どうしてもスライドドアや3列シートが必要なあなたへ…。予算50万で激安ファミリーカー選び!!

はぁーどうしてもスライドドアに乗らなきゃ行けない。

乗りたくなんてないけど、子育てを考えるとスライドドアがいいって言われるんだもん。
しかも絶対に3列シートがいいって、妻にはずっと言われるし……。

仕方ないなぁ…フ●ードとかノ●とかセ●ナとか買いにディーラー行こうかなぁ……。

……なあんて、思ってる人。|д゚)

ちょっと待って下さい!

「仕方なくスライドドアを選ぶ」のに、新車を買うんですか?
スライドドアが好きで、広い室内空間を豪華な自室みたいに考えるのが好きで、それでスライドドアを買うなら止めません。
ですが、仕方なく買う…そんな趣味でもない車に、数百万円もかけるんですか?
妥協点の果てに行き着いた車のためにローンを組んで、月収の何ヶ月分ものお金を払うんですか……?|д゚)

そんな場合は、「中古で激安車種を狙う」という方向を、是非一度検討してみて下さい!!
世の中には、中古市場でなら50万程度で買える状態の良い車がいくらでもあるんです!!

今回はそんな「どうしてもスライドドア&3列シートが必要」なあなたのために、激安スライドドア・3列シート搭載の、50万円で買う激安中古車ランキングを公開したいと思います。
※ちなみに、50万は本体価格とお考え下さいm(_ _)m

スポンサーリンク
レクタングル大

第3位 シエンタ(トヨタ)

シエンタ
出展元:トヨタホームページより

5ナンバーサイズで取り回しのいい、パパというよりむしろママのためのファミリーカーです。
とにかく操作性が抜群で、日本で使う上での使い勝手は最強、他のどの車種と競合しても「ジャストサイズ」感で負けることはありません。
ルックスも女性的で、内装もなかなかおしゃれ♪
そのサイズ感故に、3列シートの居住性は低い(緊急用、もしくは子供専用)ですが、燃費性能を含めた使い勝手を考えれば最高の一台でしょう。

このシエンタ、中古市場では激安です。
5年落ちで5万km未満の車が、普通に50万円程度の車両価格で存在します。アンビリーバボー!
もちろん、安さの秘訣はトヨタディーラーで確実に下取り車を押さえることが大切ですよ♪

第2位 ラフェスタ(NISSAN)

ラフェスタ
出展元:wikipediaより

知る人ぞ知るミニバン、ラフェスタ。
リバティの後継車種…といっても、わかる人は余計に少ないかもしれませんw

「開放感をシフトする」が謳い文句のこのラフェスタ。
室内空間の使い方は今回ご紹介する車種の中ではトップレベルで、特に3列目シートの居住性では抜きんでています。
パラノミック・ルーフと呼ばれる大型サンルーフを前期モデルは標準装備、後期モデルもオプションで装備していて、謳い文句に陰りナシ、というところでしょうか。

サイズとしてはやはりコンパクト5ナンバーのミニバン。
ただしシエンタより全長があるため、少しだけ取り回しが難しくなっている感があります。
その分、室内空間は広いので、どちらを取るかはお好みになると思われます。

一方でドライビングの楽しさ的にはシエンタを上回ります。
理由はエンジン、こちらは2Lエンジンを搭載しているのでシエンタとはパワーが違い、ゆとりのある運転ができます。
この車なら、3列目シートの使い勝手の良さもあいまって、「よく家族全員で遠出するんだ」というニーズにもある程度耐えうるでしょう。

ま、最大の難点はエクステリアですかね。( *´艸`)
いわゆる箱型。フロントマスクはそう悪くありませんが、全体としてのシルエットはかなり箱です。
それもこれも、すべては室内空間のため……そう、時代が謳う室内空間至上主義ってやつですw
妥協できるかどうか、そこが最大のポイントです(´・ω・`A;;

これも車両価格として50万なら良好なタマが狙えます。
もう少し予算を出せれば、5年落ち以内5万km未満…あわよくば10年乗れるクラスの超優良車両にも手が届くでしょう。
家族が増えても小揺るぎしない居住性の高さは優れものなので、もうちょっと頑張ってみるのもアリかもしれません!

あまり知名度のない車ですが、中古車としてはオススメの一台♪
ただ、販売された絶対数が少ないので狙った価格&装備の中古車を探すのは我慢が必要かもしれません。。。
ちなみに現行モデルはマツダプレマシーのOEMになっているので、実質先代が最終型です(^^;

第1位 プレマシー(マツダ)

先代プレマシー
出展元:wikipediaより

後部座席にスライドドアを備えた3列シート。
ただしお値段控えめ…つまりそれほど上位グレードでないミニバン・トールワゴン…。

そう考えれば、実績知名度価格性能、そのすべてにおいてプレマシーに勝るものはないでしょう。
狙い目となる先代モデルから採用された後部座席スライドドアが、この車の高いオリジナリティです。
見た目上、ライバルはストリーム(今ならジェイド?)クラスの「スポーティな小型ミニバン」になるのですが、他のクラスにはないスライドドアという絶対的な武器が光ります。
スライドドアを装備してもなお、可能な限り流線型にデザインされたエクステリアがまた、マツダの苦悩を感じさせる……(^^A;

実質的にクラスに敵なしと言える状態は新車市場でも続いており、マツダの営業さん曰く「プレマシーを言われるお客さんはオイシイですね」とのことw
まあ実際、スライドドア+スポーティな小型ミニバンの個性は市場で類を見ず、ライバル不在の状態と言えるかもしれません。
このグレード・サイズでメインのファミリーカーを買う人はプレマシー、ママ用セカンドカーを買う人はシエンタ……そんな切り分けができるでしょう。

3列目シートの使い勝手はシエンタとラフェスタの中間程度、…よりはシエンタより? といったところ。
これに関しては、やはり緊急用またはお子様用と思っておく方がいいでしょう……。

どちらかといえば、フォーカスしたいのはマツダ車ならではのドライビング性能でしょうか。
他に紹介した車種とは違い、可能な限り走りが意識されているのもこの車のポイント。
もちろん捨てている面は多くありますが、このランキングのスライドドア搭載車の中ではやはりエクステリアからして格段にスポーティです。

人気モデルのため市場に流通している数も多く、良質の中古車を無数に在庫から選ぶことができるのも大きな魅力。
50万の価格で本当に好条件の車両がゴロゴロあります。
リアルに50万で、「この先5~10年乗れる車」として入手できるクラスを入手できる可能性が高い、本当にお得な中古車です。
3列シート・スライドドアのファミリーカーを求めている人は、是非ご検討下さい。

……余談ですが、来年あたりプレマシーは新世代マツダカーに生まれ変わるかもしれませんね♪

3列シートかつスライドドア搭載車を50万で狙うための考え方

基本的には、5ナンバーサイズのスライドドア&3列シートのコンパクトカーをオススメしてきました。

まあ家族がどうしても3列シートでスライドドアと言えば、それは仕方がないですよね(^^;

必要ならば、パパは中古でセカンドカーを買いましょう。
もう数年したらアルトターボRSでもコペンでも中古市場で維持費の安い軽のスポーツモデルがセレクトできるようになりますから、そこを待つのです!!w

ただ、「家族が多すぎてもっと大きい車じゃないとダメだ」「3列シートにも大人が乗れなきゃダメだ」という方は、このレベルの車種はあまりオススメしません。
もっと大きな、ハイグレードの車を狙うべきです。
3列シートの使い勝手も、乗り心地も質感も、何もかもが違います。

ですが、本当にそんな大型車種が必要か、考えてみて下さいね( `ー´)ノ
家族みんなで遠出する機会って…そんなにありますか?
いざというときのはレンタカーではダメですか?

もちろん、「室内空間の大きな車が全力で好き!」という方には、もっと予算を高めて購入候補を考えるのもアリだと思います♪
あくまで「仕方なくスライドドア&3列シートを買う」方への、私なりの提案です(^_^)/

ちなみにここで挙げた車を可能な限り高品質で、低価格で購入するためには、やはり「下取り車」&「条件にマッチした車両を探す」ことが大切です。

ここで結構使えるのが、「ズバット車販売」というサービス。
これは申し込んでおけばかの有名なガリバーが勝手に自社の買取在庫から条件を満たす車を探してくれるという、中々うれしいサービスです。
登録無料なので、自分の足で車を探す傍らで申し込んでおくのも手です♪

※ただし、買取在庫だけでなくガリバーはオークション車も探してくれます。
この場合、あまり安くならない可能性があるので、注意が必要です。
購入の際は、各ディーラーの下取りモデルと価格を比較してみましょう!

⇒「ズバット車販売」のページへ

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA