新型セレナと自動運転。技術のNISSANに面白くしてもらいましょう!!

セレナ(新型)
出展元:NISSANホームページ

遂に具体的な話がもっさもっさ出てきました!!

NISSANの新型セレナ、いよいよ8月デビューです!!
正直どうでもいい車種ではありましたがこの「プロパイロット1.0」はあまりにも神機能ですね!

スポンサーリンク
レクタングル大

プロパイロット1.0は自動運転なのか?

いろんな雑誌に出てますが、結論から言えば

「普段使いに関しては全く自動運転ではありません」

が正しい答えではないでしょーか。

これは別に技術のNISSANをdisってるわけではありません。
プロパイロット1.0は非常に役立つ機能だと思ってますよ!?(゜Д゜A;;

ただ、現行の機能では結論をそのあたりに軟着陸させるのが無難なのです。

というのも、このプロパイロット1.0さんが活躍するのは主に、

「高速道路走行時」

だからです。
用途が限定されているというわけでもないでしょうが、機能が最大にフォーカスされるのは、高速道路の左車線を自動で(要ドライバーの監視!)走れるというポイントであり、一般道ではその効果は限定的なのです。

低速走行時に前の車に追従する機能は、通勤ラッシュの渋滞ではそれなりに効果を発揮するかもしれませんが、そこまで。
一般道での走行は、それこそ大きな国道でもない限りは、交差点の連続です。
翻って、遠出をする家族のためにはこの上なく心強い機能ではあるものの、ではその頻度を考えれば「どーなの!?」という話になりかねないのがこのセレナさんの立ち位置ですね。

そしてそもそも論として、NISSANは自動運転を完全に放棄しています。

ステアリング離したら自動運転は止まってしまう模様。
あくまでもドライバーに運転を管理してもらう必要があるわけです。
まあそりゃーそうだよな、技術ってステップバイステップだろうし(・ω・)

体験レポや試乗記は色々と出てますが、driverの最新号に特集があります。
恐らくベストカーでも飛びついてくるでしょう(ここ最近ネタないしw)が、こういう一般ユースの体験記はdriver誌のほうが読みやすく面白いのは個人的な意見(笑)
ドライバー 2016年 09 月号 [雑誌]

こんな感じ。
Vモーショングリルはデザイン上の癌だとずっと思ってましたが、新型セレナは結構似合ってますね(笑)

とはいえ、「技術のNISSAN」的には、目玉となる超機能であることは違いありません。
新型HVシステムは来年まで持ち越しが濃厚ですが、このプロパイロット1.0で、低迷する国内販売の未来を切り開けるかは、一つの焦点となるでしょう!

ワタクシ事ながら、2年後にミニバンへの買い換えが確定的となった私管理人的に、唯一新車でも欲しいと思えるミニバンでもあります。
新しいもの好きなんですww

「二年後に一番乗りたい車は何ですか?(・∀・)」

「RX-8です!!(゜Д゜)」

……余談でしたww

テスラの事故から考える自動運転の現在

海外ではもっと進んでいて、テスラモデルSなんかは、車線変更とか自動でスイスイしちゃう機能が積載されてたモデルらしいです。

んで、トレーラーに自動で突っ込んで死亡事故が起きて問題になってます。
テスラ曰く、「太陽がまぶしかったから」。
ちょっとそれはどうなの、テスラさん(苦笑)

とはいえ、自動運転技術は運転サポートでしかありません。
ドライバーがDVD見てたというウワサがある今回のテスラの事故の責任を、テスラにだけ求めるのは酷です。(アメリカでテスラが自動運転をどう銘打って売ってるのかは知りませんが)

ただ、この事件があった直後にリリースされるNISSANセレナだけに、そしてその車種は高級車ではなく、大衆車であるだけに、責任はかなり大きなものとなりうるでしょう。

まあでも、今回はNISSANは「自動運転はあくまで運転サポート技術」という名目で色々徹底しているみたいなので、多分大丈夫かな?

車線変更機能とかも入れてないし。
全国の営業にはかなり細かく売り方に対する指示(自動運転についての注釈)が出たらしいですし。

あくまでも「運転から離れることに対する警告機能」とセットになった上で、それでも困ったときの「自動運転機能」であるというのが、今回のプロパイロット1.0なんでしょうね。
ちょっと自動運転のフレーズが一人歩きしている(NISSANも敢えてそれを止めてないが…まあまだ販売前なので仕方ないか)感じはしますが。

リテラシー低そうなオバハンが軽微な事故起こして、NISSANに突っ込んでいくという展開がやや想像できたりはしますが(笑)

正直、自動運転はまだまだこれからです。
車線変更は当然として、交差点が出来なければ普段使いでの革命的な進化は得られない。
決まった道順で決まった場所に行くぐらい「自動で」できるようにならないと、本当の自動運転の時代は来ないわけです。

そういう意味で、テスラに負けてるNISSAN。
ていうか海外勢はテスラだけでなくて、既に続々と自動運転機能を持った車が出てるんですよね。
NISSANがすごいのはそれを「大衆車」に入れたという点なわけで。

ただ、テスラに出来るんならNISSANにも同じ機能を開発する能力はあると思うんですよ。
別にテスラって、技術的にズバ抜けたメーカーだとも思わないし。
(未来っぽい車の魅せ方と、それの売り方が神に上手いメーカーだと思ってます)

でも、とにかく慎重に。
日本企業(?)らしい堅実性をもって進化させているってことなんでしょう。
先行されるリスクとは常に隣り合わせですが、「技術のNISSAN」にはベンツやテスラやGoogleに負けない力があると信じてるぜ!!

……ていうかこの分野では、NISSANに頑張ってもらわないと、日本車大変なことになるお(・ω・)

なんとH社は車に感情を組み込むことを始めたけどね!!(笑)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. とみざわ より:

    こんにちは、おじゃまします。

    セレナが、来月出ますね!
    以前所有していたノアが
    運転していて退屈で退屈で
    居眠り寸前なんてことが時々あって。。。
    特に高速道路は余裕のない動力性能も手伝って
    走行車線を粛々と事務的に走らせる、いわば「苦行」でしたorz
    なので、高速限定でも、
    移動の手段としての車にこの機能は歓迎したいです
    ・・・中途半端感が否めないけど。

    あのCM見て自動運転と勘違いする人、出そうな気がします。
    ひとまず、ギター侍あたりに
    「自動運転はしませんから!」と切ってもらったほうがいいかも(笑)

    メーカーの思惑とは裏腹に、
    「プロパイロット」が「自動運転」という言葉に
    「乗せられない」ことを願ってます。

    • セトシン より:

      とみざわさん、コメントありがとうございます♪

      おお、中々に辛いコメントですねww
      確かにこういうファミリーユースのハイトミニバンこそ、最も自動運転が似合う車ですよね♪
      私もレンタカーで現行アルファードの2.5L直4モデルに乗ったことがあるんですが、あの車重にあの動力性能は確かに苦行でした…坂昇らねー(*´Д`)
      高速限定でも、年数回の優秀な交通手段として活躍してくれれば、願ったり叶ったりですね!(*^-^*)

      なんだかNISSAN、気をつけてはいるんでしょうけど、CMの魅せ方とかは「言い過ぎ」な気がしますよね。。。
      果たして大丈夫なのかは……気になるところです(´・ω・`)