書評「ロマンとソロバン」 マツダ好きにはたまらないサクセスストーリー!


今回は珍しく書評ということで、最近読んだ本の紹介をしたいと思います。

宮本喜一さん著の「ロマンとソロバン」、マツダ復活の舞台裏を描いた力作です!

スポンサーリンク
レクタングル大

基本はサクセスストーリー、マツダ好きにはたまらない♪

本に書かれているのは2005年~2012年の期間が中心となっています。
SKYACTIVブランドの立ち上げに至るまでの、「マツダはどんなクルマをつくっていくべきなのか!?」という試行錯誤段階の物語が、この本の柱です。
それを補填する形で、随所に過去のフォードとの提携の話や20世紀末のマツダの大転落の話などが盛り込まれている他、直近の4代目ロードスター開発等の最近の話題もピンスポットで登場します。

冒頭、CX-5の発表記者会見から、このマツダの物語は始まります。
当時の社長である山内さんの

「新たな市場を創造する、社運を賭ける」

というインタビューの抜粋が、いやがおうにも高揚感を掻き立てます。

いきなり満ちあふれるスリリングな興奮。
次に語られる艱難辛苦の数々。
それでも倒れなかったマツダが、遂に成し遂げた奇跡。

終盤、フルSKYACTIVアテンザがドイツのアウトバーンを走り抜けるシーンは、感動です。

SKYACTIVの話……特にエンジン周りの話で人見さんが登場するあたりからは、技術的な内容が(私にとってはw)結構難しくて、四苦八苦する部分も若干ありました(^^;

でも、根本的にはマツダが復活していく様子を描いたサクセスストーリーなので、基本的には「一気読み」ができます。
私は3時間ぐらいで一気に読みましたが、技術周りの話を飛ばせば(またはあっさり理解できる人は)2時間あればだいたい読めてしまうのではないでしょうか。
手に汗握る興奮はまるでフィクション小説のようなスリリングさであり、文を読むのが苦手でもマツダが好きならどんどんと読める一冊だと思います。

ビジネス書としても力作。価値の希求とは…

と、ここまではノンフィクションながらも、いわゆる「物語」的な魅力について語ってきたのですが……。

この本、ビジネス書としても一見の価値があります。

物語中で語られるビジネス論に対して、「だからここまでマツダが復活できた」という実例が常に存在するので、説得力が高いです。

この本で何度も言われているのは、「マツダの価値」、「マツダのブランド」といった、ブランドイメージの差別化についてです。
フォードの傘下のグループの中で、マツダとしての個性をどう出すか、というお話ですね。

そして腐敗した(失礼w)組織を立て直していく様は、サクセスストーリーの要素としても完璧ですが、それ以上に「あー、いいなぁ」とビジネスマンなら思ってしまうかもしれませんw
チームの意識、社員の意識を高いレベルまで引き上げるためのモチベーティング。
全員が前向きに、腹を割って仕事ができる意識の共有と信頼。
こんな会社で働きたいですよね♪w

総括するとすればビジネス書というより、「伝記」的な感覚でしょう。
「三国志」を読んで「これはビジネスに必読だ!」と言うような感覚で言えばビジネス書ですが、本質的にはクルマ好き、マツダ好きのための一冊と言っていいでしょう。

お値段もそれほど高くないので、オススメの一冊です!(´▽`)b

「ロマンとソロバン」のご購入はこちらから♪

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. Pow より:

    こんにちは。

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    これは、マツダ党の私としては是非読んでおきたい本ですね。
    情報ありがとうございます!

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします♪

      良かったですよ~♪
      基本サクセスストーリーなので、フィクション小説を読む気分でどんどん読めます。
      本当にドイツで新型アテンザ(中身だけ)が走るシーンは爽快なので、是非ご一読してみて下さい(*^-^*)

      • Pow より:

        こんにちは。

        遅らせながら購入いたしました!
        面白いですね♪
        やはりマツダの話しは熱いです!

        同時に購入した「マツダ・モータースポーツ・エンサイクロペディア」
        と言うムック本もよかったですよ♪
        マツダのレーシングカーの歴史が写真もたくさん載っていて楽しいです。

        • セトシン より:

          Powさん、コメントありがとうございます♪

          そう、結構楽しめるんですよね~♪
          私も出張帰りの電車で一気見でしたww
          アウディを引き離していくあたりは、結構興奮します♪

          レーシングカー……子供にあげたらすごい喜びそうだ……ビリビリにされそうだけどww