アルトワークス試乗!漢たちよこのクルマで(嫁からの)旅に出よ!!

新型アルトワークス

「いま、マニュアルに乗る」

強烈な謳い文句とともに、クリスマスイブに発売された新型アルトワークス。
残念ながらかなりお高くなってしまった一台ですが、その実力にはスズキ開発陣も自信たっぷりでした。

今回はイブの翌日の聖なる昼に、このアルトワークスに突撃試乗を敢行!
復活した伝説のワークスの実力を、まったりレポートします♪

スポンサーリンク
レクタングル大

質実剛健としたエクステリア。
ターボRSとの違いは赤ライン?

アルトワークス_フロントマスク

精悍なアルトのエクステリアを銀縁メガネで彩り、エアインテーク&WORKSロゴでスポーツ感……というより「力強さ」を誇示するかのようなエクステリアです。

このアルトワークスの外観は、本当に質実剛健といったイメージ。
レーシーな味付けでかっこよさをアピールしていたターボRSとは明確にキャラクターが異なります。

アルトターボRS(ブラック)

比較対象として、同じ店においてあったアルトターボRSの同色。

WORKSロゴがないのは当然としても、それ以外のエクステリアに実はそこまで差はありません。
イメージを異にしているのはバンパー(エアロ?)部分の赤いライン。
ワークスは銀で彩っていますが、ターボRSは赤を飾っています。

まあこのアルトは顔が良いので、どうやって飾っても栄えますね♪(*^-^*)

アルトワークス_サイドビュー

サイドビュー。

アルトというクルマの素性の良さが際立ちます。
ウィングがあるだけで、一気にスポーティー。
軽自動車ながら、フォルムが美しい……(´д`)

ちなみにその奥にいるのが私のRX-8ちゃんです♪w

アルトワークス_WORKSサイドロゴ

リアドアのロゴ。
ブラックだと周りの色と同調して目立ちませんが、実は……

アルトワークス_白サイドビュー

こんな感じで横にラインが入ります。
写真は同じ店にあった白のAGSモデル。
ターボRSではこのラインも赤くなりますので、派手さが全然違いますw

アルトターボRS_リアビュー

リアビュー。

個人的には、この型のアルトのリアビューはスルメ効果があると思ってます。
位置ががっつり下がったランプ周りは新しいですね♪

インテリアはアルト!でも広さは鬼!!

アルトワークス_レカロシート

ドアを開けると早速レカロシートがお出迎え!

コイツのせいで150万なんて大台に乗ってしまったんダヨナ~(´ω`)
なんて複雑な心境を抱きつつも(笑)、やっぱりこうして見るとかっこいい。
いつかは乗ってみたいレカロシート。

ま、この試乗で乗るけどね!!ww

アルトワークス_インパネ

インパネはごく一般的。
ターボRSとほぼ一緒です。

個性的な装備として、ターボの過給圧が高まると赤く点灯するブーストインジケータのランプがあります。
最初は「メーターの周りとかが赤く光るのかな~(・ω・)」と思って期待していましたが、シートベルト警告灯の横に赤いランプが出るだけでした(´д`A;;
思いっきり警告灯的な場所に出るので、壊れたかと思って焦りますw

ま、それはそれとして。

アルトターボRS_ミッション

これでしょ。

誰しもがこれを待ってたんですよね。

遂に搭載された、専用開発の5速MTです。
赤いパッチのラインも合わせて、「ktkr!」感が半端ないです!(^▽^)/

ちなみに試乗中に、うっかり6速に入れようとしてガリガリ言わせまくった(バックギアに入れようとしてたw)のは、大きいお友達だけの秘密ダゾ!ヾ(^-^)

※重要※
奥さん説得ポイントはコレ!!

アルトターボRS_後部座席の広さ

きらきらきらりーん!!

圧巻の後部座席の広さ!!
セカンドカーとしては申し分のないレベルです。
ていうかうちのメインカー(アクセラ)より広いですww

さすがスズキ、ぱねえっス!!(≧д≦)b

ふう…………。

さあ試乗ぢゃあっ!!ヾ(゜Д゜ヾ

まさかの山道試乗!価格分の力はそこにあるか!?

アルトワークス_インパネ

いやもう、言うよ???

……やばいイイ(´д`)

敢えて注意書き的に書くなら、↓な感じ。

※このクルマに試乗すると、思わず150万円のローンを組んでしまう可能性があります。過度な期待をして下さい。
あと、ご利用は計画的にしやがって下さい。

最初はクラッチつなげるのに少し手間取りました(若干ポイントが高め)けど、慣れると悶死級です。
ヴイヴイ走るし、ビュンビュン飛ばせます。

何せ軽い。

これが本当に64psなの?というぐらい衝撃的に走ります。
なぜなら、本当に軽いからです。
圧倒的に軽いから仕方ないのです!!(´ω`)

そして、よくエンジン回ります。
すぐにレッドゾーンまで吹き上がります。
あまりにも楽しくて踏める限りどんどん踏んでしまいます!

「わき上がる高揚感」

「零れ出す笑顔」

「零れ落ちるガソリン代」

って感じです!!ww
まあ燃費が23km/lとかって鬼スペックなので、実際はそんなにガス代が問題になることはないでしょうけど(汗)

ちなみにこのタイミングでブーストインジケータランプが点灯し、

「えっ!?壊れたっ!?Σ(゜Д゜)」

……と焦ります。きっと焦りますw
でも少し冷静な方は、「まあディーラーの車だからいっか」と思うことでしょうww

また、コストアップの最たる原因となった(と予想される)レカロシートですが……。

……めっちゃイイ(´д`)

圧巻のホールド性で、座った身体が全然ブレないんです。
その分運転に集中できるし、ダイレクトにクルマを感じられる(気分になれるw)から、非常に良いです!
あと多分、疲れのたまり方とか全然変わってくると思います!

端的に表現するなら……??(゜Д゜A;;

正直、このシートのために+10万円を払う価値はあると思います。本当にそのぐらい良かったです。

でも正直、やっぱり10万安いほうがいいですww

何故なら現実的に買えないからさっ!!(-ω-)b

また今回の試乗では、営業さんがちょっとした山道を走らせてくれました。
交通量も少なく、急なカーブやヘアピン(ちょっと怖いw)もあるとても楽しい試乗ルートでした♪
これだけ大絶賛できるのは、あの営業さんのおかげだったとも思います!ありがとう!!

営業(・ω・)「今のクルマ乗られて何年ぐらいですか?」

オレ(゜Д゜)「いやいや、まだ一年ぐらいですよ~」

営業(・ω・)「……今回は、とりあえずワークス乗りにって感じですか?」

オレ(゜Д゜)「YES!YES!YES!」

営業(・ω・)「…………」

その後もすげー丁寧に対応して頂きました!!w
ありがとうスズキの営業さん!!!m(_ _)m

超楽しい圧巻の性能w でもターボRSにも…

アルトワークス_後ろ姿

良かった良かった。非常に良かった。

もう試乗終わってからはずっと「やべー」と「超楽しい」と「めっちゃ欲しい」意外に語彙がありませんでしたw
腰から余韻が抜けないって感じで、しばらく浸ってましたね(^-^A;;

総評すれば、150万円という価格帯にはおおむね納得できます。
ていうか、納得させられましたww

正直MTであるか否かという点でターボRSとは比較が難しいですが、楽しさで言えば、今回のワークスの試乗のほうが段違いに楽しかったです。
レカロシートのお値段分の魅力にはとても納得したし、まあチューニング分も含めて+20万ならアリじゃないかな~と、ふと思ってしまいます。

ただ、少し冷静になると、それはソレでこれはコレ。
納得はしたものの、購入に向けた壁は大きいと、通帳を見ながらため息をついてしまいます(´・ω・`)

レカロは鬼良いのですが、やはりレカロなしで130万円代(ギリギリでも良いので+10万以内で!)に押さえてくれたほうが、価格的なインパクトは強いです。
だって150万だと、もう少しでコペンですから……。

一方で、この価格設定に一縷の望みが持てるのは、「ターボRSとの差別化のためにあえて150万の高級設定にした」のではないかという点です。

いやまあ、当然そうなんでしょうけど……(・ω・A;;
問題はこの価格戦略がどのくらい長期スパンの視野で考えられているのかという点です。
つまりマジキチ妄想厨の私としては、「将来的にターボRSにMTを設定する」ことを見据えた価格設定なのではないかなぁと妄想してしまうわけですな!!ヾ(゜Д゜ヾ

ということで、やはり貧乏人としてはワークスは高すぎる……。
下のグレードのお値段と性能を知っているだけに、余計にです。
色々デグレードされるのは仕方ないから、ターボRSのMT化を切望してしまいますね……。

はっ!?Σ(゜Д゜)
気付けばいつの間にか、いつものお金ないぜゴルァ話をしてしまいましたw

ちなみにターボRSについてのレポートは以下の記事にありますので、良かったら見てみてください。

⇒近所のスズキにアルトターボRSがやってきたよ!~遭遇編~

⇒近所のスズキにアルトターボRSがやってきたよ!~試乗編~

まあ何にしても、アルトワークスそのものは圧巻の良さです。
ヒジョーに良いです。死ぬほど良いです。ホスィです。

購入をご検討中の方は、是非一度乗ってみて下さい。
きっと溢れるほどのクルマの魅力に、背中を押されると思いますよ!!(≧▽≦)b

さあ新しい翼で、奥さんの制止を振り切って、大空へ旅に出ましょう!!

※その後のことは自己責任で!w

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. とみざわ より:

    セトシン様
    今年もちょくちょく覗かせてもらいます
    よろしくお願いいたします。

    私も、本日試乗してきました!

    結論
    街中だけの試乗ですが、
    めっちゃよかったです!!

    これは、古き良き時代の軽ターボ、
    ハイパワー競争の頃を髣髴とさせる車ですよ~

    現在の軽のターボは
    車体が重くなった代償として付いてるように感じます。
    S660やコペンも例外でなく。
    重い車体を過給によってパワーを出し、面目を保ってる印象ですが、
    ワークスは、それらの印象は感じず、とっても軽やか^^
    ただ、この車体なら、もう少しハイギアにしてもいいのでは?
    と、個人的には思います。

    レカロも初体験でしたが、ポジションがズレることなくイイ!
    今までの経験で最高のシートは、初代・二代目インプレッサWRXのイカシートでしたが、
    同等かそれ以上の印象です。
    これが軽に付くのは贅沢だなぁ

    大変気に入ったのですが、最大の難関・・・
    奥さんが
    ・AGSでもNGを出したのに、MTを受け入れるか
     RSの時に玉砕してるので、さらにハードルが。。。
    ・乗り心地はお世辞にもイイと言えない
     これは私にとってもウイークポイント。もちっと角を取ってくんないかなぁ

    前途多難ですが・・・時間をかけて交渉してみようと思います^^;
    長文失礼しました

    • セトシン より:

      とみざわさん、コメントありがとうございます♪

      ワークスは本当に「めっちゃイイ」ですよね!
      とにかく軽くて、やりたい放題っていうか、とても自由が効いてくれるクルマって感じで、スズキが再びワークスを冠したのにも納得の仕上がりデス♪
      昔のワークスには乗ったことないんですが、こういう方向性のクルマなんだろうな~って思います(*^-^*)

      レカロがまたいいですよね!!?
      「これでプラス10万とかナメてるよな~」って思ってましたけど、ゴメンナサイですww
      様々な人がシートをレカロに変えるのも非常に納得しましたww

      乗り味は確かに「アルト」ですよね。
      ワークスまで行くと、お世辞にも値段相応の乗り心地とは言い難い気がします。
      RSよりお値段は高めでしかもMTとなると、手強い戦いになりそうですね……。
      頑張って下さい!!(^^ゞ