新型スイフト・ハイブリッドRS試乗! HVとCVTが真価を阻害する?(偏見注意w)

新型スイフト

早速乗ってきました、新型スイフト!!
近所のスズキにお邪魔して、ちょこっと乗っけてもらいました♪

グレードは赤いラインが燦然と輝く、HYBRID RS。
本当はRSt(1Lターボ)が良かったんですが、近所のスズキには置いてませんでした。
何でも、RStは納車までに時間が結構かかってしまうとか……。
なので販売店も、もうHYBRIDでいいやとハイブリッドを試乗車として配備していってるらしいです。

さて、それではスズキの決戦兵器について、まったりと見ていきたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大

エクステリアは「精悍」だが…

新型スイフト

フロントマスクを斜めから見た図。
ちなみにRSの最高グレードだけあって、外観はフル装備です。

とにかく、外観の印象としては「精悍」というのがわかりやすい表現でしょうか。
イタズラ小僧のようなやんちゃ感が、小柄なボディによく表現されていると思います。
フロントマスクはデミオに似ているかなぁと思ってたんですが、実際に見てみるとそうでもありません。

新型スイフトサイドビュー

サイドビューはそれほど拘っているという感じはなし。

全身で何かを表現しようとするような、濃密なプレス加工は感じられません。シンプルイズベストを地で行く価値観ですね。
従ってそれほどサイドビューは強力ではありませんが、かといって別に悪くもないのがスズキ的。

新型スイフト リアドアノブ

面白いのが、リアのドアノブがこんな感じになってること。
欧州的な流行とか、そういう感じなんでしょうか?
C-HRもそうだったなぁ……。

こういうドアノブを見ると、思い出すのがアルファロメオ・ジュリエッタ。
ジュリエッタのリアドアノブはもう「何処かドアノブかわからない」状態で良かったな~。
……どうせなら、そこまでやってくれればいいのに(´・ω・`)

こういうのって、デザイン重視の結果なのでしょうが、デザインを最優先している国産メーカーであるマツダはこれをやってないんですよね。
なんとも面白い事実です。

新型スイフト リア

リアビューに関しては、「まあ普通」というところでしょうか。
バレーノ路線というべきかもしれません。
もう少し捻っても良さそうなビューですが、そこはスズキ。シンプルイズベストです。

この試乗車が青かったこともあって、何だかインプレッサWRXみたいなリアだなーと思ってしまったのですが、私だけかもしれませんww

エクステリアについての感想としては「まあまあ」というのが正直な印象でした。

というのも、フロントマスクは確かに尖っててカッコイイんですが、そこ止まりなんですよね~(´・ω・`)
このクラスでもメガトン級に外観の良いクルマには、更に先があると思うんです。具体的に言えばサイドビューやリアビュー、ボディ全体での「造形」とか。
スイフトはそこまでではないな、というのが印象です。

ただしそれが悪いとばかりでもなくて、そのシンプルな朴訥さが魅力なのも事実。
なので、感想は「まあまあ」でござるよ(^^;

内装の質感は高いが、MTモードは…

新型スイフト インパネ

インパネはステアリングのステッチも決まって中々にスポーティー。
欧州を主戦場にするクルマなので、内装の仕上がりは中々のものです。

実際問題、国産コンパクトカーとしては安っぽさがなく、上質だと思います。
最高グレードだというのは当然あるわけですが、恐らくグレードが下がってもそこまで印象は落ちないでしょう。

新型スイフト インパネ2

インパネその2。
シンプルですが安っぽさは少ないです。
強いて言えば、シルバーのメッキ感が足りないかも?

新型スイフト シフトノブ

シフトノブ周りです。

重要なポイントですが、このスイフトさんには「MTモードをシフトノブで操作する」機能はありません。(パドルシフトはあります)
マニュアルモードである「M」に入れればパドルシフトでのマニュアル操作を完全な形で楽しめますが、個人的にはシフトノブに欲しかったなぁ……。

このシフトレバーにギア切り替えがないというのは、アルトのターボRSでもそうだった。
スズキさんはパドルシフトONLYなのでしょうか?

後部座席の足下空間チェック!

地味に気になる後部座席の足下空間。
早速チェックして見ました。

新型スイフト 後部座席運転席側

これが後部座席の「運転席側」。
私のドライビングポジションに調整した後なので、余裕があります。

「短足乙w」と思った人は死刑です!!(゜Д゜)

新型スイフト 後部座席助手席側

そしてこれが助手席側。もちろん椅子はフルバックです。

明らかにこいつは狭い。
膝の余裕はコブシ半分というところでしょうか。
まあ助手席をもう少し前に出してやればいいだけなんですが、パッケージングを追求するクルマでないことは確かでしょうね。

ファミリーカーにできるか?
4人家族までなら余裕でしょう!!(笑)

さあ試乗! 車両重量910kgの真価は!?

さて、肝心の走行部分。
私の試乗したHYBRID RSは車両重量910kgに91PSというスペック。
当然、軽快な走りが期待されるわけですが……。

結論から言えば、HYBRID RSは「普通」だと思います。

と言っても、「流石スイフト」なのは事実だと思います。
(過去のスイフトには乗ったことがないので推測です、汗)

営業さんが盛んにプッシュしていた、カーブを抜けるときの安定感。
重さと軽さがちょうどよいステアリングフィール。
必要なときに不足なく加速するパワートレインなど、価格以上の魅力がある一台には間違いないと思います。
個人的には段差を超えた時に突き上げ感が少し気にはなったものの、運転することの安心感・安定感は非常に高いと言って良いでしょう。

が、しかし。

肝心の軽量化がもたらしてくれる走りの軽快さについては……。

大人2人乗ったら流石に軽さは感じませんw

もうこれは、試乗というステージの限界と言うしかないですねww
特に私、最近年末年始で太りすぎた事実が発覚したばかりだし…(笑)

ただ言えるのは、HYBRID RSが搭載する1.2Lデュアルジェットエンジン+マイルドハイブリッドシステムは、決して軽快な走りを演出してくれるパワーユニットではないということ。

そりゃそうです、こいつらはエコシステムなわけですから。
ビリビリ来る走行フィーリング、軽量さから来るぶっ飛んだ加速を味わいたければ、RStで1Lターボのブースタージェットエンジンに乗りなさいという話でしょう。
従って、どんなに「軽い」とは言っても、HYBRIDなエコカーに軽快な走行フィーリングを期待してはイケナイというのが、私なりの結論です。

また、相変わらずのCVTガー(w)で申し訳ありませんが、やはりトランスミッション故の限界は感じます。
MTモードで操作することもできますが、ダイレクト感は薄いですね……。

私の場合、比較するATが我が家のアクセラ…マツダのSKYACTIV-ATになるので、さすがに分が悪い感もあるのですが、オートマ走行にしても、MTモードにしても、その性能には結構な溝があると思ってしまいます。
まあその分燃費がいいのかもしれないけどね。

「そりゃお前の偏見&マツダへの愛溢れ過ぎなせいじゃろ!?Σ( ゚Д゚)」

という突っ込みは、もしかしたら正しいかもしれませんw
だってCVTガーなのは事実だしw
思い入れ&思い込み補正有の感想だと思って頂いて結構でゴザルww

というわけで、やはり試乗した結果の結論は、

買うならRSt(1Lターボ)かXL・XGのMTモデル

という以前の記事と変わらないトコロに落ち着きそうです。

ただ、ちょっとdisってしまいましたが、HYBRID RSもむしろ国産コンパクトカーとしては非常に高い性能(楽しい的な意味で)であることは疑いないと思います。
最近乗ったコンパクトカーと比較すれば、

旧型ノート(MC前)

現行フィット

新型ノートe-Power

のどれよりも走行フィーリングは好きです。(e-Powerは好みがある)
価格を考えれば、「走り」の部分を捨てたくない皆様にとってかなり強力な選択肢であることは疑いないでしょう。

流石にXL・XGのMTを試乗車に置いているところはないと思うので、今度はRStの試乗に行ってみようかなぁ……。

ライバルはデミオで間違いないが…

そして新型スイフトにとって、思いっきりライバルになるのがマツダのデミオです。

XDになると価格面で別次元ですが、デミオのガソリンモデル(1.3L)とスイフトは価格帯から何からガチで競合する、ライバル的存在です。
居住空間はソコソコに走りを磨き上げた、コンパクトカーというよりはホットハッチ的な(言い過ぎ?w)魅力を、それぞれが持っているわけです。

そう思ってスズキの営業さんに、デミオと競合されるお客さん多いのかと聞いてみたら、

「デミオww いや~マツダと比較するマニアックなお客さんは中々いないですね!」

という素晴らしい答えを頂きましたww

処刑!!Σ( ゚Д゚)

でも、色々と話が上手で面白い営業さんだったので許そうww
「マイルドハイブリッドとかカタログ値だけっすよww」的な豪快な発言もされてましたからね!(やや私の誇張有w)

スズキの試乗は、某T社と違って距離が長くて楽しいね♪

ちなみに売れ筋はHYBRID RSが多いそうですが、RStや最廉価のXGなんかも結構順調に出てるそうです。
「軽自動車より安いからコレでよかろ」とかいってXG買っていくらしいw
そりゃ納得の理由ですぜ!

走りを求める迷える子羊に告ぐ

最後に、

まあスイフトスポーツ待てお前ら(´・ω・)ノ

というのがスズキ神からのメッセージを勝手に推測して、本試乗記を終えたいと思いますww

アルトはターボRSからワークスで急激に神なるクルマへ真価を遂げたのです。
ということは、スイフトも……当然のような神進化が期待できます。
ターボモデルにMTなしというのもアルトのときと同じですし、スイフトの場合は間違いなくエンジンも変わるわけなので…………期待値ハンパないですね!!

それにしても、こうして信徒を毎回生殺しにするスズキ神は、ドエスだと思いますw

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. よーすけ より:

    試乗レポートありがとうございます。

    拝見していてRSならターボかノーマルだなと思いましたし
    HVならML、価格差を考えるならXLと思ってしまうのでHVRSの
    存在意義はどこにあるのだろうと考えてしまいます。

    私の地域は幸いRStもHVRSも試乗車でありますので近日中に
    両方試乗してしまおうと考えております。

    • セトシン より:

      よーすけさん、コメントありがとうございます♪

      HVRSの存在……確かに私もピンと来ません……。
      見た目上の問題になっちゃいますもんね(^^;
      確かにカッコいいのはカッコいいですけど。

      RStオススメです!(乗ったことないけどw)
      どんな感じなのか、私も乗ってみたい……。
      近所のスズキにやってくる日を、心待ちにしております(^^;

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA