進む国産メーカーの合流。乗り遅れて見えるアノ会社は大丈夫か…?

世界戦略

私、猛烈に不安を覚えているのが一点、ございます。

それは日本自動車メーカーが、次々と連合していくこの時代について。
その波に乗り遅れたが故に、今まで我々の心をたぎらせてくれた「あの」メーカーに、最大級のピンチが訪れるのではないかという点についてなのです……。

スポンサーリンク
レクタングル大

メーカーの提携が続々と進む理由

ここ最近、自動車メーカーの提携の話題には事欠きません。

スズキがトヨタと業務提携を締結したのは記憶に新しいところですし、三菱のトップに日産のカルロス・ゴーンが乗り込んでくるというのも結構ナウい(w)ニュースでございます。
他にも前年にはマツダとトヨタの提携もあれば、ダイハツの完全子会社もありました。
自動車業界は、まさに風雲急を告げているわけです。

その理由は他でもなく、「先進技術への対応力」が劣るメーカーが存続の危機に陥ってるというただ一点でしょう。

スズキとトヨタの提携は、間違いなくそこに理由があります。
スズキはいいクルマつくりますが、今後の技術革新に単独で追従するのは厳しい。
修会長はそう見ているのでしょうし、その見解は正鵠を射ているように見えます。

マツダとトヨタの提携は、具体的な動きを一切伴っていないものの、マツダ側が見据えているのは、トヨタからの技術的なバックアップであることは疑いありません。
マツダとしては虎の子のロータリーPHEVを開発できれば、トヨタとの提携は十分にイーブンな関係で成り立ちそうな気がするけどな~。

むしろ、国産メーカーの各トップは抜群の判断力を見せていると思います。

トヨタの章男社長はかつてない危機感を魅せて連合の構築を進め、最新技術の開発を急がせています。
やや乗り遅れた感のあったトヨタですが、ここ最近の危機感は凄まじい。
あのグループが本気になれば、開発は急ピッチで進むに違いありません。

そしてトヨタとの提携に踏み切ったスズキをはじめ、動きは早い。

もちろん、NISSANのゴーンはその動きをはるかに前から見せていたわけなのですが……。

とまあ、ようするに自動車業界は風雲急を告げているわけです。

そしてこう書くと、何だかこの話題に全くのっかってこないメーカーが一つあるのが、気になりません?

HONDAは大丈夫なのですか…?(リアルに)

すげー心配。

実際問題、技術革新の波についていけずに取り残されるとすれば、この会社な気がする。
最右翼はスズキかと思っていたけど、今回のトヨタとの提携で逆転しました(笑)

地味にマツダも怪しいけど、あそこは経営陣頭よさそうなのでどうにかするだろう……。
ガソリンエンジンのシェアが完全に失われるのはEVの段階ではないと思うし。

確かにHONDAは、現時点の先進装備で他社に劣っているわけではありません。
むしろ独力(サプライヤーが優秀なのかな?)でよくやってると思う。

ただ、社長が変わってようやく軌道修正された感はあるけれども、やっぱり迷走の度合いが一番深い会社であることは間違いない。
この前、AI関連の研究所を東京に集約させるというニュースを聞いて絶句しました。。
このご時世に場所で物事を図るなんて非常にナンセンスで、海外の優秀な技術者が他社に抜かれる契機になりそうで……大丈夫かなぁ……(´・ω・`)

セーフティセンスにしてもEV系の技術にしても、目立って他社に遅れている感じは「まだ」ありません。
それでも、単純に規模の面で最も不利な位置にいることは間違いないと思うのです。
GMと燃料電池車の開発を進めている等、情報もありますが、単独で生き残るには厳しい荒波の時代はすぐそこまで来ています。

HONDA号の無事を、祈るばかりです……(´・ω・`)ゞ

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大