坂の上の雲の上のロードスターRF。それでもいいよ、かっこいいから。

ロードスターRF
出展元:マツダホームページ

いまさらながらロードスターRFについてでも……。

発表されてしばらくたってますから、もはや新鮮でもなんでもないんですけど……。
ていうかあまりにも住む世界が違う車になっちゃったんで、正直記事書くかどうか迷ってたんですけど……。

とりあえず、カッコイイっすね(´・ω・`)

スポンサーリンク
レクタングル大

とりあえず見積もりを取ってみたわけだが

ロードスターRF見積もり
出展元:マツダホームページ

このようなお値段と相成りましたww

私が買うとしたら、という前提で見積もりを取ったわけですが……。

グレードは「S」でなくて「VS」、これは「シートヒーター」の有無を見た結果です。
正直ガチで走る気ならこの車ではない(そもそも私はガチで走れない人ですがw)と思うので、拘ったのはオープンドライブの快適性のみ。
そこへいけば、必然的に「シートヒーター」非搭載のSが外れ、この結果より20万ぐらい高くなるRSは世知辛い事情で外れますww

はっきり言って2人乗りのオープンカーにこの値段払うのは一般的なファミリー層にはムリw
「S」の値段でアテンザXDが買えます、ホント。
つか同じ2Lの86と比べても、最廉価グレード同士で60万も違うんですねぇ……。上位グレードのGTLimitedが買えてしまうww

というわけで、ロードスターRFさんの特集でした。ちゃんちゃん♪w

公道に彩りをもたらす特別な存在として…

まあロードスターの価格帯から、RFがこのぐらいの値段になることは何となく予想されていたわけではあります。
ロードスターでさえ買えない貧困層の私からすれば、もはやRFが雲の上の存在であることは明白だったのです……。

……生活苦しいやつ手をあげろ!!ww( ゚Д゚)ノ
※流行に乗りましたw(古w)

ただまあ、マツダが安売りしない会社であることは今更なわけです。

非プアマンズなポルシェ的な会社を目指しているであろうマツダさんとしては、RFの価格帯は十分に妥当なわけです。
だってボクスター買うよりはるかに安いしね!!(色々違うけどw)

小飼社長の

「若者のクルマ離れを何とか改善したい」

というコメントから完全に矛盾するように思われますが、実は社長は若者に乗れとは言っていない。
「若いころに車にあこがれた世代にRFに乗ってもらって、若者の脳裏にクルマに対する憧れを植え付けろ」と言っております。なるほど合理的。(一部誇張w)

なので私のような一般的なファミリーパパには、あくまでも見て楽しむクルマだと思います。

普通のロードスターでも、行動で見るとやっぱり人目を惹く。
ならRFだって、より強く周囲を惹きつけるに違いない。
見れるだけで眼福、間違いない!

乗れる人には是非どんどんRFに乗ってもらって、公道を華麗に彩って欲しいものですね♪
嫉妬なんてしないですよもちろん。

……生活苦しいやつ手を(略)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大