遂にマツダのミニバン撤退報道!…そもそもマツダが手を出せるミニバン市場ってある?

マツダの判断

遂にマツダさんがミニバンから撤退するという報道が出ました。

リソース第一弾は日経新聞かな?
有料コンテンツなので私は読めませんでしたが……w

マツダ自身のリリースではないので確定報ではありませんが、誰しも「やっぱりw」と思っていることが改めてニュースになっただけのような気も……(笑)

せっかくのナウいネタなので、本日はこのお話でも致しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

今のマツダがミニバンを作るなら…?

NewsPickやらTwitterやらの反応を見てみると、皆さん「英断英断」とのコメントが多いようです。

私も同じ意見。
ミニバンは既に国内でも人気衰退が著しい上に、効率性追求のための激しい割り切りが設計段階で求められるので、マツダのブランドイメージにこの上なく合致しないのです。

では各クラス別に、「マツダが手を出すとしたら…?」という前提で、どんな商品が作れそうか、或いは作っていけば良いのかを、少し考えてみたいと思います。

コンパクトミニバン

シエンタ新型
出展元:トヨタホームページ

5ナンバークラスのコンパクトミニバンと言えば、トヨタのシエンタでしょう。
それに追随するのがHONDAのフリード。
この両者がデットヒートを繰り広げるグレードになっています。

やや立ち位置がズレますが、マツダで言えばプレマシーが競合に近い。

プレマシー3代目
出展元:マツダホームページ

元を正せば5ナンバーの小型ミニバンだったプレマシー。
まあプレマシーの立ち位置はわりかし特殊なのですが、恐らく競合するのはこのコンパクトミニバンクラスでしょう。

プレマシーという独自性の高い商品を持つこのジャンルは、マツダが唯一他社と勝負できるクラスです。
5ナンバーでスライドドア、そしてスタイリッシュなのがプレマシーの強み。

ですが……やはりシエンタに代表されるように、世の中の流れはトールワゴン系に集約。
唯一「魂動」デザインを受け入れられそうなプレマシーを、新世代商品に切り替えたとしても、

「デザイン性が高くなる」→「居住性が悪くなる」→「ユーザのニーズとズレ」→「売れない」

というスパイラルは想定できそうです。

手をうつなら、その方向性をもう突き詰めてしまうこと。
割り切ってプレマシーを更に小型化し、ローコスト化する。
んで、「3列目は割り切りでいい人への選択肢」を増やしてあげつつ、デザインのみを徹底的に追求する。

動力的には1.5LのSKYACTIV-G&SKYACTIV-D。
2クラス構成で売り出す。

その際は、シエンタを超えるデザイナーズカーであることが絶対条件ですが……。

現実問題として見れば、流用できそうなプラットフォームがないことが最大の問題かな?
デミオベースでは小さすぎるでしょうから、もう少し大きなプラットフォームを新規開発する必要が出てくる。
んで、そうなるとやっぱり、「ミニバンにそこまで…」という判断になってしまうのは仕方が無いかなぁと思います。

正直、選択肢としてはリスクが高いでしょうね。
敢えてこの方向性を取るよりは、SUVを拡張していった方が正しい選択だと思います。

スタイリッシュミニバン

WISH
出展元:トヨタホームページ

言葉は今私が適当につけましたw

トヨタ「WISH」やHONDA「ジェイド」といった、非スライドドアのミニバン。
ヒンジドアで設計するぶん、デザインの自由度が高く、設計的にも様々な方向性が考えられます。

ただ、市場がない。

WISHにしてもジェイドにしても販売台数は大苦戦。
もはや作っても売れません。

ミニバンである以上、スライドドアは必須であり、3列目シートもそれなりには……が要求される昨今、このクラスはユーザに対して提示できるメリットが中途半端なんでしょうね。
デザインを求めながらも「3列目がイルラシイ…(・д・)」という苦しい選択を迫られるパパたちへの救済グレードでしたが、家族の主張の前に淘汰されつつあるようです(笑)

マツダで言えば、ここもプレマシーでした。
というより、このクラスにおいてなお、スライドドアを搭載していたのがプレマシー。
そういう意味で、他社製品と比べて独自の優位性を保っていたわけです。

が……まあ独自の魅力があっても所詮月販500台に届いていない現状があるわけで……。

ここのクラスにもっと需要があれば、マツダはミニバンを続けていたかもしれませんが、残念ながら5年ほど前に終わってしまったクラスなのです……。

中型ミニバン

セレナ
出展元:NISSANホームページ

トヨタの「ノア」&「ヴォクシー」とNISSANの「セレナ」、そしてHONDAの「ステップワゴン」が激しいデッドヒートを繰り広げる現在の売れ筋グレードです。
そしてこのクラスの祖とも言うべきステップワゴンが、モデルチェンジ直後にも関わらず販売大苦戦と、変化の兆しが見えるクラスでもあります。

マツダで言えばビアンテがこのクラスに該当します。

ビアンテ
出展元:マツダホームページ

ちなみに2013年のマイナーチェンジ時に一部SKYACTIV化がはかられ、エクステリアにも魂動が取り入れられた、言ってみればミニバン唯一の(?)新世代商品かもしれませんw

このクラスに関しては、もはやマツダに参入の余地なしと見るのが正しいでしょう。

HONDAのステップワゴンが、「VTECターボ」という新提案を持って登場したにも関わらず、売れ行きが全然伸びずに慌ててハイブリッドを用意している現状を鑑みれば、何となく見えてきます。(ステップワゴンがターボを推したかと言えば微妙ですがw)
そもそもユーザの求めるニーズがマツダの方向性に合致していません。

また、ビアンテは魂動デザインを一部取り入れて独自性のあるエクステリアになっていますが、このエクステリアを理由にどれだけ購入者を集められるかは……月販500台に遠く満たない現在の販売台数が示す通りです……(._.)
確かに、ミニバンの中では芯の通ったデザインではありますが……このデザインのためにあえてマツダに乗り換えるほどではないよね??(・д・A;;

そもそも上述の通り、デザイン気にする人はミニバンに乗らないかな……。
(仕方なく乗ってる人は、そのまま仕方なくで割り切って他社に乗る)

唯一活路を見いだすとすれば、デリカD:5。

三菱のトールワゴンが「車高クソ高いけど悪路走破性抜群です♪」という圧巻の個性で一定の売り上げを築いているように、マツダも独自路線を展開できれば……。

ただ、このクラスでマツダの強みはやはり出しにくいんだよなぁ……。
車高下げてスポーティーに行くなら、プレマシー路線でしょうしね。

大型ミニバン

オデッセイHV
出展元:HONDAホームページ

トヨタでは「アルファード」「ヴェルファイア」、HONDAでは「オデッセイ」、そしてNISSANには王者「エルグランド」。

再び激戦区なこのグレードは、恐らく今ミニバンで最も活発な市場だと思われます。

書いておいてなんですが、私的にはこのグレード階層には2種類のミニバンがいると思ってます。
すなわち、

大型上級ミニバン

これには

  • アルファード(ヴェルファイヤ)
  • エルグランド

が該当します。

過去の車で言えば、HONDAの「エリシオン」とかもこのグレードでしょう。

もう一つは、

スタイリッシュ系大型ミニバン

でこれは、

  • エスティマ

が独壇場でした。

オデッセイは個人的にはこっちだと思ってるんですが、HONDAの動きを見るとどうやら狙いは「大型上級」の方なのかな? なんか中途半端な感じです。

マツダのMPVもここに該当します。

MPV
出展元:マツダホームページ

はっきり言って大型上級はトヨタとNISSANの激突が熾烈で、入り込む余地がありません。
NISSANはミニバンに関しては本気です。(そしてHONDAは本気で抜けてますw)

マツダが手を伸ばせるのなら、エスティマが独壇場を築いているこの「スタイリッシュ系大型ミニバン」しかありません。
MPVの路線を発展させ、スライドドアを搭載しながらも更に独自のスタイリッシュなフォルムを追求する。
それこそ、魂動デザインをこのクラスに採用することができれば、勝負になるかもしれません。

ただ恐らく、コンパクトミニバンと同様に、

「リスクに対してメリットが少ない」

というのが、マツダ側の本音でしょう。
爆発的なシェアを、今年大型マイナーチェンジが予想されるエスティマから奪い取るというのは、かなりの夢物語です。(販売力違うしね)

マツダの路線でいくなら、SKYACTIV-Dの2.2Lに加えて、SKYACTIV-Gの2.5Lガソリンターボをハイエンドモデルに掲げることはでき、スポーティーさをウリにして差別化はできるでしょう。
燃費&エコのディーゼルと、ハイエンドのガソリンという2つの選択肢は、確かに魅力的だし、大型車の技術として、CX-9や恐らく出るであろうCX-7の開発技術がある程度流用できるのではないでしょうか。

ただ、こんな考え方をしてる時点でダメですね(^^;

……ミニバンやるにしても、「SUVを先行開発して使った技術を流用できるなら」という条件が付くということになってしまう。
それなら、「ミニバン、やめます」の方が潔くて良いかもしれません。

ミニバンが復活するなら、それはSUVの後

結論としてはこうでしょう。

ミニバンやるとしたら、それはSUVの後です。
SUVラインナップが落ち着いて、技術もそろったら、それが転用できる範囲でミニバンを作る。

マツダとしてはそれが最も合理的でムリがない選択肢だと思います。
唯一勝負になりそうな小型ミニバンは、SUV路線とは別口で作れるかもしれませんが・・・・・・。

やっぱり、ミニバンはマツダのブランドイメージと合致しない。

マツダ車のイメージと言えば、「スポーティー」で「カッコイイ」、「結構エコ」で「運転が楽しい」車です。
ところが、ミニバンといえば徹底的にこれらのイメージに反してしまう。
つまり、新世代商品としてミニバンを開発すれば、否応なくブランドイメージに傷が付いてしまうわけです。

そのブランドイメージを傷つけてまで、作ったミニバンが売れるのかといえば、それほど勝算もない……。

総合的に見て、ミニバン進出(新世代商品として)はリスキーだという結論に達するのは、まあ当然だと思います。
むしろマツダ側からすれば、発表する気はあまりないかもしれませんけどね。
プレマシーはまだしばらく売り続けるかもしれませんし。

むしろ可能性があるとすれば、トヨタとの共同開発でEV系に手を出す時でしょうか?

何にしても、マツダの今の使命はあくまでも「SKYACTIVステージⅡ」です。

最高の内燃機関、という理念を達成しない限り、マツダには会社としての未来がない。
持ち直したかに見えるマツダですが、EVやHVといった電気駆動技術で他社に大きく遅れを取っているため、結構土俵際ですから。

マツダがミニバン撤退というのは、正直驚きでも何でもなく、現状から精査すれば

「あ、うん。そうだろうね」

というレベルの話ではありましたが、こうして記事になると少し寂しさを覚えてしまうのも事実です。
私ミニバン嫌いなのに……w

ここでミニバンから撤退するのは仕方ないとして、集中した経営資源でもっと良い車を創って欲しいですね!

そしていつか、苦しむパパたちを助けに帰ってきて!!(笑)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. Pow より:

    こんにちは。

    ついに撤退報道が来ましたか。
    仰る通り今のMAZDAとミニバンって相性が悪いですよね。
    スポーティーでデザインがカッコいい、荷物も結構積める
    にすると、ミニバンよりSUVの方が最適解ですしね。
    そこまで無理してMAZDAの企業規模でミニバンをやる必要も市場的にもありませんしね。

    個人的にはそのリソースは、REや水素エンジンに注いで欲しいですね(・ω・)

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      来ましたね~。まあ我々ファンからしてみれば、「ふーん、そうだろうね」って話でもありますがww
      実際問題、SUVとミニバンで市場が違うのは確かなんですけど、世界展開を見渡したときに、マツダ規模のメーカーが注力するのがどちらかは、あまりにも自明過ぎますもんね。
      私ミニバン嫌いだし…(笑)

      水素はなぁ……藤原常務水素タンク否定的っぽいしなぁ……是非REでガンガン燃やして欲しいところなんですが……w
      私的には、いつかのホリデーオートの記事のように、HCCIで燃費40km/lを突破したアテンザが早く見たいですね~(´ω`)

      • Pow より:

        ご返信ありがとうございます。

        私もミニバン嫌いです(笑)

        確かに藤原常務は否定的でしたね…。
        レンジエクステンダーでは、もはやエンジンとは言えませんし。
        ホント、水素REが出てほしいです!
        今でも実際に水素REに火を入れた時の衝撃は忘れられません。
        これぞ、従来の内燃機関のエンジンでありながらエコである新しいエンジンだと思いました。

        第2世代SKYACTIVのHCCIは楽しみですよね。
        是非とも、MAZDAには頑張って実現してほしいものです。
        そうすれば、REにも技術転用出来てREも華麗に復活!…出来るかも知れませんから(・ω・)

        • セトシン より:

          Powさん、コメントありがとうございます♪

          レンジエクステンダーでREもそれはそれでいいんですけど、やはり燃やせよとなっちゃうのは人の性ですww
          いいなぁ~水素RE乗ってみたいなぁ……(´ω`)
          何気にマツダ水素REの、デュアルフリューエルなんとか…水素でもガソリンでもOKですよシステムは、かなり画期的だと思うんですけどね~(^^;

          HCCIが完成しないとREもただの趣味的内輪的な復活で終わってしまいそうですからね…。
          ま、それはそれでいいんですが……ww
          是非REは、もっと華麗に華ひらいて欲しいものです♪

  2. らきゅ より:

    む、こっちにはミニバンのお話でしたか。水素REは難しそうなので横に置かしていただいてっと。
     ミニバンのライバルって私が思いますに、クソの数ほどある中古車達も強敵だと考えるです。ベルやアルをがんばって買う頭の弱そうな人間はどうぞやってくださいとしてですね、きっと車に興味がある人ってミニバンを真剣に買うことしないし、適当に中古でよさそうなのかっとけば? とか、 興味ない人だと、興味がないので適当に中古かっとけば?ってなりませんかね? 後者は無理があるな・・・。

     オデッセイの記事を見てふと思ったんですが、初代が出た時から見ているとコンセプト変わりまくりの珍車に見えてきました。エステマは一貫しているのに。

    • セトシン より:

      らきゅさん、コメントありがとうございます♪

      珍車www
      クッソ笑いましたww

      少なくとも、初代と3代目は「時代を創ってきた」イノベーターであるのに対して、現行は「時代に迎合した」車であるのは間違いないですよね。
      初代でムーブメントを起こしましたし、3代目は独自の価値観を間違いなく提供していましたから。
      現行は悪い考え方ではないんですけど、どうしても「こんな感じかなぁ~」ぐらいで作ってる感が(過去に比べれば)否めませんね~。

      ちなみに私もミニバン買うなら間違いなく中古で買いますw
      ベルやアルは正直、大人数載せないといけない際のレンタカーで十分ですww
      50万ぐらいのシエンタでいいや、みたいなw

      確かに車に興味のない人は中古で抑えとけばよさそうですが、案外新品買いますよね~。
      ふつうにファミリーカー買う客層は、中古車って価値観に引っかかりがある人が多かったりするのかな~?
      でも、昨今ノアクラスの売り上げが衰えてきてるのは、そのあたりに理由があるのかもしれませんね。
      中古にあのクラスが星の数ほど出回ってるという……w