新型プリウスに試乗してきた!!4代目国民車は想像以上に…!?

新型プリウス

突然ですが新型プリウスに試乗してきました!!

……ホントに突然ですが(´ω`A;;
いやー、ちょっと日程が空いたんで、ぶらりとトヨタに行ってしまいましたw

前々から、気になってはいたんですよね、新型プリウス。
トヨタさんは「走り」を全面に押し出してるわけだし、エクステリアも賛否両論あるとはいえ、攻撃的な方向にシフトしているわけだし、TNGAってプラットフォームも気になるし……。

「これは試乗に行かねば!(・ω・)ノ」

となるのは、もはや当然と言えるでしょうww

スポンサーリンク
レクタングル大

賛否両論の外観は「決して悪くない!」

新型プリウス・エクステリア

左はブラックマイカ、右が試乗車のライムグリーン。
ちなみにグレードはSツーリングです。

個人的にはブラックの印象がかなり良い!
ライムグリーンはエアロついてたからなぁ……。
色の問題もあるでしょうが、エアロがあると目のタレてる感が強調されてしまうのでしょう。
ブラックのエアロなしのほうが、角度もありますが精悍に見えてきますね。

新型プリウス_黒と黄色

別の角度から並べてみるとこんな感じ。

この角度で見ると黄色も悪くないですなぁ……。
というより、斜めからみると悪くないんですよ、この新型プリウスさん。

新型プリウス_黄色だって良いぞ!

黄色だって斜めから見れば!!

…………いや、やっぱエアロが微妙かなぁ(・ω・)

それにしても……。

新型プリウス_横

この横のライン何やねん!ヾ(´ω`)

なんでもオプションでつけれるらしいんですが、カッコ良さそうに見えてそうでもないw
正直試乗車を一目見て、「うへぇ(゜Д゜)」と思ってしまったのはここだけの秘密です(汗)

TOYOTAのデザインが悪いとは思わないけど、所々ズレてるな~という感じもしますね。

あ、リア忘れてた(汗)
リアはこんな感じ。

新型プリウス_リア

「近未来的で不思議なデザインだね!( ´▽`)」

……なんて言えなくもないですが、正直微妙です(^^;

全体的に言えることですが、実車見ると迫力があって思った以上に良かった♪
フロントマスクは角度によって栄え方が全然違いますので、お気に入りの角度(多分ナナメ系)とダメな角度(多分正面系)とをよーくチェックしてみて下さい!!

賛否両論は確かにあるんですが、まあこのエクステリアは好きな人は好きだと思います。
超個人的見解を言わせてもらえば、うちのアクセラとRX-8には勝てないかな!!( ´▽`)~♪

ちなみにぶら下げてある値札は350万を超えてましたww

何でもこの試乗車はオプションつけまくってるので高いとのコト…実際には本体価格は250万ぐらいです。
まあエアロと横のラインはいらないからなぁ(^^;

新型プリウスの室内事情!やっぱ広いゾ♪

さて次は室内。

先代よりも車高が低くなったとのことですが、別に広さ的には全く気にならない。
頭上空間も173cmのおっさん的にはスカスカ余裕プーです(´ω`)

また、後部座席ですが、これもまた余裕の広さ。

新型プリウス_後部座席の足下

どどーん!

日差しが眩しいけどネ!!(´ω`)ノ
まあ前のシートあんまりセッティングしてないんですけどw
それでも広いですよ、うちのアクセラ、ここは負けました(。・ω・。)

新型プリウス_インパネ

何だか思った以上にヘンチクリンなのがシフトレバーでしたねーww
どう操作するのか最初さっぱりわかりませんでした(^^;

まあそれは置いといて……。

新型プリウス_インパネってかハンドル

試乗に出発じゃぁぁぁぁぁっ!!!ヾ(゜Д゜ヾ

注目のドライビングインプレッション!悪くないケド…

さてさて、いよいよ試乗!!

謎のシフトレバーを操作してドライブレンジに入ると、いきなりエンジンがブルンブルン(((゜Д゜)
ぶるぶるぶるぶるとふるえるエンジンさん。何かイメージと違うw
こう、モーターですい~と立ち上がる感じを想像してたんですけど、いきなりエンジン動作でした。

良いじゃんプリウス♪ヾ(´ω`)

まあエンジン云々はそのときのバッテリーさんのご機嫌かもしれませんけど、走り出すとこれが中々の感触です。

操舵の感覚は良い意味で軽い感じですかね。
リニアにレスポンスする……って言うんでしょうか?
ハンドルを切ると自然に応答して、ドライバーの意志に答えてくれる感じです。

加速感はモーターアシストもあってそれなりに伸び行く感じだし、踏み込んでもきっちり(排気量相応に)パワーが出てきます。
もちろんスポーツエンジンではないですけどね。
プリウスは元々結構走る……高速道路とかでぶっ飛ばしてる印象がある車(失礼w)なので、必要十分といったところでしょう。

今回の試乗ではモーターがあんまり全面に出てこなかったですけど、そういう設定なのかバッテリーの状態なのかは不明ですww

オオ……ドライビングレビューは苦手だ(´ω`A;;
でも、普段からマツダ車乗ってる私が「別に悪くない」と感じるってことは、きっと悪くないに違いない!!(byマツダ信者…笑)

それでも……全体的にハンドリングは悪くないんですが、唯一気になったのは、操舵に対して若干の鈍重さを感じたことがあったこと。
多分ですけど、高速コーナー的なところでしょうか。
フロントの重さ(?)って言えばいいんでしょうかね、そこのせいで少しもたつく感じ。
たまに感じるその重さ以外の面では、良かったんですけどね!

ただ、試乗した営業さんも「乗り味はめちゃめちゃ良くなってる」と言ってたぐらいなので、先代からは相当パワーアップしているのでしょう。(旧型には乗ったことないデス…)

……プリウスはね。

問題なのは一緒に試乗していた営業さん。

キホン無口な上に、試乗は数分で終わりました(._.)
ドライビング性能がウリのプリウスくんですが、試乗は一瞬で終わりでした(._.)
「おっ、意外にいいぞ」と思ってテンション上がってきた矢先、試乗はけろっと終わりました(._.)

……ガッデム!!!ヾ(゜Д゜ヾ

「えっ、もう終わりですか!?」と思わず聞いてしまった私ww
マツダ車を試乗するときに、こんな短いコース走らされたことはないぞ!!
同じ店の86試乗したときに、こんな短いコース走らされたことはないぞ!!

「まあそういう決まりなんで(´ω`)」

決まりなら仕方ないヨ(。・ω・。)

……最後の最後にテンションだだ下がりでしたw

ガッデム!!!ヾ(゜Д゜ヾ

思ったより全然イイ!でも…使命は重いゾ!!

新型プリウス_運転席

はっきり言って「思ったより全然良かった」

これは事実です!!
よくトヨタは頑張ってこのクルマを作ったと思います。

一方で本音を言います。

このプリウスを買うか迷っている人がいるなら、私は「もっと別にいいクルマあるよ?」と言います。

プリウスが悪いとは言いません。いいクルマです。
なので、このクルマが欲しいという人は全然買いだと思います。

ただ、別の選択肢を検討する人には、私ならアクセラを迷い無く勧めます。
人によってはインプレッサや、同じTOYOTAならカローラの方がいいよって人もいるかもしれません。或いはCセグクラスとしてはオーリスだっています。
それらの激戦Cセグメントクラスで、敢えて選ばれるだけの魅力がプリウスにあるかと言われると、難しいかなぁ…と。

あくまで個人的な感想ですが、操舵感覚や外観の洗練さでは、国産に限定してもCセグの標準レベルはもっと上だと思ってます。
なので、プリウスをCセグメントクラスとして捉えた場合には、その訴求力はあくまで燃費にのみフォーカスせざるをえず、厳しい戦いが予想されます。

……ただまあ、世の中は燃費主義。

世間一般のユーザはプリウスのカタログ燃費に大いに惹かれるでしょうし、自動車というものにそれほど価値を見出さないユーザーにとっては、購入価格もさほどでもないプリウスは絶好の選択肢です。

そういったユーザに、クルマというものの魅力をプレゼントする。
そういったユーザに、クルマを好きになってもらう。

それこそが、トヨタがこの新型プリウスに託した想いであり、かつトヨタという世界ナンバー1の自動車企業が、業界全体のために果たさなければいけない責務なのだと、私は思っています。

コアなユーザはマツダやスバルを買えばいい。
そうでない人のためにこそ、この新型プリウスがある。
「先ずTOYOTAから始めよ」……それでいいと思います。

TOYOTAの戦いを、応援していきたいですね!(*^-^*)

あ、ちなみに燃費性能はカタログ40km/lを謳っていますが、それはEという「そんなの買うかよボケ」な燃費コマーシャル専用グレードでの話。
実際の購入対象となるであろうグレードたちの燃費は37km/lです!!
……まあ十分すごいですけどね(^^;

……というわけで、主に綺麗な方向性で試乗レポートをまとめてみましたw

不満と本音はこちらの記事に書きましたので、良かったらご一読下さいww

ちなみに…プリウス購入時に比較するライバルとは!?

ちょっと追記します。
上の記事では新型プリウスをCセグメント(価格・サイズ的に)と言って「国産Cセグはもっとレベル高いぜ(゜Д゜)」的な話までしてました。
(セグメントって何やねん!?…って人はこちらの記事をどうぞ)

プリウスを購入時に比較対象となりそうなクルマたちはコチラに特集しています♪

アクセラ(スポーツ)
予算200万円!新車で選ぶカッコいいファミリーカーランキング!!
(写真はマツダホームページより)

是非この記事も見てみて下さいね♪

以上、長くなりましたが新型プリウスの試乗した感想をお届けしました~♪

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. kuni より:

    こんにちは!
    近所のディーラーにも新型プリウスが置いてありました。
    初めて実車を見ましたが、「あぁ、やちまったな・・・」って感じました。
    クラスの優等生が頑張って(無理して)弾けてしまった、あのズレた感じ・・・。
    もっと普通のほうが清潔感があってカッコイイのになぁ~と思いました。

    • セトシン より:

      kuniさん、コメントありがとうございます♪

      うーん……やっぱそう思います?w
      TOYOTAが「カッコいい車をつくろう!」と思って頑張ってるのはわかるし、応援したい気持ちもすごくあるんですけど、何かがズレてる気もすごくするんですよね……(^^;
      「グレた息子」的なイメージも若干ありますよね(・ω・)

      意外にシルバーとか黒とかのベーシックカラーは、ギザギザ垂れ目(?)が絵になったりもするんですが、少なくとも今回の試乗車(黄色&エアロ&横ラインw)はダサかった……。
      清潔感……確かに今のプリウスのデザインを指摘するとしたら、その言葉が核心をついているかもしれませんね!

  2. たかゆき より:

    プリウスの写真を見たときは、なんじゃこりゃと思ったのですが、実物を見たときはとてもかっこよかったです。立体的な造形がいままでになかったものでした。新しいデザインだから保守的な価値観の人には受け入れられないのかもしれません。アクセラとはコンセプトが違うので同列には比較できませんが、アクセラは古いスポーツカー的な要素をデザインに取り入れているので、万人にかっこいいと思わせる上手いデザインだと思います。プリウスは従来にない立体的なデザインでとても先進的ですが、細部が問題あります。例えばエンブレム下の「お口」みたいなスリット。あれが顔を台無しにしてます。プリウスの写真のスリットの部分を指などで隠してみてください。とてもかっこよくなります。黒がかっこよく見えるのは、あのスリットが目立たないからでしょう。とにかくデザインは先進的で、保守的なデザインばかりの日本車にはないよさが感じられました。

    • セトシン より:

      たかゆきさん、コメントありがとうございます♪

      実物見ると確かにかっこいいですよね!
      やはり斜めからのビューは秀逸で、あの切れ味鋭いアイラインがびりびり生きてくると思います。
      先鋭的なデザインで、類を見ない感じは挑戦者のオーラがあって私も好きです♪

      >例えばエンブレム下の「お口」みたいなスリット

      わかる……ww
      全体的にデザイン好きなんですが、私も真正面からだけはダメです。
      トヨタマーク&「お口」(「お鼻」みたいなのもありますがw)からくる真正面ビューが、新型の最大の欠点かなぁと思ってます。

      あとは内装かな?
      センターレイアウトなので好みもありますが、もうちょっと未来的にしてほしかったなぁ♪

      でも全体的に良い車だと思います!
      運転した感じも「ツマラナイエコカー」臭は全然なかったですし!
      シエンタ&プリウス然り、その前のカローラ&ヴィッツあたりからもそうですが、トヨタのデザインは全体的に「かっこよく!スポーティーに!」という方向性が感じられて、応援したくなりますね♪
      まあツメの甘さを感じたりもするんですが……w
      オーリスとかも大好きです♪