カッコいいファミリーカーの選び方!100万円で買う中古車おすすめランキング!後編【2015年版】

さてさて、前回に引き続いて100万円で買える中古車というテーマで、オススメを紹介していきます。

当ブログが独断と偏見で選ぶ100万円中古車ランキング。
今回はいよいよ1位2位の発表です……はたして栄冠をつかむのはっ!?

※2017年版公開中です。コチラまで!

スポンサーリンク
レクタングル大

第2位 RX-8(マツダ)

RX-8

当ブログ初公開! 我が愛車、RX-8の画像(実物)です!!w
綺麗な青がとんでもなく美しいでしょ!!?www

さて、2位にあげたのは我が愛車、マツダRX-8です。
正直、「え? これがファミリーカー?」というイメージをお持ちの方は多いと思います。
見た目的にはほぼクーペモデルで、車高も低く、乗車定員も4人とても家族を乗せることはできないのではないか…?
……それこそ誤解です。
RX-8という車は、マツダがファミリー層のために創り上げたまごうことなきファミリーカーなのです!
(実際にはフォードとの兼ね合いで色々あったみたいですw)

まずこの車、ぱっと見からは誤解されますが2ドアではなく4ドアです。

RX-8ドア(観音開き)

こんな感じ。
いわゆる観音開き。変わった開き方をする面白いドアなのです。

そして後部座席の足下空間も結構広いです。
そんじょそこらのコンパクトカーには負けません。
頭上空間は広くはありませんが、そもそも着座位置が低いのでそれほど気になりません。

乗車定員4人なのは、中央にでかいシャフトが通っているFR特有の室内レイアウトのためです。
ただ、車を二分するそのシャフト上に普通にひじかけ&ドリンクホルダーとしての設備が整っていることを考えれば、別に問題なし。
どうせ5人乗りの車でも、「5人目は緊急用」でしかないのです。
4人のスペースはきちんと確保されているので、5人目を問題にする必要はそれほど高くないでしょう。
はっきり言って、ファミリーカーとして全く問題なし、の次元です。

そんなRX-8ですが、やはりファミリーカーとして見たときには弱点があります。

第一に、ガソリンがハイオクであること。
もちろん、レギュラーでも大丈夫なんですが、せっかくのロータリーエンジン搭載車…ハイオクで楽しみたいよなぁ(´д`A;;

そして第二に、ドアの形状から来る後部座席への入りにくさです。
普段は何ということはないんですが、隣に車が止まっているとこの後部座席のドアは非常に開きにくい…w
先に前のドアを開かなければいけないので……先に前ドアを少し開けて→後ろ開けて→前を閉めて乗り込む…という技が必要になります(汗)

ただ、中古市場で見ると断然狙い目。
初期モデル、平成20年あたりまでの車体ならば、100万円でそれなりに状態の良い車が狙えます。
平成18~19年で走行3万~4万、コストとのバランスが優れた狙い所はそのあたりでしょう。
注目は、この車はMT(ミッション)車がそれほど値上がりしていない点
MT車でも、100万円あれば上質なタマを狙うことができます!!

この車、運転するの超楽しいです……。
ロータリーは低速ではのびない(ターボないから)のですが、高回転ではよく回りますし、車本体の取り回しのしやすさ、操作性の良さ……極上です。
「あー、マツダが魂込めて創ってるんだなぁ(´д`)」というのを感じることができます。

第1位 クラウン(トヨタ)

クラウン(ゼロクラウン)
出展元:wikipediaより

当サイト独断と偏見ランキング、至高の第一位っ!!
それは終わりと始まりを兼ね備えた再生の一台です!!

クラウン…いいや、ゼロ・クラウン!!
「かつてゴールだったクルマが、いまスタートになる」という強烈なキャッチフレーズとともに登場した、新世代クラウンの旗頭です!

「はあ? クラウンかよ? ありえねー興ざめだよ(・∀・)」
……そうおっしゃりたい方の気持ちもわかります。
自分も普通だったら、この車を1位に持ってきたりしません。

ですが、今この時期はゼロ・クラウンを購入するには完璧過ぎるタイミングが訪れているのです!!
ゼロ・クラウンも既に先々代モデル…。それだけ中古市場では値が下がっています。
とは言っても未だ10年も落ちません。安心のトヨタ、信頼のクラウンならば、15年15万キロは余裕で目指せるはず…。
100万円という限られた予算であっても、平成16~19年式の間で走行5万~6万km代の車が確かに存在します。
つまり、至高のゼロ・クラウンに……現実的な選択肢として乗ることができる可能性が浮上しているわけです。
(それでも価格は、ここまで紹介した他の車種に比べて割高です。トヨタディーラーと連携して、下取り車を押さえる動きが大切です)

ファミリーカーとして見れば、もちろん室内空間は最高です。
内装の充実感は、他の量販車種とは一線を画する出来映え…これぞクラウンです!
それでいて、ゼロ・クラウンの洗練されたスタイリングは今までの「クラウン=ヤンキーorおっさん」のイメージを覆してあまりあります…。
ゼロクラウンでシャコタン?エアロがちがち? …全然似合わないよね!!
ドライビングの安定感や安心感は抜群で、日本を代表する高級車の力に、何ら嘘偽りはありません。

唯一の難点はガソリンでしょうか…。
この頃のクラウンは当然ハイオク指定のV6エンジンです。
もちろんレギュラーでも動きますが、本来のスペックを引き出すにはやはりハイオクが求められてしまいます(´д`A;;そこはまあ…クラウンですから、仕方ない必要経費だと割り切るしかないですね(汗)

国産最高峰のプレミアムセダン…その変革を果たした歴史的モデルです。
あなたの車の候補として、是非検討リストに加えてみて下さい♪(^_^)/

以上、当ブログが独断と偏見で選んだ、予算100万円で買えるファミリーカー選び大特集でした!!
今回ご紹介できなかった車の中にも…V36スカイライン(MC前)、マークX(先代)、アテンザ(先代)、アコードなど、様々な良い車があり……ちょっとやり残した感が、もっと紹介したい感は半端ないのですが……2015年版として私がオススメするのはこの5台です!!
是非皆さんの車選びの参考にして見て下さい!!

中古車の値引きは厳しいが…別の策も?

ちなみに中古車販売だって、値引きや買取査定の活用でお得な条件で車を購入することができます。

…………が、新車ほど効果的ではありません。
中古車は値引きしてくれないし、下取り査定はそもそも「次を買う店」で売るほうがお得な場合も多いです。

そんな中古車の購入で、購入費用を抑える作戦はあるのか?
特集でまとめてみましたので、良かったらみてみて下さい(*^-^*)

→忘れてはいけない中古車のお得な買い方!重要テクニック3選!

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA