【実録】嫁の車選び!!~第一話 妊婦の車選び編~

妊婦の車選び

今回からは定期連載企画!
【実録】車選びシリーズの第二弾として、私の嫁の車選びエピソードを紹介していこうと思います!!
結婚から半年。嫁が最愛のアクセラと巡り会うまでの物語を、とくとご笑覧あれっ!

べ、別にネタが切れたわけじゃないんだからねっ!?ヾ(゜Д゜)/

スポンサーリンク
レクタングル大

妊娠&車検のタイミング……遂にファミリーカーを購入へ!

プレオ
出展元:goo-netより

これが嫁の当時の愛車、スバルプレオ。
昔ながらのトールワゴンモデルですが、スバルらしく走りにこだわったモデルで、全高も少し低めという点で有名(?)です。

当時嫁はスバルのR2が欲しかったらしいのですが、お父さん(お義父さん)が反対!
中古車販売店にあった中古車の底をのぞき込んで「おえん!錆びとる!」(岡山弁で「ダメ!錆びてる!」)ということで、そこにあった中で一番安い新古車のプレオを買うことになったらしいです(^^;

購入当初は不満があったらしい嫁(R2が良かった)。
でもなんだかんだで長く乗るうち、愛着もできていたみたいです。
ご機嫌なときは「ぷれおタソ」なんて呼びながら、ドライブに出かけていますw
ぬいぐるみで社内もキレイに飾って、朴訥な内装のプレオが女の子~♪な感じにリファインされてました!(笑)

ただ、そんなプレオもまもなく10年選手でした。
短大時代からの愛車なので、年数は当然かさみ。
日々の通勤の足として活躍した成果は、8万kmという走行距離となって残っていました。
車の調子は悪くもないが良くもないといったところで、一時期はATなのにエンストすることもあったらしいです(゜Д゜A;;

そこでやってきた、結婚後初のプレオの車検。
本来ならもう一度車検受けてたんですが、嫁はそのとき妊娠していました。

「これは買い換え時じゃない?」

と言い出したのは私でした。
単純な車のスペックとしてなら、子供が出来て3人での生活になったとしてもプレオで十分です。
室内空間も走行性能も、ぶっちゃけ必要十分です。
では何故、買い換え時なのか。

「もしものときを考えると、メインの移動手段に普通車欲しいよね」

そう、鍵は衝突安全性でした。
もし事故をしたとき、軽では弱い。
子供を乗せる車は、もっと頑丈な車がいい。
それが最大の理由でした。

当時の私はスバルのR2だったため、二台とも軽自動車。
一家に一台は、家族のメインの移動手段として衝突安全性に優れた車が欲しい……。

「普通車、買おうか?」

……そう、遂にファミリーカーを買う時がやってきたのです!

嫁から出た唯一の名前。それは三菱「コルト」!!

今でこそかなりの車好きになった嫁ですが、このときはそれほどでもなく。
ファミリーカーを買うと言っても、具体的な車種についてはイメージはあまりなかったようです。

唯一言っていたのが、三菱「コルト」でした。

コルト
出展元:wikipediaより

確かに、コンパクトカーの中ではレア度が高めで、中古市場でもお値打ち価格。
可能であれば100万程度で済ませたいという思いもあり、とても良い選択肢に思えます。

それにしてもコルトとは、また渋いところを狙ってきたものです。
「何でコルトがいいの?」と聞いてみると、嫁曰く「お尻がプリっとしてて好き」とのこと。

ん……待て待て。

お尻プリっとしてないよコルト……?

…………それってコルトプラスやんけ!?Σ(゜Д゜)

コルトプラス
出展元:価格.comより

というわけでコルトプラスw
コルトの全長を長くして、トランクルームを拡大させた5ナンバーワゴンです。
HONDAでいうフィットシャトルのような車。

フロントはほぼコルトと同じですが、リアビューは全く別物なのがポイントです。
トランクルームの拡充により、サイドビューは鈍重になってしまっていますが、特筆すべきは丸め込まれたリアの形状です。
円形の各種ランプとも相まって、リアの見た目はとても可愛らしく、まさしく「お尻プリン」な車なのです。

ただこのコルトプラス、年式が新しいものは1.3Lモデルしかありません。(コルトも同じく)
昔のなら1.5Lモデルがあるのですが、さすがに1.3Lはパワー不足……。
一家に一台の普通車として考えると、微妙ですね。

誰も乗っていない車がイイ♪リクエストに応えた私の提案は?

せっかくなので、私からも候補を出させてもらうことに。

「友達が乗ってる車はイヤ」

「○○に乗ってるって言って、『あーやっぱり』と思われる車はイヤ」

「普通に女の子が乗るような車はイヤ」

……というのが、我が嫁の希望リクエスト。
なかなか無茶ぶりに見えますが……。

私が候補としてあげたのは、「プジョー207」でした。

プジョー207
出展元:goo-netより

色々言われることのあるエクステリアですが、個性的には違いありません。
私は結構この外観好きで、魚類ライクというよりはむしろ宇宙人ライク。
フロントマスク周りを見れば、より攻撃的になったアクアのような印象でしょうか。(アクアより前ですけど)

インテリアの質感は「さすがプジョー!」というものですし、外車なので希少性もそれなりに高いです。
予算については、コルトに比べればさすがに高くなってしまいますが、まあ中古市場でも狙える一台なので、現実性もあります。

嫁に見せたところ、なかなかのご好評。
とりあえず見に行ってみようということになりました!!

ということで、次回に続きます!!(^_^)/

コルトやプジョー207を探すなら、中古車しかないわけなんですが、「ズバット車販売」というサービスがお手軽で良いです。
申し込んだら勝手に条件に合う車をガリバーが探してくれるので、手間いらず。
探している車があれば、申し込むだけ申し込んでみても良いかもしれません。

⇒「ズバット車販売」はこちら

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大