遂に公開されたS-FR!でも…意外に騒がれない?市販化のためにも盛り上がらねば!!

S-FR
出展元:TOYOTAホームページ

東京モーターショーにて、ついに公開されましたトヨタのS-FR!!
多くの人が待ち望んでいた、待望のライトウェイトFRスポーツ!
たくさんの人にとって、スポーツカーのエントリーモデルとなりうる、トヨタ純正のサラブレッドが、遂にヴェールを脱いだのです!!

…………あれ?

なんだかいまいち、世間の反応薄くない??

圧巻のアンヴェールを見せたマツダのRX-VISIONが鬼のように話題を攫っていった……というエクスキューズがあるとはいえ。
なんかこのS-FR、いまいち話題に上りませんよね?

いや、東京モーターショーの会場では大盛況だったよう(行ったわけじゃないヨ(゜Д゜A;;)なので、ひとしきりRX-VISIONネタの記事が出尽くした後に、ぼつぼつ話題になってくるのかもしれませんけど(^^;

スポンサーリンク
レクタングル大

問題がエクステリアであるといふ人ありけり…

その理由……なのかどうかはわかりませんが。

ネットでの感想を見ても、車好きの友人と話をしていても、結構デザインは悪く言われてます。

TOYOTA_S-FR_003
出展元:トヨタホームページ

これね。

「このピカチュウめ、モンスターボールの中に帰れ!◎ミヾ(゜Д゜」

…………というのは、冗談としてもww

実際見てみると、気になるのはサイズ感。
というより、デザインにおける空間の使い方、とでも言うべきでしょうか。
というより(二回目)、もぉーっとわかりやすく言うと、フロントではなくサイドビューとかかな。

S-FR横
出展元:トヨタホームページ

これね。

サイズや重量の問題もあって、色々制約が厳しいのでしょうが、デザインは確かに足りない。
「流麗さ」が足りないのですよ。
フロントがむしろイボってるのと、リアのハネがしょっぱいのと……まあ色々あるけど。

でもまあ、ロードスターだって個人的にはサイドビューに違和感があった。
やっぱこのサイズでクーペを作るときには、限界があるんですよね、きっと。
ロードスターはドカンとロングノーズ取ってるけど、4人乗りが宿命なS-FRはそうもいかないでしょうし……。

「もういい!ピカチュウ戻れ!◎ミヾ(゜Д゜」

……え? しつこい?ww

ターゲットを広く捉えた、トヨタデザイナーの力作だと思うが…

TOYOTA_S-FR_011_s
出展元:トヨタホームページ

まあやっぱり、デザインというのは思いっきり主観なので何とも言いがたいところはありますが。

個人的には、かなり力作だと思ってます。

というのが、最初見た瞬間には、「もういい!ピカチュウ戻れ!◎ミヾ(゜Д゜」「なんだか映えないデザインだなー」と思ったんですよ。
この東京モーターショーで見ても、マツダのRX-VISIONやHONDAのNSXみたいな各社ウリのスポーツモデルに比べれば、正直「カッコ良さ」という点では比較にならない、それは思うのです。
なので、スポーツカーとして見れば、競合他車に比べ、S-FRは確かに失敗作かもしれません。

でも、このクルマには大切な役割がある。

別に、スポーツカー大好きで、スポーツカーライクなデザインを何より尊しとしている人に、ウケる必要はないんですよ。
だって、エントリーモデルなんですから。

例えば免許取り立て、ファーストカーを選んでいる若い世代、女の子、ポケモン世代、今までクルマに興味のなかった主婦……。
そういった全くスポーツカーに興味のない人間を、クルマ好きにすることこそが、このS-FRの使命。
そう考えれば、今回のこのデザインは非常に愛嬌があって愛らしく、衆目を惹きつける味があると思います。

公道を走っていれば、間違いなく注目を集めることができるデザインだと思います。

なんとパワーウェイトレシオ6ps/kgを目指す!?

どこかのニュースで読みましたが、なんと「目標はパワーウェイトレシオ6kg/ps」という話がありました!!

……これは中々、興味深いニュースです。

パワーウェイトレシオ(「重さ」÷「エンジン出力」で求める、加速性能の指標)で6kg/psということは、車両重量が例え900kgだったとしても(この数字はそもそも奇跡w)、150psというかなりのパワーが求められます。
以前の記事で紹介した1.5Lクラスのエンジンでは到底実現することができない数字。
オーリスのダウンサイジングターボでも116psですからね、かなり遠い数字です。
はっきりいって2Lエンジンか、それかターボエンジンか、選択肢は二つに絞られてきます。

……そりゃあ、そんな加速性能あれば楽しいでしょうけど。

なんかその話が本当なら、間違いなく200万円コースですねお値段ww

ただ、そんな加速性能いるのかなぁ……?
気持ち良ければいいじゃない!!

まあ、もう少し様子を見てみるしかないですね!!
最廉価(バンパー塗装澄みw)で160万で是非!!

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大