NISSANの東京モーターショー2015。彼らの「技術」は何処へ向かうのか…?

モーターショーというのは、とても面白い。

マツダが一台のコンセプトモデルで主役に躍り出たかと思えば、TOYOTAもまた魅惑的なスポーツモデルで話題をかっさらってます。
HONDAも虎の子のNSXと水素モデルでガンガン来てるし、各社色とりどりの様相を呈していますね~♪

そして。

私は相変わらず、かつて愛したあの会社のことが気になっています。

スポンサーリンク
レクタングル大

突如明らかになったコンセプトカーは何を指すのか…?

NISSANコンセプトカー2015
出展元:NISSANホームページ

これがNISSANのコンセプトカー。

Vモーショングリルがこの上なく全面に押し出されたデザインは、流線型のフォルムで結構美しい感じ。
スウェイにしてもそうでしたが、NISSANデザインは別に悪くないんですよ。
このコンセプトカーも、なかなか良い感じです!

……感じなのですが。。。

ニュースサイトによれば、「知能化・電動化の将来のビジョン」というのがこのコンセプトカーの概念だそうで。
今わかっている情報というのは、そのぐらいなものだそうで。

そう聞くと、疑念が沸いてこの上ないのが、そのビジョンですよね。

NISSANのビジョンって……果たして何なんでしょう??

ユーザの期待とNISSANの目指す未来に感じるズレ

そもそも最近甚だしく感じることなんですが、何かNISSANが目指している技術って、ズレてません??

NISSANの描いている未来技術って、多分「自動運転」と「電気自動車」ってことなんでしょうけど。

それでも、ファンが求めているものは、そこではないんじゃないでしょうか。

確かに、「自動運転」や「電気自動車」はモノになればお金になるんでしょうけどね。

……彼らにはトキメキが足りない!!

多分、世間一般の大勢の人的には、NISSANだろーがTOYOTAだろーがMAZDAだろーがどうでもいいことなんでしょうけど。
でもNISSANは、やっぱりズレてるんですよ。
ハートを感じない、車好きの集合体が会社してるって感じじゃないんですよね。

TOYOTAやマツダが賢明に

「若者たちの車離れを止めよう! そのために魅力的な車を創ろう!ヾ(゜Д゜)」

としている傍らで、NISSANは、

「一般人車に興味なくね? 興味あるところで売れるようにするしかなくね?(´ω`)」

というような達観が多分に感じられるのデスYO……。

個人的に今回のモーターショーでも、その感じはすごく強く受けてて……。

例えば、

TEATRO for DAYZ
出展元:NISSANホームページ

コレね。
「テアトロ for デイズ」ってヤツですが。

このNISSANのコンセプトカーですが、何か解説文に「仲間とシェア」とか「Share Nativesの自由な発想と創造力」とか、その辺がなんかもうダメw
そういう今時のSNS的な発想が多分にあるのが何か……「変なおっさんが昨今のネット文化に触発されてます」的なイメージがあるんですよねww

何だかなぁ……。
次のモーターショーで出てくるめっさ派手なスポーツモデルは……もしかしたらGT-Rかもしれないですから、まあいいんですけど。(その割りには盛り上がってないですけど…w)
グリップスとかいう謎のSUVは次期ジュークだとしてもちょーっと勘弁して欲しい(特に次期Zには絶対に関係して欲しくないw)ですし。

スウェイとか、デザインがダメな会社ってわけじゃないんだけど……。

かつて最愛だった会社なので、何とか頑張って欲しいんですけどね……。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大