【中古車セレクト】R34スカイライン 勇壮にして壮麗!最後に魅せたスカイラインの光!

R34スカイライン
出典元:NISSANホームページより

あまりにも強く、美しき最後の(※)スカイライン…R34型。

角張った硬派なルックスが持ち合わせるのは、朴訥な力強さと洗練された堅強さが産み出す様式美!
ネオストレート6と名うたれた最後の直列6気筒エンジンが生み出すのは、心地良い官能性と力強いパワーがもたらす心の昂ぶり!

……大好きなんですよ、R34スカイライン。
スカイラインの中でも私が一番好きな型で、何を隠そう、このR34スカイライン(セダン)が私のファーストカーでもあります。
実は今年RX-8を買ったときに、最後まで選択に残った一台でもあります。
数年前見たときは、まだ中古車もけっこう見たんですが、最近めっきり球数も少なくなってきました…。
おそらく今が、ファミリーカーとしてのチョイスできる最後のチャンスだと思います!
というわけで今回は、R34スカイラインについて書きたいと思います。(ファミリーカー的に、主にセダンの話が中心になりますのであしからずw)

※最後というのは言葉のアヤで、スカイラインとしては後継のV35型が出ています。ただ、スカイラインファンの人にとって、デザインやエンジン、商業面などで、最後のスカイラインと考える人が多いのです。

スポンサーリンク
レクタングル大

古い硬派セダンだが新しい…NISSANデザイン最後のアートフォース!

R34スカイライン フロント
出展元:wikipediaより

上の写真はクーペモデルですが、フロントマスクはクーペもセダンも何ら変わりありません。
(ちなみにリアは若干差があります。トップ画像のリアがセダンのリアですね)

そう、何と言っても、このR34スカイラインはデザインが良いのです。
一見して硬派な角張ったルックスは、ともすれば「おっさんセダン」に見えかねない。
ところが、精悍で引き締まったフロントマスクと革新性と貞淑さとを併せ持つリアスタイルは、そんな印象を微塵も感じさせません。

落ち着いているけど、スポーティー。
古くさいけど、新しい。

そんな特徴的なデザインに乗ったボディは、先代R33から一回り小さくなり、運動性能の向上や取り回しの容易さに一役買っています。
それでいて室内空間もほぼ先代と変わらぬ空間を確保。
圧倒的な進化を遂げたボディ剛性も加えて、「最後のスカイライン」として誇らしげに伝説を語る車に仕上がっています!!

スカイライン伝統のツインテールランプが、夜闇に赤く流れる様は、まさに圧巻!
実際問題として、S15シルビアと並び、アートフォースを誇ったNISSANデザインの最後の力作と言えるでしょう。

直列6気筒エンジン…名機と謳われたRBエンジンを、踏んだことがありますか?

皆さんは直列6気筒エンジンの車に、乗ったことはありますか?

正直、私は後にも先にもこのR34スカイラインでしか乗ったことがありません。
というのも、直列6気筒エンジンは結構高価でして、上位クラスの車にしか搭載されていないんですね。
なおかつ、直列6気筒は2000年頃を境に淘汰が進み、今ではV型6気筒エンジンにシェアを奪われた状況が続いています。(衝突安全性や搭載スペース、コスト等がその原因です)

ただ、直列6気筒エンジンは気持ちいいのです(´д`)

正直、V型6気筒には乗ったことがないので比較はできませんが、一般的なファミリーカーに搭載される直列4気筒エンジンに比べると、明らかに官能的。アクセルを踏み込んだ感触からして違います。
直6が気持ちいい、というのは多くの人が言っているなのですが、車にあんまし詳しくない私でもわかるくらいなので、まだ未体験の人は是非感じてみて欲しいです♪
きっと、エンジンに対する感じ方が変わると思います。

まあ私はR34スカイラインにしか乗ったことがないので、それが直6の力なのか、名機と謳われたRBエンジンの力なのかは、実は不明だったりしますが…w(^^;
ただ、私が乗ったのはこのR34スカイラインの最廉価グレードであるGT(2Lエンジン)だったので、25GTとかに乗ると、もっともっと気持ち良いのかもしれませんね!

お勧めは前期モデル! 後期は少し落ち着き過ぎた感が…

このあたりは趣味ですが、個人的には前期モデルをプッシュします。
リアはほぼ同じですが、フロントマスクは前期後期でかなり印象が違いますので、注意して下さい。

R34スカイライン_後期
出展元:NISSANホームページより

これが後期モデル。
よくいえば前期より落ち着いてプレミアムセダン感が増した感じでしょうか。

え? 悪く言えば? ノーコメント!!(笑)

ファミリーカー的には最後のお買い時か…?50万程度からタマがあり!

数年前は中古市場でもよく見たR34スカイライン。
ですが最近ではめっきり見かけなくなってしまいました。

現実的に考えれば、既に15年落ちの車です。
アンティーク趣味ならばともかく、ファミリーカーとして購入するなら最後のチャンスと言えるでしょう。
ただ、良質かつ安価なタマを見つけるには気長に待つことが必要なので、買い換えをご検討の方は早めに探しておくことが大切です。

一方で、本体価格は年式相応に下落しているので、初期費用的には楽です。
NISSANディーラーの下取り車が現れるのを待てるなら、50万で25GTが狙えるかもしれません。
本体色によって価格にブレがあるようで、ブラックは高く、シルバーは安いという傾向も見受けられます。
※ちなみに断然ブラックがかっこいいです。次点はホワイトorパール。シルバーはお好みで、といったところ。中にはパープルちっくな希少色もあります!

お勧めグレードは25GT。
最廉価モデルのGTも悪くはありませんが、やはり車体の大きさに比してパワー不足が目立ちます。
特にRB20DEはトルク感が乏しいので、運動性能にこだわる人は25GTを探した方が良いでしょう。
更に言えば、25GTからAT車にパドルシフト&マニュアルモードがつくのでシフト操作も楽しめます。コレ重要w
25GTターボは280PSというパワーを絞り出す化け物エンジンRB25DETを搭載しますが、走りすぎるので個人的には怖いですw
まあ年式が年式ですので、ファミリーカー的にはターボは避けて置いた方が無難かと…。

ファミリーカーとして見たときの性能ですが、特に不足はありません。
室内空間も通常のセダン、といったクラス。目立って広いわけではありませんが、特に狭くもありません。
明確に「広い」と言えるのは、おそらくトランクぐらいでしょう。
唯一の難点はハイオク仕様車であることですが、まあ最悪レギュラーでも問題なく動きます。当時学生で金がなかった私はレギュラー入れてましたw(お勧めはしません。ただ大人には仕方ない事情というものがありますからw ただ、ターボ車にはやめといた方が…)

ちなみにFRスポーツセダンですが、ノンターボ車ならMTもそれほど高くありません。
GTのMTなら50万程度で購入可能です。
25GTでももう少し頑張ればいけるはず……。

ちなみに25GTターボはミッションだと楽勝で3桁に乗りますw ちくしょうww

R34スカイラインをお探しの方、一応「ズバット車販売」というサービスがあります。

これはガリバーが自社の買取車・オークション在庫から指定の車を探してくれるという無料サービスですが、R34をお探しの方にも最後の切り札(※)として使えます。
ほぼオークション在庫から引っ張ってくる可能性が高いですが、参考がてら登録してみても良いかもしれません。

※多分R34はガリバー買取車にはほとんど存在しないはずなので、基本オークション在庫から引っ張り上げる形になるのですが、これは諸経費がかかるので決して安くはない……。R34の年式では、おそらく保証もつかないので……。

⇒ズバット車販売でR34スカイラインを探してみる(ズバット車販売のページへ)

ただ、R34に関してはやはりディーラーで下取り車の網を貼ってもらって購入するのがベターです。
本当に参考がてら、または最後の手段としてご利用下さい。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA