販売ラインナップから見る新型シビックの期待値~シビックは日本で売るべきか~【後編】

シビック北米
出展元:HONDAホームページ(北米)

前回の続き。ていうかまさかの全3編構成ですww

シビックは日本で売るべきなのかどうなのか、今回で白黒つけるぜコノヤロー!( ゚Д゚)ノ

スポンサーリンク
レクタングル大

販売台数を期待するHONDAもヴァカじゃあるまい…

結論としては、正直そこまで売れないと思うんですよ、やっぱ(´・ω・`)

具体的に販売的に成功するとすれば、

  • 自動運転を装備する
  • 燃費カタログでプリウスを超える
  • クッソ安い

とかまあ、そういうレベルで奇跡がないとダメでしょうね。
んで、後者2つは不可能なので、HONDAセンシングが最強レベルに進化して「はあ?まだアイサイト乗ってんのクソじゃね?( ゚Д゚)」ぐらい言えるレベルになるというのが最後の可能性ですが、ほぼ無理デショー。
激しくそっち系の技術者募集してる感じだから、焦ってんだろうなぁ(´・ω・`A;;

でもまあ全く売れないかと言われればそうでもない。

多分月販で1000~2000台ぐらいは行けると思うんですよ。
作り過ぎて野ざらしにしなければですけどw

根拠としては、アクセラがそのぐらい売れてるから。
売り方さえ間違えなければ、そのぐらいは売れると思うんですよ。

「こんなん日本で売るとかHONDAヴァカじゃね!?Σ( ゚Д゚)」

というレベルで売れないことは決してないと思うのです。

というわけで販売ラインナップを妄想する会

ところでこのシビック、HONDAはどうやって売る気なのでしょう。

アクセラにしても最量販グレードは1.5Lガソリンの15S。
台数を稼ぎに行くなら、HONDAが現在アメリカで販売しているラインナップ(2Lガソリンが最廉価)では、やや不足です。

素直に1.5Lガソリンを持ってきてもいいんですが、恐らくHONDAが用意するとしたら

1.0L 3気筒VTECターボ

なのではないでしょうか。
実際、ハッチバックモデルではラインナップされるようですし。

額面の数字だけを重視する無能なワタシとしては、

「えー、3気筒ー?(´・ω・`)」

とぶーぶー文句を言いたくなるところですが、イヤなら4気筒買えって話ですよねw
貧乏人のヒガミでござるww

実際、3気筒ターボはフィットやフリードにも搭載されてくるパワーユニットでしょうから、HONDAの中核となるエンジンでしょうし。

しかし、新型フリードはこの3気筒ターボじゃなかったから、日本国内導入はシビックが最初になるかもしれませんね。

ところがこのシビック、HONDAさんはどうもハイブリッドシステム押しの模様。
ホリデーオートあたりがきっちり記事書いていましたが、HV発売に併せて日本に持ってくるという目論見があるようですね。

というわけで販売ラインナップを妄想するとすれば、

ボディ エンジン お値段
ハッチバック 1.0L VTECターボ
(3気筒)
200万ぐらい
(最廉価)
1.5L VTECターボ
(4気筒)
260万ぐらい
セダン 2.0Lガソリン 220万ぐらい
1.5L VTECターボ
(4気筒)
260万ぐらい
スポーツHV 300万ぐらい
クーペ 1.5L VTECターボ
(4気筒)
260万ぐらい
スポーツHV 300万ぐらい

みたいな!?

グレードとHVをボディタイプで棲み分けしてみましたが、まあ共通できるもんならしちゃった方がいいかもね。
この共通化するときにどのぐらいのコストがかかるのか私は知らないので、何とも言えませんw

でも3気筒VTECターボはハッチバックに積むって話が出てるエンジン。
北米でのハッチバックは1.5LのVTECターボ一択らしいから、逆にハッチに2.0Lは無いと踏んでのハッチバックは2択。

HVは多分、セダンに求められる試乗だろうということで、セダンタイプに設定。

クーペは確かVTECターボ(1.5)一択だけど、CR-Zユーザを囲い込むためにスポーツHVを設定してくるのではないかと予想してみる。
ごめんなさい間違えました、妄想してみる(笑)
でも今のHONDAのHVって、6MTとか開発してなさそうだからな~~~。
CR-ZのHVとは多分システムが結構違うだろうから……何とか流用して導入できないものか。。。

……んで。

もう一度言っておきますけど、これは激しく妄想ですからね!?w

クーペモデルとか、日本ではきっと売らない可能性大!
そして下手するとハッチバックモデルさえ日本で売らない可能性大!

アクセラの販売台数稼いでるのがハッチバックであることを考えれば、シビックもハッチバック導入しなければ月販1000台の世界が迫ってしまう可能性がありますぞ!
HONDAわかってるか!?(笑)

センシングの性能にもよるでしょうが、このシビック・ブラザーズが日本で販売されれば、月販で3,000台ぐらいは目指せるレベルにあると思うんでしょね。
「売れるわけねーだろww」という某記事に対して、「いや、売れないことはないですよ?」と反論できなくもない。
ただこの3,000台がアタリかハズレかといえば…………。

結局は企業の戦略性に寄るんですよね。

シビックでHONDAブランドを変えられるか?

結局、HONDA△的には、

シビックで離れてしまったかつてのHONDAファンを取り戻す

という戦略的な目的が果たせるかどうかじゃないでしょうか。

まあこう書くと、限定的に過ぎる気もしますがw
ターゲットがオールドファンというのでは寂しいので、もっと普遍的な目標設定に置き換えるとすれば、つまり、

シビックでクルマ好きたちの心に響くHONDAをアピールする

というのが、本題かな。
オールドファンだけではなくて、若年層にも希求できる商品にしなくてはならないし。

これはトヨタが特に気づいていることですが、フィットやヴィッツを買う層にとってのクルマというのは、コモディティ化していくのです。
そういった層にとってのクルマは家電と同じなので、「良いお客」には絶対になりえない。
電気自動車が普及すれば、生産性や整備性の面でコスパの良いEVにみんな流れて行って終わりですよ。
これからの時代、ガソリン車は「敢えて選ばせる」魅力を追求していく必要があるのです。

目先の販売台数ばっかり追ってたHONDAには、その視野がなかった。
だからこそ、八郷社長体制になって、その見直しをかねてのシビック国内販売なのだと思ってます。

今のHONDAというのは、フィット&ミニバンの会社。
S660とヴェゼルは良い商品なのですが、やはり会社の顔であるCセグメントクラスに、相応のインパクトが欲しいと私は思うのです。

かつてのHONDAを愛する人間として。

是非シビックには、(販売台数以外の面で)低迷するHONDAを救ってほしいと思います。

ま、販売戦略部隊がアフォなら、シビックだけが頑張ってもどうにもならない面もありますがねww

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. kuni より:

    こんばんは。
    ハッチバック、カッコイイですよね!是非、日本でも販売してもらいたいです。
    シビックはスポーティー路線で、カタログモデルはハッチバック1.5ターボのみで良いと思います。タイプRは限定モデルで。
    でも、セダンHVは導入されるのでしょうね。

    • セトシン より:

      kuniさん、コメントありがとうございます♪

      ハッチバックはヤヴァイカッコ良さですよね……。
      カクカクしたアザトいぐらいのデザインは少しやり過ぎ感もあるんですが、そのやり過ぎ具合が心に刺さるってもんで……w
      正直HVは全く興味がないんですが、まあオデッセイのHVとか見てると(カタログ)燃費も走りもかなりな感じなので、CR-Zの後継的なスポーティーHVが誕生しないかなぁという淡い期待も少しだけ持ってます(笑)
      でもハッチバックが日本導入されるかは、かなり謎ですよね、HONDAですし……(´・ω・`)

  2. NaCl より:

    ハッチバック売らなければグレイス並か、下手するとジェイド並に失敗することが目に見えていますね。日本では高級車以外セダンはことごとく不人気ですね・・・カローラはワゴン、アクセラやインプレッサはハッチバックばかりですし。
    今の経営陣の無能ぶりを見るとセダンのみとか平気でやって、爆死しそうなのが心配です・・・
    ハッチバック販売しても現状のCセグクラスの販売状況を見る限り厳しいことには変わりはないでしょうが
    デザインはかっこいいので、ガソリン車だけでも日本販売前倒しして欲しいですね・・・HV出さないと売れないのが目に見えているので販売したがらないんでしょうけど・・・

    • セトシン より:

      NaClさん、コメントありがとうございます♪

      セダンのみとか、本気でやりそうですよねww
      もしかするとHVのみとかもありえるんじゃないかと思って、戦々恐々していますww

      市場別にみると、Cセグの顧客層は確かに存在するはずなので、生産ライン云々で元が取れるんならシビックは是が非でも日本で売るべきだと思うわけですが、一方で自分は買わないので、単なるクルマ好きのワガママなのかなぁともほっそりと思ったりしますw