「良い車を安く買う」ための真実~大切なことはたった一つ~

車の営業さん

最近の新車販売は営業さんが手強くなってきている印象があります。
たいていの営業さんは正価販売を原則としていて、車本体の大きな値引きは難しくなってきているのが現実です。

しかし、そうは言ってもディーラーに言われるがままで車を買っていては確実に損。
やり方次第で数十万の差が出る金額の大きな買い物だけに、「正しい得の仕方」をしっかりと抑えておきたいところです。

このページでは、「どうやって良い車を安く買うか」をご紹介していきたいと思います。

チェック!ライバル車との価格競争はほどほどに…

価格競争の相見積もり

良く言われる方法として。

狙っている車と、同じような価格帯・機能性の別メーカーの車とで価格競争させて、値引きを引き出すというやり方があります。
見積もりの際に、「○○とどちらにしようか悩んでる…」という話を出して、少しでも条件を良くしてもらうという作戦ですね。

正味な話ですが、これが通用するかどうかは本当に車種によります。

「自動ブレーキの性能が優れている車」とか「すごく燃費の良い新型車」などは、この方法に不向きです。
人気のある車は営業さんも強気なので、基本的に値引き交渉には応じてくれません。

同様に、最近は正価販売を推し進めるメーカーが増えました。
例えばマツダはほとんど値引きに応じてくれませんし、トヨタのレクサスに至ってはけんもほろろ…「じゃあうちの車買うなよ」的なオーラを出してきます(笑)
海外メーカーも、基本的には値引きに渋いメーカーだと言われています。

なので結論としては、

良い車を買うためには、値引きは通用しない

と考えるのがいいでしょう。

次の型が出る直前の古いモデル、または人気のない車なら値引き交渉は有用ですが、新型車・人気車には通用しないと思っていて下さい。

ただ、一点追記するとすれば、オプション品は値引きしてもらいやすいです。
ボディーコートや外品ナビといったオプションに対しては、積極的に「オマケしてよ♪」と言ってみても良いかもしれません。

※ただ、値引き交渉はあまり強引に推し進めると、購入後の営業さんの態度がシワくなる危険性があるので、気をつけて下さいね(^^;

チェック!特売イベントってホントはどうなの?

カーナビ等

よく入ってくる広告に

ナビ等のオプション5万円分OFF!

みたいなのがありますが、これは本当にお得なのでしょうか?

結論を言うなら、あまり期待しない方がいいです。

もちろん、利用できるものは利用すればよいと思います。
ただ、意中の車を買うのに、セールを待つ必要はありません。

理由は、上述の価格競争と同じです。

売れない車を売るために、特売やナビ無料セールをやるのです。
メーカーが自信を持っている「良い車」には中々セールが行われません。

チェック!「良い車を安く買う」ための結論とは…?

車たち

それでは結局、どうすればいいのでしょう。
値引きが期待できない「良い車」は、高い値段で購入するしかないのでしょうか?

その結論は、「YES」です。

メーカーが自信を持って薦めてくれる「良い車」は、ほとんどの場合正価に近い金額で買うしかありません。
高い値段を払う価値があるからこそ、「良い車」なのです。
値引きの余地は非常に少ないと言わざるをえません。

…………が。

唯一、「良い車を安く買う」ために、購入者側が出来ることがあります。

発想を切り替えるべきでしょう。

新車を値引きすることができないのなら、作戦はもはや一つしかありません。
勝てない部分で頑張らずに、勝てる部分で勝負するのです。

ではその、我々購入者が「勝てる部分」とは何なのか……?

それは…………

「現在の愛車を高く売ること」

これしかありません。

この方法こそ、我々が本当に「良い車」を買うために、欠かすことのできない必殺技なのです‼

現在の愛車の本当の値段を知ろう!

下取り査定先ず大前提として、次の車を購入するお店で、現在の車を売ってはいけません。

これには3つ理由があります。

1つは、基本的に新車販売ディーラーは中古車買取に力を入れていません。そのため査定金額も低くなります。

2つ目は、そもそも「自分の車の適正価格がわからない」という点です。
車買取査定での金額は、相場より安く出されることが多いのですが、その金額が妥当がかどうかが判断できません。

3つ目はもっとも大きな理由ですが、車買取査定こそ複数会社に競合させるべきだからです。
複数見積もりを使っても、車の購入金額を下げることは至難の技です。
ですが、車の売却金額を上げることは、はるかに難易度が下がります。
「○○社さんは50万で買ってくれると言っています」の一言で、買取金額が55万、60万へと膨れ上がることになるのです。

従って、愛車を売る際には、

複数の中古車買取業者に査定してもらう

のがもっとも重要になってきます。
そして、このときにもっとも効果的なのが、ネット上での「一括査定サービス」です。

一括査定サービスとは?

このサービスは、複数の車買取会社に見積もり依頼を出してくれるサービスです。
複数の車買取業者に同時に見積もりを依頼することで、自分の車の適正価格を知ることができ、最高値で買ってくれる業者もわかるのです。

買取査定

流れを簡単に図にしてみましたので、ご参考ください。
ポイントは、

  • 一気に多数の業者に申し込めるため、手間いらず
  • 買取業者についての知識が必要ない
  • 信頼できる買取業者に申し込める(査定サイトと契約した業者になるため)

という点でしょう。

一括査定サイトのお勧めランキング!!

とはいえ、一括査定サイトはたくさんのサイトが存在するので、慣れない方はどのサイトに申し込めばよいか悩むかもしれません。

ここでは、安心して申し込める一括査定サイトをおすすめ順にランキングしてみました。

正直、各サービスごとに大きな差があるわけではありません。
ただ、若干特徴に差があったりするので、好みで選びましょう。

第一位ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

  • 提携業者数 :171社(2015/10/1現在)
  • 入力時間  :約1分
  • 入力の簡易さ:☆☆☆☆
  • 電話サポート:有
  • 利用料金  :完全無料

<管理人の見積もり業者数(※):5社>

提携業者の数も多く、実績も抜群と、安心して使えるサービスです。
サイトの作りも丁寧かつ綺麗で、入力は詳細(グレードなど)を省けるので簡単に終わらせることができます。

提携会社の数は多いので査定先に困ることはほぼありません。
また、住所や車種などから、ズバット側で自動で最大10社までに絞り込んで査定を申し込んでくれますので、

「えっ!?170社超える会社と見積もりのやり取りするの!?Σ( ゚Д゚)」

という心配もありません(笑)

とにかく使い勝手がよく、一括査定サイトとしてはトータルバランスにもっとも優れたサイトと言えます!

⇒「ズバット車買取比較」のページへ

※管理人の条件(岡山県岡山市、2003年式RX-8、9万km)で、見積もりが可能な業者の数です

第2位一括査定.com

一括査定.com

  • 提携業者数 :70~80社前後(2015/10/1現在)
  • 入力時間  :約50秒
  • 入力の簡易さ:☆☆☆☆☆
  • 電話サポート:有
  • 利用料金  :完全無料

<管理人の見積もり業者数:3社>

最大のポイントは、日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイトであるということでしょう。
それほど有名な団体ではありませんが、中古自動車の円滑な流通を目的とした非営利団体で、大手中古車販売メーカーを中心に50を超える会社が加盟しています。
そのため、安心して利用することができます。

電話サポート体制もあり、何といっても入力フォームが非常に簡単です。
必要最低限のみを入力し、あとは個々の業者に見積もってもらえばよいというスタンスなので、排気量やグレードの入力はありません。
入力時はお手軽な反面、あとで各業者から質問を受ける形になりますので、わかる人は事前に入力しておきたいというのが本音でしょう(笑)

一方で、「ズバット車買取比較」と比べると提携会社数で劣ります。
管理人の条件では、ヒット件数は3社……やはり「ズバット」と比べると、劣ってしまうポイントです。
これを少ないとみるか、ちょうど良いとみるかでしょう。
個人的には3社ぐらいでも全然ちょうどいいぐらいです(^^;

⇒「一括査定.com」のページへ

第3位楽天オート

楽天オート

  • 提携業者数 :不明
  • 入力時間  :約1分
  • 入力の簡易さ:☆☆☆☆
  • 電話サポート:無
  • 利用料金  :完全無料

<管理人の見積もり業者数:5社>

とにかく楽天ポイントがもらえるのが最大の長所です。
一括査定を申し込むだけで5ポイント。買取が制約すると、申請後に3000ポイントをゲットすることができます♪
……ただ、制約後の3000ポイントは自分で申請する必要があるのが、少し面倒w

普段から楽天を利用される方、ポイントを貯められている方にはお勧めのサービスです。
一方で電話サポートがないので、不安な方は別のサービスを利用した方が良いでしょう。

⇒「楽天オート」のページへ

結論!悩むようなら「ズバット車買取比較」で決まり!

ズバット車買取比較を選ぶ3つの理由

もし今回のこのランキングを見て、「どうしようかなぁ~」と悩まれるようなら、「ズバット車買取比較」を選ばれた方が良いでしょう。
総合的に見て最も安定・安心して使えるサービスであり、かつ今までの実績も確かです。

まあ正直、どれでもそれほど大差はないので、悩むよりはさっくり申し込んで、未来の愛車を探しに行ったほうが楽しいですよ♪w

⇒「ズバット車買取比較」のページへ

車買取