マツダミニバン総力特集!さらば、マイナーで個性的な3列シートたち!【撤退追悼企画】

マツダMPV

マツダミニバン撤退報道もありました。
そしてそれ以前に、マツダがミニバンを作る気がないのは衆目の一致する見解。

長きにわたったマツダミニバンの歴史が、ここに閉じられるのは……もはや厳然たる事実と言えるでしょう。

というわけで今回は、撤退を惜しむ追悼の意味を込めて、マツダミニバンの総力特集をやってみたいと思います!!
岡山マツダの決算フェアに行ってきたので、そのついでということで……w

さらば、優しき(?)日々よ!!ヾ(´д`ヾ

スポンサーリンク
レクタングル大

プレマシー ~総てを追い求める中核モデル~

プレマシー

もし、マツダミニバン撤退報道を否定する人がいるとすれば。

その最大の論拠となるうるのが、このプレマシーでしょう。

「ナガレ」系と言われる先代ラインナップに乗った唯一のマツダミニバンであり、当然のようにスカイアクティブを心臓に搭載した、『マツダミニバンの中では』最新鋭の車種です。

マツダらしい流れるようなスタイリングは、ミニバンという枠の中でも決してスポイルされることはなく。
一方で、スライドドアという利便性確保のための最大の武器を身に纏って他社との差別化も十分に計られた、マツダ渾身のファミリーミニバンでしょう。

ちなみにNISSANにOEM供給され「ラフェスタ」という名前で売られていたりもします。

室内空間は『割と』広い

プレマシー リアシート

リアシート。

決して広々ではありませんが、思った以上に室内空間は広い。
スタイリング故に天井は低めですが、足下は思った以上に快適です。

何といっても、このクラスでは珍しいスライドドア搭載車であることが最大のウリ。
2列目への乗降性能はとても高いです。
3列目にはシートを倒しても行けるし、2列目のウォークスルーからあっさり移動できたりもします♪

プレマシー 足下空間

わかりにくい(w)ですが、3列目の足下空間。

決して広くはありませんが、大人が普通に座れるだけの空間は確保されています。
普通に「たまに使います!」程度なら、正直これで十分。

プレマシー インパネ

インパネは普通。

20S SKYACTIVというグレードですが、一世代前のデミオと同じぐらいでしょうか。
あまり上質ではなく、現行ラインナップに比べれば質感で遙かに見劣りしてしまいます。

プレマシー センターコンソール

同じくセンターコンソール。

旧世代感は拭えませんが、価格を考えれば「こんなもの」というレベルでしょうか。
上位グレードなら、メッキ塗装されてツマミ系も輝いてくるのでしょう。

エクステリアは流石マツダだが、市場のニーズは…

プレマシー エクステリア

色々紹介しましたが、やはり最大の魅力は、スライドドアとエクステリアを両立している点でしょう。

スライドドアを搭載しているにもかかわらず、決して「箱形」ではない。
その独自性は未だもって失われてはおらず、「3列シート&スライドドアが必要だけどダサい車はイヤだ」というユーザから「狙い撃ち」される一台でもあります。

一方で。

未だ他社から競合が出ていない、その理由こそが今回のミニバン撤退報道の根幹にあります。

即ち、市場がない。

もっと言うと、現在のユーザの大半からすれば、プレマシーの位置づけは「中途半端」なのでしょう。

MPVがオデッセイとしのぎを削っていた頃、プレマシーはストリームやウィッシュを撃墜するための機動兵器として、確固たる戦果を上げていました。
ヒンジドアを採用する他社製のミニバンへの対抗策として、プレマシーにスライドドアを採用することで、決定的な差異を生み出し独自の価値を開拓というのは、マツダらしく分をわきまえた、他社との差別化を前提としたニッチ市場戦略です。

ですがそれは、ヒンジドア小型ミニバンが売れていた頃のニッチ市場です。

今、母体のヒンジドア市場そのものが消滅しかかっている中で、プレマシーの持つニッチ性には、もはや価値が薄く……。
必然的に、プレマシーも時代の中で役割を終えようとしているのでしょう。

「スタイリッシュ」であることをユニークとするなら、市場はありません。

現在の売れ筋であるノアやセレナのクラスに、その項目は重要な意味を持ちません。
むしろ、「スタイリッシュ」である以上、そのクラスに必要な居住性を確保することは不可能だと、書くほうが事実に近いでしょう。

「スライドドア」であることをユニークとするのも、市場はありません。

字の如く、市場がないのです。
それがユニークであった、プレマシーが本来「売れていた」市場は、今減衰し、縮退し、そして消滅しようとしている市場なのですから……。

まだ5年落ち程度のモデルなので、これからもしばらく販売は続くでしょう。

継続の可能性を探すなら、むしろ思い切って小型化してしまうほうが、日本での生存戦略的にはありかもしれません。
ただ海外での需要を探すなら、現行クラスのほうがまだ需要がありそうですが……。

存続が厳しい立場であることは、間違えないでしょう。

プレマシー 価格表

参考までに本日のプレマシー。

メイングレードである20Sです。
20Cもありましたが、そいつなら200万ジャストぐらいの価格でしたね~。

ビアンテ ~挑戦の果てを示した沈黙の巨人~

ビアンテ グランツ

2013年。
一台のミニバンが、ひっそりとビッグマイナーチェンジを遂げました。

新たに生まれ変わったそのミニバンの名前はビアンテ。
ハイエンドグレードには「グランツ」の称号が与えられ、そのフロントフェイスには、マツダの栄光を象徴する、「魂動」のデザインにも似たフロントグリルが輝きました。

それから既に3年。
その一台は、日の光を浴びることもなく、歴史の中に消え去ろうとしています。

「フル魂動」ではないにしても、エクステリアは明快

ビアンテ エクステリア

素直にかっこいい。
決して何ら誇張することなく、エクステリアはミニバン随一だと思います。

魂動を想起させるフロントグリルは、恐らく本当の意味での「フル魂動」商品ではないのでしょう。
魂動は本来、動物的な動きを表現するスタイル。
トールワゴン型ミニバンで、それが可能だとは思えません。

ですが、「フル魂動」でなくとも、デザインは他に類を見ない。
好みは分かれるかもしれませんが、明確にアイデンティティを貫いた一台です。
それは、ノア・セレナ・ステップワゴンらの外観が何ら代わり映えしないのと比べれば、明らかです。

ビアンテ ノーマル

もっと言えば、グランツの「魂動」グリルがなくてもカッコいい。

マツダのデザインは、8年前からしっかり仕事をしているのです。
居住性を確保するため、運転席以降が急激に盛り上がるのは是非もないとして、フロントグリルは流麗で、アイラインもまるでミニバンとは思えない様です。

ビアンテ リア

おしりだって個性的。

丸形のテールランプが独自の個性を強烈にアピールしてます!!

インパネはセンターレイアウトだが…質感は○

ビアンテ インパネ

これがビアンテのコックピット。

「おっ?」と思わせるのは、全体の雰囲気が決して悪くないこと。
もちろんセンターレイアウトなメーター類は決して私の好みではない(w)んですが、質感は思った以上に高いです。

ビアンテ メーター

計器類はまさかの紫演出!

これが悪くないのよ……( *´艸`)
中々にセクシーですよね♪

ビアンテ センターコンソール

ビアンテのセンターコンソール。

これは「以外」に質感高くて良い感じ。
グランツだからなのかもしれませんが、ふつうに20CのSKYACTIVもこんな感じ。
全然悪くないです。
少なくともプレマシーよりは上ですね(笑)

そして室内空間は圧巻w 3列目も全く問題なし!

ビアンテ 室内

どどーん。

圧巻の広さの室内空間は、さすがトールワゴン。
はっきり言ってこれで狭いとかいうやつは、もう移動手段に車使うの辞めたほうがいいよw

ビアンテ 3列目

これが3列目の足元空間。
ズボンが汚いのは仕様ですww

はっきりってくそ広い。
今回見てきたマツダミニバン3台の中でもけた違いに広い。
一部では「やや後部座席が…」なんて話もあったけど、これで狭いとか言うやつは…(略w)

結論「やはりミニバンに見た目を求めるのは間違ってる」

ということかねワトソンくん?

恐らく、この車に関してのマツダの差別化戦略は、徹底して

「エクステリア」

一択だったのでしょう。
それほどまでにエクステリアは、トールワゴン型ミニバンの中で異彩を放ちます。

ただし、売れなかった。

これはもう、原理原則として、ミニバンユーザは見た目を気にしていないという事実。
まあマツダがそれほどまでに予算をかけてプロモーションしなかったというのもあるんでしょうけど…。

「魂動」まで取り入れてなお、この現在の販売台数に至ったというのが、マツダにとっての現実なわけです。

このミニバンが売れなかったことが、マツダがミニバン撤退を決めた(らしい)最大の理由じゃないかなーと、思うわけですよね。
時代の流れに乗って、かつカッコいい車なわけですから。

ミニバンユーザが求めるのは徹底した効率性。
その時点で、生産量がそもそも異なるトヨタやNISSANには絶対勝てないわけで。。。
そうすると、もう全くミニバン事業に勝算はないわけで。。。

もう少し本気でマツダがプロモーションした姿が見てみたかった気もするけど、同時に「まあ対して売れないだろうね」という気もするw

良い車なのですが、悲劇の一台でもあるビアンテでした。

ビアンテ グランツ価格

IMG_2528

お値段以上、マツダ♪

……かどうかはわかりませんが、参考までに販売価格です♪
多分もっと値切れるハズww

MPV ~マツダミニバンの雄々しき最後の旗艦~

マツダMPV

既に生産が中止されている、かつてのマツダミニバンの旗艦です。
販売も3月を持って終了。
この写真は、岡山マツダに残された最後の販売用MPVだそうです……(´д`)

マツダ最高級ミニバンとしての確かなレベルは健在

マツダMPV

マツダのミニバンとしてはもっとも大型で、もっとも高級。
アクティブなフロントグリルと、スポーティーな全身のフォルムを維持しつつも、何と決戦兵器であるスライドドアを搭載してみせたこのMPV。
他社のミニバンとは一線を画した味わいを持ち、独自の人気を博しました。(多分w)

MPVコックピット

ドアを開けて車内へ。

インパネにほんのり輝く青白い光と、ドアにしつらわれたやはり青いラインのデザイン性が光ります。
この車の車格を意識させる瞬間……かつての王者の、在りし日々が想起されます。

上質なインパネに、コックピットもマツダらしいが…

MPV インパネ

コックピット内部。
アイポイントは高いのですが、ミニバンであることはそれほど意識させられません。

発光するメーターがマインドをかき立てる他、全体のしつらえはやはり上質。
マツダらしい、といえばそうでしょう。

ただこのしつらえで、他の上級ミニバンを撃破できるかといえば、それは別問題。

時代の流れの中、相手取ったのはアルファードやエスティマといった大型スライドドア搭載ミニバンではなく、むしろオデッセイのようなヒンジドアのスポーティー系ミニバンであったと言えるでしょう。

ヒンジドアミニバンの市場が落ち込む中、MPVが役割を終えるのは時代の必然であったと、言うことができるかもしれません。

MPV センターコンソール

センターコンソールのアップ。

ナビ部分は空洞ですが、随所にメッキされた金属パーツが存在感を主張します。

MPV リアシート

さて、リアシートへ。

大型ミニバンとしての立ち位置の上では、相応の居住性が約束されているかに見えるリアシートでしたが……。

やはり狭い。

役割を終えた巨人が眠りにつく…

そう、MPVは狭いのです。

ヒンジドア系ミニバンには決して負けません。
必要最低限、それよりは確実に上のラインのスペースを確保はしているでしょう。

ですが、狭い。
このモデルでは、絶対にトールワゴンには勝てない。

これがスタイリッシュという独自の個性を誇ったMPVに課せられた、血の十字架でした。

忘れてはいけません。

重ねて言いますが、MPVはあくまで、ヒンジドア大型ミニバンへの対抗馬。
エルグランドと殴り合いができるような、堂々たる大型トールワゴンモデルではないのです。

故に、時代のニーズとは乖離しました。

昨今の室内空間主義にトールワゴン型ミニバンが絶賛される中で、もはやMPVの提供する内部空間は「中途半端」でしかないのです。
それはこの車のせいではなく……時代の流れがもたらした、必然であったと言えるでしょう。

判断の時が来た、ということでしょう。

MPV リア

オデッセイをはじめとした数々の宿敵と、数多の激戦を繰り広げてきたMPV。

その10年に及ぶ長き歴史に、今終止符が打たれようとしています。

お疲れ様でした、とねぎらいの言葉を贈りたいですね。

今後も引き続いて、中古車市場での活躍に期待しています(^_^)ゞ

MPV 参考

写真のMPVのお値段表。

どうでもいいけど6速ATってFFであったっけ?
FFは5ATだったような……。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. Pow より:

    こんにちは。

    思えば、ミニバンの先駆者とも言われていましたねMPVは。
    確かに、MPVをトールワゴンに…って印象が湧きませんしね。
    ミニバンは嫌いでしたが、MPVのデザインは好きでした。
    あとは、スライドドアですかね?

    ミニバンブーム自体が終焉していますからね。
    縮小された市場で大手メーカーとガチ対決するほどMAZDAも余力はありませんし。
    その分のリソースは…以下略w

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      あくまでも「ミニバン」ではあるんですけど、MPVは確かにかっこよかったですよね~。
      マツダのミニバンには、頑張ってデザインしている感じが好印象です♪
      私は「ミニバンはレンタカーで良い」というのが持論なので(w)、自分で買うことはきっとないでしょうが、マツダの撤退は「ミニバン嫌いだけど仕方なく…」な人にとっては致命的かもしれませんね(^^;

      ただ、ビアンテには素直に「広いなー」と思いました。
      なるほど、これが世の中に受け入れられるミニバンというものかと、少し感動しました(笑)
      まあでも、マツダはミニバンなんてつくる前に、やることはたくさん…(略)w

      • Pow より:

        ご返信ありがとうございます。

        ミニバンって駐車場も広く高くなきゃダメですからね。
        確かにレンタカーで事足りますね。

        ビアンテは顔がダメでしたねw

        そう言えば、国交省が実施したディーゼル車の実地走行の排ガス試験で
        CX-5とデミオが驚異的なスコア叩きだしましたね♪
        第2世代SKYACTIVでは、無理ゲーな米国の規制も突破して欲しいものです。

        • セトシン より:

          Powさん、コメントありがとうございます♪

          ビアンテの顏は、仕方ないですw
          あれはマツダなりの最大限の努力の結果で、もう箱型にしないといけない以上、あれ以上には出来なかったのでしょう。
          好きな人が好きならそれでいい、という割り切ったデザインですよw

          おっ、そんなスコアがあったんですね? 知らなかったです(^^;
          ディーゼルエンジンも、第二世代でどのくらい進化してくるのか、とても楽しみですね!!(^ω^)