近所のスズキにアルトターボRSがやってきたよ!~遭遇編~

我が子が熱のため、会社を休んでおうちで子守。
一眠りして起きたら熱も下がっていたので、ぐずる我が子を抱いて近所をお散歩。
すると、そんな中で遭遇してしまいました……

アルトターボRS

アルトターボRS!
遂に我が家のご近所のスズキさんにも試乗車が来たかー! と思いました。

我が子を片腕に抱いたまま、急遽撮影タイムに突入です!!(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大

エクステリア:普通のアルトとの違いは明らか

アルトターボRSと普通アルト(前)

ずずーん。

似ているけどまったくインパクトが違いますね~。
銀縁のメガネ…スポーツメガネとでも言いましょうか…がとても似合ってます。やはりこの車はメガネのセレクト次第でインパクトがかなり変わるんでしょうね。
エアロの赤いラインもスポーツ感をバリバリに演出しています。

アルトターボRSと普通アルト(後)

リアビュー。

実車を見ると、後窓下の銀色のラインがものすごいいい味出してます。
ところどころに煌めく銀と赤がデザインセンスを発散中…スポーツ感ばっちりですね。

余談ですが、この普通アルトのツートンは…どうでしょうね?w

アルトターボRS(サイド)

ちなみにサイドビュー。

この赤ラインが唯一の差別化です(ホイールとミラーもありますが)。
しかし赤というのはマインドをかきたてる色ですね~(^^;

インテリア:赤を散りばめて感性を刺激!

内装はアルトにスポーティーな装飾をほどこした感じ。

アルトターボRSインパネ

ここでも赤のラインがいいですね。本当にスポーツを感じさせてくれます。
赤=R=スポーツなイメージ? GT-RもタイプRも赤です。これってどこが原点なんだろ?

ちなみにタコメーターは左横。
純然たるスポーツグレードならこれが中央でもいいんでしょうが、左横というあたりがこの車の位置づけを表しているようですね。

アルトターボRSシフトノブ

これがシフトノブ。
フロアじゃなくてここについてるのって、スポーツ的には若干違和感がありますね。
まあパドルシフトもあるから、大丈夫なんでしょうけど。

ちなみにトランスミッションは話題のAGS。
MTがないのは痛いですね(^^;

検証!アルトターボRSはファミリーカーたりえるか!?

家族全員を乗せることを想定すれば、軽では小さいという思いはあれども。
そうは言ってもお値段も維持費も軽だと安いし、一家に一台の車として軽自動車を買うという家庭も多いと思います。そもそも論として、ファミリーカーなんて核家族なら4人乗りで基本十分なわけですから。

さて、そこでアルトターボRS。
この車をセカンドカーではなく、一家に一台のファミリーカーとして見るとどうでしょうか?

ポイント1:後部座席の広さは「必要十分」

アルトターボRS後部座席

これが肝心要の後部座席。

正直、内装も外装も基本はアルトなんです。おしゃれの違いはありますけど。
なので、ファミリーカー的性能はアルトそのままです。
「必要十分」、というのがアルトの考え方ですので、後部座席もファミリーカーとしての使い勝手も「必要十分」です。
どちらかというと狭い……ただし極端に不便を感じるほどのものではありません。
一家に一台をアルトにするというのなら、これは妥協できるラインでしょう。

ポイント2:ターボパワーをファミリードライブに

意外に重要なポイントと思われるのは、パワーです。

いくら今時の軽がよく走るとはいえ、基本的にノンターボでは限界があります。
特に新型アルト(普通の)は、軽量化をウリにしているような車なので、家族が4人乗ればその運動性能は極端に低下します。
4人乗りで高速道路を走るのには……正直勇気が必要でしょう。
大きな郊外型の国道に出るのも怯むかもしれません。

そこで、このアルトターボRSです。
アルトではなく、アルトターボRSを選ぶことで、家族を乗せて高速道路を安心して乗れる軽自動車を手に入れることができます。
一家に一台のファミリーカーとしては、結構重要なポイントだったりします。

「もっと大きい車にしようよぉ、ワゴンRとかさぁ」

こう言われたときの理論武装の一つには使えるかもしれませんw
もっとも、ワゴンR等のターボモデル(スティングレー等)はアルトターボRSより更にお値段が張ります。
正直、一家に一台の軽として買うなら、普通車を買われた方が良いかもしれませんw

ポイント3:AGSというのは奥さんに対する究極の妥協点

色々言われているAGSですが……これ、アリだと思いません?

つまり、MTにしちゃうと多くの奥さんはこれを運転できなくなってしまいます。
ですが、CVTとかにされちゃうとツマラナイことこの上なし!!(私はCVT嫌いですw)

そこでAGSです。
「実質AT」だけど「ほぼMT」というこの変速機構は、ファミリーカーとしてのベストチョイスになり得るのではないでしょうか!?
ちなみに乗り味は、シフト制御を自分でするならほぼ「MT」そのものだということ…。
これについては、試乗してみてまた速報させて頂きます!

せっかくいい車を買ったら、奥さんにも乗ってもらって、スポーツドライビングの良さをわかってもらいたいですしね♪

……ちなみに、今日は本当に偶然通りがかっただけなので、試乗も何もしていません。
片手に息子を抱きかかえながらの撮影タイムでしたから、もうウデが重くて痛くて(笑)

ということで、次回機会を見つけて是非試乗に行ってこようと思います!!

⇒試乗編はコチラ♪

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大