忘れてはいけない中古車のお得な買い方!重要テクニック3選!

車購入

中古車を選ぶ人の理由は様々です。
予算的な都合が効きやすかったり、今販売されていない好きだった車種やモデルを選択できたりと、中古車にはたくさんのメリットがあって、新車選びにはない楽しさがありますよね♪

ただ、中古車というのは一般に「値引きが難しい」と言われます。
新車のように「○○万円引いてもらう!」とか「××をオプションにつけてもらう!」と言った交渉は、確かに中古車のほうが難しいです。

では、中古車を安く買う方法はないのか?

販売価格で買うしかないのでしょうか??

結論から言えば、それはYesでもありNoでもあります。

ただ、お得な買い方というのは確かに存在するのです。
そしてそれは別に、複雑な知識やテクニックを要求されるようなものではありません。
少しやり方を変えるだけで、数十万円レベルでお得になることもあります。

そこで今回は、中古車を可能な限りお得に買う方法をご紹介していきます。

チェック!ライバル車との価格競争は簡潔明瞭に!

商談成立!

ライバルとなる車と価格競争して値引きを引き出す。
これは新車だろうが中古車だろうが同じです。

ただし、中古車は新車より販売価格が安いため、値下げの幅は小さいです。
元の車両販売価格にもよりますが、値引き額はせいぜい5~10万程度と考えておいたほうが無難でしょう。

また、中古車で難しいのが、車両の状態が均一ではないということです。
車両の状態が違えば同じような価格にはなりません。
モデルはもちろん、年式や走行距離、装備などの条件も極力似通ったものを探す必要があります。(これについては、Goo-netやカーセンサーなど、ネットを参考にした方が良いです)

値下げ交渉の重要性と必殺技

結論から言えば、この値引き交渉に時間をかける必要性はあまり高くないです。
その理由は、「値下げ幅が小さい」から。
時間を取っても結局、値引きしてくれる額はたいした額になりません。
営業を手玉に取るのが趣味という方以外は、簡潔明瞭にすませましょう(笑)

このときは一言、販売店にこう言って下さい。

「○○店の××万より安くしてくれたら買います!!」

つばぜり合いのような交渉もできなくはないですが、この方法が一番シンプルで楽です!

それでもダメなら最低限を…

値下げ交渉の成否にかかわらず、以下の内容は新品に交換してもらいましょう。

  • エンジンオイル(エレメント含)
  • バッテリー
  • タイヤ(可能であれば)

誰でも知っている、車の消耗品トップ3。
ということは、それだけ消耗率が高い部品たちです。

タイヤは高いので断られるかもしませんが、他の2つは断られることはまずありません。
特にバッテリーは、交換となれば結構痛い(車によっては数万飛びますw)ので、確実に買えてもらいましょう。

チェック!愛車は一括見積もりで確実に手放す

一括見積もり

一括見積もりをするかどうかで、愛車の販売価格には確実に差が出ます。
ネット界隈のいろんなところで一括見積もりは激賞されてますが、それは本当に違いがあるからです。

差が出るか出ないかは、売る車種や車両状態等、様々な要因によりますが、肝心なのは

「自分の車の適正価格を知る」

という点です。
次の車を購入する先を売り先にすると決めてかかっていると、自分の車の本当の価値がわかりません。

他にも、査定額は販売会社の在庫状況等によって変動することもあります。
必ず一括査定を一度は使って、売り先を決めるようにしましょう。

→愛車の見積もりについてはこちらのページで特集しています。

※ただし、中古車の場合は中古車販売店そのものが買取に積極的です。
新車の場合と異なり、「車を買う店」を売り先の第一候補と考えた上で、他社の査定額を調べるのがベストでしょう。

チェック!下取り車を狙ってコストを抑えよう!

下取り車

意外にネットで語られることが少ない(と思う)話ですが……。

中古車を買う際には、可能な限り下取り車を探すようにして下さい。
これは結構お値段が違います。
ていうか店頭に並んでる時点で販売価格が違います。

下取り車とは、

「前のユーザから買い取って、お店がそのまま販売している車」

で、非常にお得です。

販売店からすれば、買った車をそのまま販売しているだけなので、余計な諸経費(手数料や陸送費)が一切かかっていません。
そのため、販売価格も他車に比べて明確な差が出ます。
10~20万の差がつく可能性もあります。

それ以外にも様々なメリットがあり、下取り車は「よいことづくめ」の車です。

point:下取り車のメリット
①販売側の諸経費が抑えられるため、低価格で販売している
②販売側がユーザから直接仕入れているため、車両の状態がわかりやすい
③販売側が「自分の店で売れる」と判断した品質である

下取り車以外の車って?

下取り車はお店が自分で買った車ですが、それ以外にも中古車業界には「オークション」というものがあります。
これは「どこか別の誰かが買った車」を、中古車販売店が又買いして仕入れてくる車です。
入札手数料や陸送費等がかかり、下取り車より割高になります。
一般的な中古車は、このオークションで仕入れた中古車が多いです。

そうは言っても、下取り車ってどうやって探すの?

では、下取り車は具体的にどうやって探すのでしょう?
最大のポイントは、ただ一点。

「早めに準備する」

……これに尽きます。

下取り車を押さえることができるのは、

  • トヨタ、日産などのディーラー
  • 大型の中古車販売店

に絞られてきます。
小さいお店は、そもそも車を売りに来るお客さんの数が少ないので、自分の欲しい条件の中古車が手に入らない可能性が高いです。
(万が一、手に入れてみせると豪語するお店がいれば、それは下取り車ではなく、オークションで仕入れた車かもしれません。買取ネットワークを持っている店は別ですが。)

こういった販売店の担当者に、「○○万ぐらいの××の下取り車を探して欲しい!」と頼んでおくのです!

人気下取り車を確実に押さえるために…

より具体的には、以下の2つの作戦を並行して行うことをお勧めします。

作戦1:欲しい車のディーラー(例:ワゴンRが欲しいならスズキのディーラー)に欲しい中古車を探してもらう。

作戦2:その一方で、ズバット車販売で欲しい車を先行調査する

作戦1は王道ですが、作戦2については、

「ズバット車販売って何やねん!?(・ω・)」

……となると思いますので、説明します(笑)

「ズバット車販売」は、ガリバーによる中古車探しサービスです。

最大の特徴は、やはりガリバーの圧倒的な買取ネットワークから車を探してくれる点です。
ガリバーは買取最大手とも言うべき大企業なので、下取り車を探す上で非常に有利です。
もちろん、ガリバーという大企業が担保してくれる長期保証等もなかなかに魅力的でしょう。

なので、中古車をお探しなら、「とりあえず」登録しておくことをお勧めします。
自分がゆっくり車を探している間に、非公開車両の情報も含めて、常に中古車の物流を監視してくれますので、間違いがありません。
出てきた車を買う必要があるわけでもなく、価格やサービスの参考にもなります。

注意点としては、何も言わなければオークション車も探してくる点です。
なので、探してきた車がオークション車であれば、「下取り車の価格で買えるものを探しています」とはっきり答えるか、そもそも下取り車だけ探していることを明言しておいて下さい。

とにかく、「売られた車を他人より早く探し出せるか」が中古車購入の肝です。
そういう意味で、かなり強力なサービスなので、是非利用してみて下さい。

→「ズバット車販売 中古車無料お探しサービス」の詳細はこちら!