マツダ第二世代SKYACTIVが見えてきた? 新型アテンザの燃費はどうなる!?

アテンザ

遂にマツダの新世代SKYACTIV、いわゆる「SKYACTIV-GenⅡ」の正体が垣間見えてきました。
以下のニュースで、発表の次期と面白い数字が公開されております。

※思いっきり計算を間違えてたので修正シマシタww

小飼社長は、平均の燃費を平成20年と比べて50%向上できるという新型のガソリンエンジンをことし秋に公表し、来年度以降に市場に投入する考えを改めて示しました。

マツダの株主総会 社長が環境技術に力入れる考え示す

スポンサーリンク
レクタングル大

新型アテンザの燃費が見える?

“平成20年から50%向上”というのは、面白い数字です。

平均燃費の向上というのは中々難しい表現ですが、平成20年と言えば初代SKYACTIVが発表される前の段階です。
「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」が策定された時代ですな。

平成20年……つまり2008年といえばアテンザが2代目にモデルチェンジした年。
この当時の燃費は2Lエンジンのモデルで14.2km/L(10モード/10・15モード燃費で)という数字でした。
前のモデル(初代アテンザ後期)でも、数字にはそれほど差がありません。

JC08モードでの数字はこの時点では公表されていませんが、2010年モデルでは13.4km/Lという数字が残っています。

公開されるという新型エンジンを搭載するのがアテンザだと考えれば、この数字が基準になることは疑いありません。
二代目デビュー時の

14.2km/L

という数字の倍と考えれば、なんと

28.4km/L

ぐらいが四代目アテンザと新型SKYACTIVエンジンが謳い上げる燃費の数字だってことになります。

…………と思ってたら、これって100%改善やんけww
50%改善ってことは、1.5倍ですよねww
(※思いっきり計算を間違えてたので以下改稿しますw)

14.2km/L

という数字の1.5倍と考えれば、なんと

21.3km/L

ぐらいが四代目アテンザと新型SKYACTIVエンジンが謳い上げる燃費の数字だってことになります。

ただ、これは10・15モード燃費の数字を使った推測。
流石にJC08で考えないとダメだろ~ということであれば、当然燃費の数字は悪くなる(JC08燃費でも厳しくなったんです!w)でしょう。
ただそれでも、20km/Lぐらいにはなるんじゃないですかね?

……思いっきり雰囲気でモノを言ってますけどww

でも、仮に20km/Lという数字になるとすれば。

アテンザのサイズでこの数字ははっきり言って圧巻です。

例えば同サイズのライバルでは、現在のレガシィB4で15km/Lです。
トヨタで言えば、ハイブリッド搭載のカムリ(現行)で23.4km/Lなのです。

アテンザが仮に「ガソリンエンジンだけ」で20km/Lを達成するのだとすれば、それは結構なスペックであると思われます……。
(まあどちらもモデルチェンジ直前だと思いますが…)

マイルドハイブリッドが追加されるのか?

さらに、今回の発言が本当に「新型ガソリンエンジン」に関して「だけ」のものならば、そこから更にマイルドハイブリッドシステムが載ることになります。

マツダのマイルドハイブリッドシステムがどの程度のものになるかはわかりませんが、例えばスズキ(MHVの老舗!)で言えば、新型ワゴンRの燃費は、

マイルドハイブリッド無し(FA)→26.8km/L

マイルドハイブリッド搭載(HYBRID FX)→33.4km/L

ということで、何とその差「6.6km/L」!!
「マイルドハイブリッドってスゲー!」と思ったら、FAにはアイドリングストップもなかったのであんまり参考にはならないかもしれませんw
でもまあ、二代目アテンザも確か最初はi-stop無かったはず……。

額面通りに燃費が増えるワケない(重さ違うし…)とは思いますし、スズキの最新のマイルドハイブリッドは結構な性能だと思われますので、一世代前でかつそれなりに重そうなソリオあたりを参考値にしてみますと、

マイルドハイブリッド無し(G)→24.8km/L

マイルドハイブリッド搭載(HYBRID MX)→27.8km/L

というわけで、その差”3km/L”と、「ボチボチ」ぐらいかな(^^;
重いといってもソリオも1t切ってますので、あんまり参考にはならなさそうだなぁ……。

まあ10km/Lぐらい燃費が上がれば、夢の30km/L越えも叶うかもしれませんが、さすがにムチャでしょうかw

って言っても、マツダは多分JC08燃費なんて欠片も追ってないんでしょうけどね(*´ω`*)
そしてここまで数字を出しておいて何ですが、私も全然興味ありませんw

でも、ガソリンエンジン主体のマツダが世間をあっと驚かせる数字を出してくれれば、それはそれでロマンですよね♪

そして発表は「秋」、つまり東モですか?

いいえフランクフルトです、なんて殺生なことは言わないで欲しいものですw
ただまあ需要から考えると欧州発表もないとは言い難い。
セダンが一番売れそうなのはアメリカですけど。

RX-VISIONの「それっぽい」やつが展示されるかどうかはわかりませんが、とにかくも第二世代SKYACTIVが楽しみ過ぎますねww
なんせRX-VISIONというのは「決して叶わない美しい嘘(ユメ、と読む)のカタチ」ですが、第二世代SKYACTIVは我々の生活に舞い降りた天使となると信じて疑っておりませぬので!

いや、もちろんRX-VISIONの「次」も待ってるよッ!((((oノ´3`)ノ

そしてマツダ様、MTは存続させて頂かないとダメですゼィ。
これはCX-8にも言えることですが、MTの廃止は自らの首を絞めるだけですゼィ?(´・ω・`)
MTに乗る機会を与えて頂けるのであれば、CX-8も検討させて頂きますので……m(_ _)m

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA