうと。確かにそれは妥当。

ま、むしろトップ10によく残ったというべきかな。

イノベーション部門は、技術的にというよりも、大衆車で果敢に「自動運転」にトライした日産の姿勢的に妥当な賞だと思います。

後は如何に安全に、誤解なくユーザにこの車を売っていけるか。
NISSANが挑んでいるのは、顧客のリテラシー向上という、結構大変な戦いだと思います。
テスラのような真似はしないと信じておりますw

敬礼‼(‘◇’)ゞ

……にしても、今年は「コレ!」というのがなかった気がする。
スポーツモデル不作の年でしたなぁ。。。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. よーすけ より:

    個人的にはインプレッサかプリウスの2択でしたので妥当な結果
    だと思っています。

    インプレッサは試乗しましたが、総合力の高い車だと感じました。
    クルマは走る、曲がる、止まるで評価されるべきものだと思っています。
    昨今は、本来の機能よりも、燃費や車内空間の快適性が重視された車種ばかり
    で走行性能を磨いて出てくるものが少なくなりました。
    軽やミニバン全盛期と言われる中でも基本性能に拘り独自路線を貫くスバルや
    マツダのようなメーカーに光を当ててほしいところです。

    こういった賞は、本来の機能で評価されるものであって欲しいと思いますし
    今年は選ばれるべき車が選ばれたのだと思います。

    来年はスイフトやCX-5、XV、CH-Rあたりで争ってもらえたら嬉しく思いますね。

    • セトシン より:

      よーすけさん、コメントありがとうございます♪

      確かに、順当なラインですね! そして個人的には、インプが勝ってくれたのは嬉しいです♪
      私の予想が奇抜過ぎた……ww
      インプレッサ試乗したことないんですが、今回の受賞を受けて、乗りに行こうかなぁなんて検討中です(^^;

      セレナはパッケージングは優秀ですが、その他の部分で工夫が欠けた感じでしたかね~。
      パッケージングのみでは、やはり受賞には遠いですよね。
      ミニバンクラスを超えた「何か」が欲しかったところですが、NISSANならそこは割り切るだろうなぁという想像通りな感じでしょうかww
      いいクルマだと思うんですけどね(^^;
      ただまあ、今年セレナが取ったりすると、何だか夢もキボーもなくなっちゃいそうな気もしますけど(笑)

  2. よーすけ より:

    インプレッサ是非試乗してみてください!
    アクセラとの違いを意識して乗られると面白いと思いますよ^^

    ミニバンは走りよりもユーティリティーを優先するものなので
    セレナの商品性はミニバンとしては妥当なところではないでしょうか。
    走りを磨いたステップワゴンが苦戦しているところを見てもニーズが
    そこにないことを示していますし。

    クルマは自分で運転してこそのものですからね。自動運転車でCOTY
    を取るようだと世も末だと思います(苦笑)。

    • セトシン より:

      よーすけさん、コメントありがとうございます♪
      返信遅れましてすいませんm(_ _)m

      行きます行きます!
      先週の日曜に行こうと思ったのですが、大掃除のため果たせず……今週の日曜を狙っています!(笑)
      インプレッサとCH-Rを試乗に行きたいww

      ステップワゴンは発売当初は「なんだコレ」と思ってた私ですが(w)、いざ実際に自分がミニバンに乗らなければならない立場になると、非常に頼もしい存在です(笑)
      そう考えてると、負けているのはあくまでもパッケージングであり、1.5Lターボがあるからこそ現在の販売台数を支えているのでは……なんて思ったりもするのですが、いつか試乗して記事にしてみたいともくろんでますww

  3. NaCl より:

    日本COTYは選考委員に走り屋出身の評論家が大半を占めているためか走行性能重視の傾向が強く、過去にミニバンが受賞したことはないんですよね。
    実際にはパッケージングや使い勝手もユーザーの評価に大きく影響するのですが、ほとんど考慮されていないという印象です。
    そのため日本COTYの受賞車と一般ユーザーから評価される車(≒売れる車)が乖離しやすいのですが、今回は一般的なCセグ車が有力候補となったためか、割と妥当な選択じゃないかと思います。
    ただプリウス、インプレッサ共に完成度はかなり高いのでですが、堅実過ぎてこれといって斬新な要素は少なかったかなという印象です。
    一方RJCCOTYは、軽自動車やミニバンも選ばれるなど、より一般ユーザーに近い評価基準が取られていますが、頑なに日本COTY受賞車と違う車を選びたがる傾向があるのは気になります。

    • セトシン より:

      NaClさん、コメントありがとうございます♪

      「走り」を無視していいとは思わないですけど、「走り」以外のパッケージング的な要素も重要であることには変わりないですもんね!
      RJCの方は、確かもともと「COTYがクソ過ぎるけん作る!」という有志の集いだったような記憶がありますので、さすがです!w
      まあ仰る通り、今年はプリウス&インプレッサの激戦が妥当過ぎておもしろみに欠けたというのが、正直なところでしょうかね(^^;

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA