CX-6が絶対に発売される理由~マツダの販促は既に始まっている~

岡山マツダ

先日マツダディーラーに、お尻が凹んだアクセラちゃんを連れて行きました。
岡山マツダがめっさ豪華になってて、おったまげた(古い?w)のですが、本日はそのとき、営業さんから頂いたのがCX-6についてのお話です。

「そろそろ3列シートがいるんですよ~」

「もう1年待って下さい!」

……どうやらもはや、公然の秘密となっているようです(・ω・)

スポンサーリンク
レクタングル大

CX-6提供情報の裏を読むw

マツダの営業さん曰く、

「開発の人間から、『今こんなことやってる』と流れてきた情報なんです」

「CX-5をベースにした3列シート車を開発中なんです」

あくまでも情報は既報通り。
ただ、ここまでストレートに情報を流されると驚きです。マツダは結構、ガード堅いメーカーだと思っていたのですが……。

ただ実際問題、twitterとかをぼんやり見てると、同じように「営業さんから3列出るって言われた~」って呟きが流れて来たりもするわけです。
うちの営業さんが口が軽いとか、私の取材能力が優れているとかじゃなくて(w)、単純にこの情報は、

「マツダが戦略的に流してる」

情報なんだろうなぁと思いました。

具体的には、MPVが販売終了となり、プレマシー&ビアンテがかなり古くなってしまった昨今において、3列シートユーザが離れていくのを止めるために、情報を敢えて出してるんだと思います。
営業さんに「この情報出して良いヨ通知」が出てるんじゃないかなぁ。
それで何とか、3列シートが必要なユーザをつなぎ止めようとしてると……。

そう考えれば、結構合点がいきます。

そしてそう考えれば、もはやCX-6は絶対に発売されると言って良いと思います。

営業さんからの販促は、実は既に始まっている。
3列シートユーザーをつなぎ止めるために、マツダも手を打っているのです。
その実車がどのような形になるかはまだ不明ですが、もはや販売確率は99%を超えている。

CX-6は、絶対に発売される。

これは恐らく、マツダの中での確定事項だと予想します。

あくまでもCX-5ベース。3列シートの実用性は?

つまり、CX-6の発売はほぼ確実なわけで、そう考えれば我々3列シートマツダ車待望組からすれば、

「きゃっほうぅぅぅぅっ!!(´ω`)」

と奇声を上げて喜びたいところなわけです。
わけですが、もっとも重要なのは、

「いや、その3列目使えるの?(・ω・)」

という世知辛い(家族からの)突っ込みではないでしょうかww

営業さんからもらった情報によると、「あくまでもベースはCX-5」ということでした。
どこまで発展・改良することが可能なのかはわかりませんが、ホイールベースを飛躍的に拡大させる……ってかシャーシを長くできないなら、室内空間の飛躍的な向上は望むべくもありません。。。

正直、頭上空間なんてどうでも良い。

ただ、足下空間だけは最低限が欲しいところ。

CX-5のサイズ感では、どんなに確保できてもせいぜい「プレマシー程度」になるでしょう。
プレマシーの3列目がぬきんでて狭いわけではありませんが、現在の潮流から外れた、「緊急時3列シート」であることは疑いようがありません。

……それでは厳しい家庭の事情(´д`)

……ただ、それ以上ならCX-9になってしまうのも、まあ仰る通り(´д`)

できればCX-5の横幅でいいので、縦をもっと長くして欲しいのですが……。
縦に長いなら、デザインも手が打てるでしょ??(´ω`A;;

新たな付加価値を、いかに提供できるかが勝負でしょう。
そしてそれによって、この3列シートが、「CX-6」になるのか、「CX-5のグレードの一つ」になるのかが決まってくると思われます。
そして後者だとすれば、我々3列マストユーザーにとっては、厳しい現実となってしまうでしょう……(-ω-)

楽しみに待ってるからね~~!!ヾ(´ω`)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA