アルトワークスにS660とタイムアタック?コペンの魅力を知らない特集は抹殺で良いYO!

コペンローブS

最近、車雑誌を読んでてすごく思うこと。

「あんたたち、コペンって車の意味わかってる?(・д・)」

……まあ車雑誌側の都合は何となく理解できるけど、今回の記事はコペンを擁護する記事にします。

スポンサーリンク
レクタングル大

S660やアルトワークスと一緒にタイムアタックとか…w

ソコです。

他にエントリーする車がないので仕方ない気持ちもわかりますが、コペンをアルトワークスやS660と並べて扱うなと言いたい!!

だってコペンが速いわけないやん(・ω・)

まあ例えば今月のカートップとかねw
電動ハードトップとかっておも~い十字架を背負って、駆動方式もFF。MTだって5速(それはワークスもだけど)なコペンが、他の純然たるスポーツモデルに勝てるわけないやん。。。
ああいう土壌に引きずり出されるのは、正直コペンいじめなわけです。

んで、当然タイムは奴らより遅い。

お前等車の専門家やろ!?それお門違いなのわからんのか!?ヾ(゜Д゜ヾ

……と言いたいのですが(言っちゃったけどw)、まあそういう特集したい車雑誌が、そこに引っ張り出す車にコペンを加えざるをえないという事情もまあ、理解できないわけではない。
なので激しくdisれないww

つまりこのやるせない気持ちは、やるせない気持ちのままで存在し続けるわけでありますw
おーまいこぺん……(´ω`)

スポーツではないコペンの魅力を強調しておく!

別にコペンにスポーツを期待するのはいいと思うんですよ。
買ったオーナーが自分たちの想いでスポーツモデルに仕上げていくのは当然自由なわけだし、そもそもスポーツカーではないにしても、運動性能は軽の中では相対的にかなりのハイレベルなわけです。

でも、コペンにスポーツカーとしての魅力のみを感じている人であれば、今ならS660かワークスを選ぶと思うんですよ。
DAIHATSUが今の軽スポーツカー競争を想定していたのかどうかはわからないですが、コペンの個性は明確に別にあって、競合とは絶対的に被っていないのです。

コペンの魅力というのは、つまり

簡単に楽しい

ことだと思うんですね。

ドライビングテクニックなんてなくても楽しい。
すぐにオープンエアを堪能できて楽しい。
走りの善し悪しなんて詳しくなくても楽しい。

コペンというのは、そういう特別な魅力がある。
そしてその魅力は、軽自動車としてのエントリーに相応しいものだと思います。
激しいドライビングもできなくはないし、コアな魅力だっていっぱいあるんですが、それ以前の次元で楽しい車、というのがコペンだと思うんですよ。

なので、コペンをマイカー候補に入れて検討している人には、是非間違えないで欲しい。

ハードにぐいぐい攻めたい、スポーツ走行したいという人は、s660やアルトワークスを選べばいい。
コペンというのは非日常を提供する車ではなく、日常に彩りを与える車。
スポーツカーというより、「スペシャリティカー」なのです。

→詳しくはこっちの記事を読んでね♪

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大