【中古車セレクト】デミオ…先代だってスタイリッシュ!1stスカイアクティブの衝撃是にあり!

デミオ中古車
出展元:wikipediaより

マツダに特別でない車などありません。
ありませんが、その上でなお特別な車を上げるとしたら、ロータリーエンジン搭載車とこの「デミオ」でしょう。

それはかつて経営難で倒産寸前まで追い込まれていたマツダを救った一台であり、

コンパクトカーというクラスの概念を革新し続けた一台であり、

初のスカイアクティブ搭載車として、マツダの魂を体現するモデルであるが故の、栄誉なのです。

現行となる4代目モデルが圧倒的な出来映えで話題をさらっていますが、エクステリアの良さと走りの軽快さはこの3代目モデルでも健在です。
むしろ4代目が絶大な人気を誇っている今こそ、3代目は中古市場で狙い目となりつつあるのです!

今回は「DE系」と呼ばれる、そんな3代目モデルについて、ご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

デミオの歴史を変え、マツダの決意を謳った3代目モデル

デミオ3代目前期
出展元:wikipediaより

これっ! これですよ3代目デミオっ!!

2代目までとは全くベツモノのスタイリングはかなりアグレッシブ!
絶賛の嵐を浴びる4代目モデルももちろんいいのですが、すべての原点はこの3代目モデルにあると言っても過言ではありません!!

だって……

デミオ2代目
出展元:wikipediaより

2代目デミオはこれなのです。

それで、3代目は……。

デミオ中古車
出展元:wikipediaより

…………全然違うでしょ!?ヾ(゜Д゜ヾ

このリアにかけてしゅっとカタマリが収束する感じ。
これこそ、マツダのデザインって感じ!
スタイリッシュさでは桁違いに良くなっているんです!

まあ今でこそ考えられないですけど、初代とか二代目とかのデミオというのは、

「運転席もいいけど、後部座席に座りたい(´ω`)」

的なことをCMでタレントが言ってたぐらいです。(確か二代目のハズ…)

今のマツダからすれば考えられん!!!w

それでなくとも、コンパクトカーというのは室内の広さや使い勝手にフォーカスされていた時代です。

3代目で思い切って、先代モデルより室内を狭くしてデザインの向上&軽量化を図ったマツダの決断は、「さすがっ!( ´▽`)」って感じですね♪
4代目に続くデザイン&ドライビング性能重視の流れは、この3代目が生み出したと言っても過言ではないでしょう。

また、居住性一辺倒ではなく、車本来の魅力に立ち返った3代目は専門家たちからの評価も高いです。
「RJCカーオブザイヤー2007」を受賞し、「欧州カーオブザイヤー2007」でも、日本車としてトップの2位に入っています。

ちなみに4代目は、

デミオ

これだけどね。

ちょっとワンレベルさらに上だけどね。
高いからね……(._.)

ちなみに初のスカイアクティブ搭載車!燃費も◎♪

後期モデルからは、今でこそスタンダードとなった「スカイアクティブ」の名前を冠したグレードが登場。
ハイブリッドでも何でもないガソリン車が、リッター30kmを達成したとして大きく話題になりました。

ちなみにこの燃費の数字はミソで、色々とややこしい話でもありますw

3代目スカイアクティブデミオの燃費の数字は、

  • 30.0km/L(10・15モード燃費)
  • 25.0km/L(JC08モード燃費)

です。

「何で二つあるねん!!?Σ(゜Д゜)」

という話ですよねw
私も知りませんでしたww

まあ要するに、「10・15モード燃費」のほうが昔ながらの燃費のはかり方です。
ただ、この方法だと実際に使用する乗り方との差が大きすぎるみたいで、新しい燃費のはかり方が2011年から制定されました。
それが「JC08モード燃費」で、より実際の燃費に近い数字を出そうとした結果です。

ただまあ、「より実際の燃費に近い数字」が出ているかといえば、そんなことはないようですけどw
基本的には「JC08モード燃費」のほうが数字が悪くなる傾向が強いみたいです!

……話が少しそれました(^^;

なので、3代目スカイアクティブデミオの燃費の数字を見るときは、

  • 25.0km/L(JC08モード燃費)

を比較材料として考える方が良いようです。
例えば4代目デミオは1.3Lガソリンモデルで「24.6km/L」ですので、同じJC08で比較すればほぼ遜色ない数字になっています。
ていうか3代目スカイアクティブのほうが燃費が良いww

まあこれは、マツダらしい思いがあっての結果のようですけどね!
燃費を稼ぎたければ稼げたけど、4代目デミオはそういう方向には振っていない…というのが正なのでしょう。

というわけで3代目デミオは、エコカーとしての使い勝手も高いモデルなのです♪

4代目大ヒット中の今が3代目の買い時!?

デミオ3代目インパネ
出展元:カーセンサー

インパネも中々おしゃれ。
というよりは、スポーティーと呼んだほうがしっかり来るかもしれませんね。
ちなみに13Sのグレード。

3代目デミオのデビューは2007年。
そろそろ中古車市場でも脂がのっている頃合いです。

普通の初期型モデルの1.3Lなら、車両価格で30万ぐらいから存在します。
狙い所と考えられる5,6万kmのタマで、車両価格30~40万、総費用で50~60万という激安価格帯が狙えます。
(マツダディーラーの中古車でも、このあたりが行けます。他に激安中古車屋をさらえば、良いタマもあるかも…)

ただ、さすがにスカイアクティブモデルはもう少し高い……。
だいたい80万ぐらいのラインで狙っていく車になりそうです。
スカイアクティブだから高い…という考え方もありますが、まあ年式がどうしても新しいので、仕方ないところでもあります。
もう数年待てば安くなっていくでしょうね。
特に4代目が売れれば売れるほど、3代目は値下がりしていくでしょうから。

ただし、小型化&軽量化の代償として、室内は2代目より狭くなっています。
もちろん、後部座席にしても、大人が座るのに十分な空間は確保されているので、必要十分ではあるのですが……。

更に広い空間を求める人にはデミオではなく、ベリーサをオススメします♪

ちなみにMTは狙い目!非スポーツながらも運転を楽しみたい方に!

補足ですが、3代目デミオは全グレードにMTモデルが設定されているというウレシイ車。
(スカイアクティブはないけどw)

中古車でも当然、MTモデルあります。
流通数は少ないですが、スポーツ走行されている車ではないので状態も良い車両が多いのがミソ。

なので、

  • MTで運転を楽しみたい……だけどファミリーカーじゃないと……
  • 燃費の良い車がいいけど、MTがいいなぁ♪
  • 最初の車だからMTに慣れときたい!!

なんて人たちのニーズにはばっちり応えてくれます!!

本格スポーツを楽しみたい人には向きませんが、MTで毎日の運転を楽しみたいという方には、意外にオススメな一台。

何しろ、先代モデルから100kg以上の軽量化を果たし、スマートにシェイプアップされて運動性を劇的に向上させたモデルなのです。
「人馬一体」と書けば大げさかもしれませんが、マツダらしく運転を楽しめる車であることは疑い在りません。

もちろん、一番いいのは「スポルト」のグレードなんですけど、1.3LモデルでもMTがあるのは、コスト的に制約が強い人にとって、嬉しい気遣いですよね♪

デミオの中古車探しの秘策は…?

デミオのような「人気有」「古くない」といった条件のそろった車を買う……。
これは結構、黄金法則な秘策(?w)があります。

数十万単位でお得になる可能性を秘めた必殺技ですので、是非試してみて下さい!

→詳しくはこちらの中古車購入ガイドをどうぞ!

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大