車を買うときの理由をこじづけるw ~1年20万円理論~

さて、多くの場合、車を買うときの最大のネックになるものが「お嫁さん」です(笑)

あ、もちろん、金銭事情などなどはありますよw

それはそれとして、たいていの場合は奥さんからの猛反発を食らうことは必死です。
今後は連載企画として、この「奥さんを説得するための方法」を研究していきたいと思います。

第一回の今日は、「1年20万理論」というセトシンがRX-8を購入する際に編み出した理論です♪

……もちろん、この連載を読んで奥さんの説得に失敗した場合でも、責任は負いかねますw

スポンサーリンク
レクタングル大

基本的な考え方は、元が取れたか

そもそもとして、今乗ってる車はいくらで買ったでしょう?

今下取りに出したら、いくらになるでしょう?

200万円で新車で買って、売値が50万なら、その差額は150万円です。

では、もし10年間乗っていたとしたらどうでしょう?

4回車検を通していて、次の車検まであと一年という状態ですね。1回の車検で、プラス10万とすると、

買値200万 - 売値50万 + 車検40万 = 190万

ここで、1年あたりで考えてみましょう。
10年で190万、つまり1年では19万円ということになります。

これが安いかどうかは、ひとまず置いておきましょう……。

重要なのは、ココです。


200万円の車を10年乗れば、上々じゃないですか?

つまり、車というのは、「1年乗るのにだいたい20万円」かかるものなんです。

そして、「1年乗るのに20万円」かけたら、それは充分乗ったんです。元が取れたんです。

…もちろん詭弁ですが、中古車戦法に有効

そうですねー詭弁ですねー(笑)

ですが、「200万の車を10年乗った例」を挙げれば、結構説得力はあると思います。

中古車を買ったときには、この考え方が役に立ちます。
例を見てみましょう♪

事例1:我が愛車、RX-8の場合

僕が買ったRX-8は総額60万でした。
つまり、車検を2回受けると考えても4年乗れば元が取れることになります。
言い換えれば、4年で乗り換えることができるのですw

……いや、乗り換えたりしませんけどね(笑)
あれは壊れるまで乗り続けたいですから♪

事例2:我が前の愛車、スバルR2の場合

また、RX-8を買うかどうかで散々悩んだときにも、この考え方にお世話になっています♪

RX-8の前の車、スバルのR2は40万せずに買っています。
下取り価格を査定してもらうと、なんと20万でした。

まだまだ2年しか乗っていないし、2万kmしか走っていないR2……買い換えるのは悩みどころでした。

でも、1年あたり10万……ワオ!!(゜Д゜)
ここが手放しどきだと思ったわけです!!w

さあどうでしょう?

結構有効な作戦だと思いませんか?(笑)
中古車を乗り継いでいる皆さんには、是非この作戦をご一考ください♪w

もちろん、乗り換えたいだけの車を見つけられれば…の話です。
一番いいのは、今乗っている車をずっとずっと…壊れるまで大切に乗ってあげることですから(^.^)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA