ハイブリッドはもはやハイテク技術ではない!!そのことを知らない某社に大失敗の予感…w

ハイブリッド

今年は日本市場舐めてる(何度も言うけど超私見スマソww)2社がさらなるハイブリッド攻勢をかけてくる1年です!!

NISSANはストロングハイブリッドのセレナとノートを投入してくることは確実!!
HONDAはオデッセイとステップワゴンにハイブリッドモデルを投入し、末っ子のフリードも(近々…今年でないかもしれないけど)ハイブリッド化してくることは必定です!!

……さて、そんな中で面白い記事見つけました。

→登場間近!期待のホンダ オデッセイ ハイブリッド、燃費はライバル圧倒!割高になってしまうHVは支持されるのか

HONDAwww

相変わらずの迷走っぷりですなww

スポンサーリンク
レクタングル大

果たしてハイブリッドは売れるのか?ww

個人的にはワタクシ、ハイブリッドカー否定派です。

何故かというと、そもそも論として元が取れないから。
そして同時に、燃費を良くするために車重を上げるというのが、何だか本末転倒な気が致しましてww

後はまあ、廃バッテリーの問題って結局結論出てないよねぇ?ってこともあります。

極論として、バッテリー搭載してCO2出す量が減って、本当に地球のためになるのか。ニッケル水素に関しては、トヨタは「バッテリーtoバッテリー」というリサイクルまで謳って頑張っているみたいですが、リチウムイオンはもっと悪いのでワ……みたいな、疑念が色々うずまいてます。

まあとにかく。

そもそもハイブリッドが売れたのは、何でしょうか???

燃費が良いから?

環境に良いから?

……違います。

ハイブリッドが売れたのは、他でもない。

新しいからですヨ♪

みんな、ミーハーなのです。
ハイブリッドというのは超最新テクノロジー、それが手の届く価格帯に落ちてきたら、そりゃみんな手の色を変えてとびつきますヨ!!

……というのが、15年ぐらい前のお話でしたw

ハイブリッドの名前で売れる時代は終わった

ということで、さっきの記事に話を戻すと……。

ハイブリッドの販売傾向は下がり気味だ!

ガソリン代で元が取れそうなシエンタでさえ50:50だ!!

アルファード・ヴェルファイヤなんて20%ぐらいだ!!

というお話は至極納得。

要するにハイブリッドの時代は終わりつつあるわけです。

そんなこと言ってアクアがバカ売れしてるやろ!?

新型プリウスだってめっちゃ売れてるやろ!?

新型となる4代目プリウスが売れてるかどうかは、まだわかりませんYO!
あくまでも初動は悪くないというだけで、プリウスのネームバリューに支えられてるだけかもしれない。
今後注意深く見ていく必要があるでしょう。

アクアについては合理的で、ユーザがハイブリッドに求める価格が下がったのではないかと。
コンパクトカークラスでハイブリッドに乗れるなら…という価格設定ですな。

実際のところ、トヨタが新型プリウスに設定したキャラクターはさすがだと思います。

正常進化ではあるんですが、むしろこのプリウスのドライビング性能の充実を企図した変革は、アクアとの差別化として有意義であると同時に、もはやハイブリッドカーが燃費だけでは売れないという事実を考慮した戦略でしょう。

恐らく新型プリウスは、売り上げNo.1をアクアに奪われることは折り込み済だと思います。
今年は初動の影響でNo.1を取り返したとしても、長い目で見ればアクアにかなわないのは想定内だと思うのです。
だからこそ、あれだけ「人を選ぶ」エクステリアデザインに舵を切れたのでしょう。

つまり、ハイブリッドは最早、「ハイブリッド車であるだけでは売れない」時代が来ているのです。

HONDAは失敗に終わる予感しかしないわけだがw

オデッセイ
出展元:HONDAホームページ

HONDAって誰が市場の動向見てるんでしょうね?

少なくとも、HONDAオデッセイがハイブリッド装備を搭載したとして、何をユーザにアピールするつもりなのかが謎です。
燃費? でも燃費じゃ元は取れないんだよ?
走行性能ならVTECターボのほうがいいんじゃない?

なんて中途半端なw

400万で燃費の良いだけのミニバンなんて誰が買うんだよww
(ていうかむしろ買える人いいなぁw)

むしろやるなら、現行モデルにフルモデルチェンジしたタイミングで設定すべきでした。
アブソルートがスポーツグレードなら、HVはラグジュアリーグレードとして売れば良いではないか。
しかも新型オデッセイは内装の充実&ゴージャスを標榜してるから、静粛性の高いHVの乗り心地にぴたっとハマったはずなのに……。
今HV付けても今更感が半端なく、そしてHVモデルを別途ブランド化するような感じも聞こえてこないので、もう暗い予想にしかなりませんww

ステップワゴンはどうなるか、まだ不明です。

不明ですが、オデッセイほど悲惨なことにはならないはず……。
恐らく、それなりに価格を抑えて出してくるんではないかなぁ……。

そもそもステップワゴンが、フルモデルチェンジ直後にも関わらず、セレナに販売で負けているのは、単純にセレナの方が良い車だからではないでしょーか?
VTECターボ? ダウンサイジングターボでアピールできるのは燃費でしかないわけで…w

一方のNISSANは勝ち組か?w

セレナもノートも、今年こそはストロングハイブリッドモデルが出てくると言われていますが、価格さえ間違えなければこれは強力でしょう。
NISSANの販売店にとっては、久しぶりに頼もしい援軍と言えそうです。

何故セレナとノートが勝ち組かというと、単純に今売れてる車だからですw
きちんと進化すればマイナーチェンジでも勝てるw

特にノートは、廉価HVをばらまくグレードとしては完璧。
できればフルモデルチェンジしたかったのでしょうが、NISSANのやる気の無さからまさかのマイナーチェンジでHV化して、アクアと殴り合うことになってしまいましたw

それでもまあ、お値段さえアレなら全然売れるよ、やっぱ。
コンパクトカークラスのHVはまだまだ需要がある。
後発な分(その割に車両も決して新しくないけどw)、アクア&フィットHVまでは届かないでしょうが、十分売り上げのテコ入れにはなる一台でしょう。

このあたり、NISSANはきちんと考えてますな!ww

しかしBセグでこそHV需要があるという世界は、昔のプリウスの隆盛を鑑みれば時代の進歩ですな。
次に待望されるのは、AセグクラスのHVになりそう……?

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. Pow より:

    こんにちは。

    以前に他の記事で書かせていただきましたが、
    そもそも現在は、テクノロジーを売り文句にできにくい時代ですからね。

    しかも、ここに来ての原油安。
    まぁ、原油の値段はコロコロ変わりますけど
    この情勢が続くとなると、ハイブリッドと言っても環境くらいしか売りがなくなってしまいますからね。

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      HVが環境っていうのも、リチウムイオン電池になってから「オイオイ大丈夫か?」って感じを若干うけてます。CO2だけじゃない環境の問題。。。
      ナウさを失ったHVは、価格設定がガツンと来るだけに、今後生き残るのは厳しいかもしれませんね。
      マイルドハイブリッド方式ぐらいが、結局妥当なのかもしれません。

      • Pow より:

        ご返信ありがとうございます。

        そうなんですよね、リチウムイオン電池なので本当は環境にはあまり優しくないんですよね。
        排ガスだけに目が行くと、その辺りの環境性能が置いてきぼりになるんですよね。

        マイルドハイブリット方式が私も妥当だと思います、価格性能的にも環境的にも。

        • セトシン より:

          Powさん、コメントありがとうございます♪

          詳細が知りたいんですけど、なかなかそういうニュースってありませんよね。
          TOYOTAとか、解決する技術もってるならこれでもかと特集しそうなもんですけど……。

          マイルドHVなら車重がたいして変わらないので、いいですよね~♪

  2. らきゅ より:

    続けてカキコです。管理人さんHV否定派なので・・。
    超偏見でいうと、HV乗ってる人間ってガソリン代にしか興味ないくせに、プリウスなんかにホイル交換だ、ローダウンだ!、ペタペタ玩具くっつけているやつ見ると、可哀そうな人にしか思えないわけですわな。
     街中中心で年間3万キロぐらい走る超ニッチは人には、HVも有益かもしれません。致命的なところは、車本体そのもが15年とか乗ろうと思えないことです、ガソリン車ならエンジンは潰れるってことほとんどないですが、HVは怖いです。また修理代も怖いです。
     結局のところは、な~~んもECOでは無いという事実、自動車メーカが儲けの為に作り出したカラクリと結論つけているので、私もHVは否定的です。今大量に出回っているプリウスやアクアの顛末はどうなるのか?心配になります。

    • セトシン より:

      らきゅさん、コメントありがとうございます♪

      HVはねぇ…なんだかあの「ECOでしょ!?」感がどうしても好きになれなくて……。
      高級車の動力機関として、静粛性をウリにするなら全然アリだと思うんですよ。
      でもECOですオーラが……そもそも論として重たいバッテリーを燃費のためにつむというのが何だか本末転倒な気がして……。
      HVはやっぱり、静かな乗り心地をウリにする高級車のためのものだと思うんですよね。

      バッテリーのリサイクルはトヨタも頑張っていると思うんですが、リチウムイオン大丈夫?……という疑念は未だぬぐえず。
      そこんところ、オープンな資料が欲しいんですよね。どっかないかな~。
      バッテリーのリサイクルの目処がついていないなら、ガソリン車を悪くいうのはやめて頂きたい……みたいな(´ω`)

  3. あちゃ より:

    ブログ投稿お疲れ様です。セレナの方が実力があるからセレナの方が売れている、という見解をお持ちの様ですが、それは間違っていると思います。私はc26セレナに乗っているのですが、加速が悪く、その上燃費もかなり悪いのでノア・ヴォクシーやステップワゴンにしておけばよかったと後悔しています。個人的にはセレナの「S-HYBRID」という名前に車に興味の無い大多数の方が騙されて買ったと思いました。