新型CX-5はマツダブランドの真価を示せるか!? 兄から末っ子になった新型の挑戦!

新型CX-5
出展元:マツダホームページ

遂に公開された新型CX-5!!

…………これはアサルトヤヴァいぜ!!Σ( ゚Д゚)

いやはや、何がヤヴァイって、もはやこのデザイン、アサルト級って感じ(意味不明)ですぜ!!

スポンサーリンク
レクタングル大

KOERUがかつて具現化した可能性を見事に…

エクステリアなんて個人の趣味なんで……なんて、貧相な台詞は今回だけは言わない!

いや言えないッ!!( ゚Д゚)クワッ

新型CX-5 サイド
出展元:マツダホームページ

見よッ、この圧巻のスタイリング!!

ていうか見よッ、この圧巻のフロントマスク!!

魂動デザインの大筋を動かさずに、バージョンアップさせた感じのデザインですが、

「なるほど! これがCX-5だわ!」

と、画像を見て仕事中に激しく膝をうったものです。
大幅アップデートではありませんが、確かな進化。
今までの魂動デザインの中にあって、どの車種にもあてはまらなかったカテゴライズ。
言語学的な語彙を尽くして賛美の言葉を並び立てても良いのですが、今のこの私の気持ちを余すところなく光回線(w)に載せるとすれば、

…………これはアサルトヤヴァいぜ!!Σ( ゚Д゚)

という冒頭の言葉になるわけですよエエ異論は認めないぞエエ。

ところでワタクシ、この新型CX-5の姿を見て一番に思い起こしたのは、2015年にフランクフルトモーターショーで展示されたコンセプトカーの「KOERU」でした。

KOERU(フランクフルト)

コレコレ。

確かにKOERUほどクーペライクではないんですが、CX-5のデザインはこの路線からの正常進化として、見事に熟成したんだろうなぁ……なんて一人で脳内妄想が激しかったわけです。
KOERUはアクセラSUVになってしまったけど、新型CX-5は見事にこの路線を完成させた一台だと思いますね。CX-4なんて知らないズラ(´・ω・`)

パワートレインの刷新・新規技術はなし

期待されていたHCCIや、ディーゼルハイブリッド、電動アシストターボ(お前だけだw)は残念ながら今回のフルモデルチェンジには非搭載。
自動運転系の技術も当然なし。
注目の新要素と呼べるのは、代名詞である「赤」の更なるバージョンアップ、

ソウルレッドクリスタルメタリック

なる新色ぐらいなものでしょう。
写真で見る限りヤヴァそうですが、まあ色は肉眼で見ないと何とも言えないよな……。

16進数のWeb色表現で再現できないかな? “#ff0000″…的なw

さて、これはマツダにとっては予定通りなのか予定遅れなのか。

いずれにしても、パワーユニットの電動化がやたらともてはやされる昨今、HCCI等の内燃機関待望の新兵器は、多くのファンが楽しみにしていたわけです。
内燃機関を渦巻く環境は決して「良くはない」だけに、何らかの手が期待されたところでしょうが……。

これが「予定通り」の発表スケジュールなら、別に何の問題もないと思います。
クルマ雑誌たちの見立てでは、「東京モーターショーで次期アテンザとして発表…」が有力な技術ですし。
CX-5では時期尚早で、期待通りに次期アテンザでヴェールを脱ぐのならそれでいいと思います。

……「予定遅れ」だと、ちょっと困っちゃいますが(´・ω・`)

「予定通り」だとするなら、CX-5へのHCCI搭載は2年後ぐらいか。
新型アテンザの発表が東モだとすれば、発売は2018年初頭と予想できるので、2017年の商品改良には間に合わないとして、だいたいデビュー2年の大型アップデートに載せてくるのではないかと推察されます。

ちなみにディーゼルハイブリッドは噂はよく聞くものの、実はあんまり車雑誌系では取り上げられていないんですよね。
イマイチ情報に確度がない。
マツダがHVを軽視しているわけでないことは、事実なようですが。

それにしても、ZEV規制を睨んでPHEVあたり出してくるかと思ってましたけど、そこらへんも動きないですね~~。

ちなみに、2.5Lターボが搭載されるという噂はやっぱりデマだった模様。
まあCX-5とか、現行のガソリン最上位が2.5LのNAですからねぇ……。そこから更にターボモデルとか、もはやガチガチのスポーツモデルでもない限り不要だろ。。。

第6世代の長兄だったCX-5が末弟に?

この新型CX-5については、デザイン以外の面ではあんまり「新モデル!」感はありません。
イメージとしては、新世代(第七世代)の先頭を切ったというより、旧世代(第六世代)のグランドフィナーレを飾る一台という見方が正しいかもしれませんね。

第六世代商品群の先陣を切ったCX-5ですが、現行モデルはMCで手直しはしたものの、やはり魂動デザインの中では中途半端な感は否めなかった。
ならばこそ、今回のこのフルモデルチェンジを契機として、より「魂動」デザインっぽい造形を得たと。
長兄だったCX-5が今回のフルモデルチェンジを経て末弟になったと考えるのも一つ妥当な気がします。

旧モデルは、どう考えても弟たちと共通点がなかったラ〇ウみたいなもんかなw
あ、アレは血がつながってないのか(^^;

マツダ・ブランドの現状を示す重要な一台

それにしてもこのCX-5、今回のモデルチェンジがどれほどの効果をもたらすのか、マツダの行く末が占われる一台だと思います。

理由は先述した通り、「目玉となる新技術がない」上に「デザインも熟成路線」だからですね。
一応CX-5としてはGベクが新技術になるんでしょうが、他の車種では既にやっていることですし……。
全体の性能向上は大きく図られた模様ですが、特にパワートレインの刷新がないのが新鮮さを感じない理由でしょう。

ただまあ、普通はパワートレインなんてそんな簡単に刷新しないもんですし、デザインもそんなに頻繁に変えたりしません。
たいていの車は、2回に1回は熟成路線で固めますからね。フルモデルチェンジって本来そういうものです。
今までのフルモデルチェンジがガシガシ変わり過ぎだったというだけ(笑)

言うなれば今までの商品群は、「新世代商品」というイメージ戦略が強く奏功し、販売実績に力強い影響を与えた感は否めません。
今までのフルモデルチェンジのプロモーションが衝撃的だった分、今回の新型CX-5については、いやがおうにも地味に映らざるを得ないわけです。
「スカイアクティブ」という独自の技術ブランドを標榜し、他社にはないマツダブランドを「独自技術」として植え付けていった商品戦略は見事なものでしたが、今回のフルモデルチェンジはその恩恵を得ることができない最初のステージになります。

つまり、今回は久しぶりの普通のフルモデルチェンジなわけです。

この普通なフルモデルチェンジ、果たしてどのくらいユーザに届くのでしょう。
マツダがこの「魂動」というデザインでプレミアム・ブランド化を目指しているのは明白なわけですが、デザインの大幅刷新がないのは(普通のことだけど)ユーザに新鮮味が伝わりにくいのもまた然り。
ただ、それでも海外のプレミアム・ブランドは売れ続けているわけですから、そこを目指すマツダも、今回のCX-5が売れないことには始まらない。

そういう意味で、この新型CX-5は、マツダ・ブランドの熟成を図った重要な一台だと言えるのではないでしょうか。
プロモーションに頼らない、単純なクルマ、ブランドの魅力が問われる戦いになりそうです。

補足:3列シートについて考える

いやはや、3列シートなさそうですねエエw

トランク部分に3列目は作れないことはないんでしょうが……まあ正直単なるパフォーマンスに過ぎないと思うので、別にイラナイww
居住空間としては取って付けたようになるうえに、荷物の積載量とか、フル乗車時はほぼゼロでしょうしね……。
新型CX-5における3列シートはあまり期待しない方がいいのかなぁと思います。
つか、このクラスの3列シートつくっても、売り上げが期待できるわけではないしね。

となると、やはりCX-6またはCX-7といった「新顔」への期待が高まります。

ただし、正直派生車種にそこまで金かけてる余裕はないでしょうから、CX-5をどこまで流用できるかがポイントになるでしょうね……。
この顔で3列シート車が用意できるなら、そりゃ乗りたいぜwww

ホイールベース拡大して全長を長くとっても、デザイン的には上手くまとまりそうだけど、改修コスト高くつくんだろうか……??

というわけで、新型CX-5の特集でございました。

広島本社に展示していただければ、すぐにでも見に行きますよエエ。
私にはアサルト的なレベルでクリティカルヒットでございましたよエエ。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. usk より:

    うーん。
    私は第一印象が「あれ?」でした。
    格好いいことはいいんですが、よく言えば落ち着いたデザイン。
    悪く言えば少し老けた気がしています。
    もうちょっとアクティブ感があった方が、CX-5のユーザー向きだと思うのですが、どうでしょうか?

    大好きな車なんで、売れて欲しいですが、ちょっと不安です。
    杞憂で終わればいいんですが。

    • セトシン より:

      uskさん、コメントありがとうございます♪

      確かに落ち着いているといえばそういったデザインですね。
      現行モデルのデザインが良い意味で「子供っぽい」感じなのに対して、次期モデルは「大人の色気」を出したデザインというところでしょうか。
      言われてみると、なるほど確かにそんな気もします。超納得です。
      CXシリーズの立ち位置を見ると、非常に良いカタチでまとめられているとは思うんですけどねぇ……。

      売れて欲しいですね~。売れないとマツダが行き詰まりそうですww
      3列シート出るなら、売り上げに貢献できるんですが…w

  2. ご無沙汰してます。
    CX-5に乗っているオーナー(特に初期に購入した人)の多くは、”フルスカイアクティブ”の新規性に興味を示して購入したと思っています。
    今回のCX-5が購入対象になるかというとうーん、パワートレーンの刷新が一切ないので微妙かな・・・
    恐らく、HCCIモデルまで”待ち”の方が多いのではと思います。
    スタイルは、個人的にはちょっと間抜け面の今のモデルを気に入っていますが、諸事情により実は手放してしまいました(^^;)
    当面殆ど車が必要ない環境になるので、軽自動車でしのごうと思い、現在三菱 アイの納車待ちです(笑)
    サボテンランドでも時々ブログ拝見させてもらうつもりなので宜しくお願いします。

    • セトシン より:

      ベリーサオヤジさん、コメントありがとうございます♪

      そうですよね、前のモデルのCX-5をはじめとした、いわゆる第六世代商品群は、”フルスカイアクティブ”と言われた新しい魅力に守られた商品群だったと思います。
      実際とても魅力に溢れた商品なのですが、今回のモデルチェンジは「安定進化版」になるので、その反動を受けそうです。
      売れなくなることはないでしょうが、初動はそれほど伸びなくなるかなあ~と勝手に思ってます(^^;

      おお、手放してしまわれたんですね……。
      ということは、今年のマツダファンフェスタはアイで参戦ですね(笑)
      それにしても、アイというのは面白い選択ですね♪
      結構走るというのは聞いたことがありますが、MRだということで、とても魅力的な一台ですね~(*^-^*)

  3. セトシンさん、返信ありがとうございます。
    今年は残念ながらマツダファンフェスタは不参戦です(汗)
    麻薬と銃がはびこる?サボテンランドへの赴任を内示されたので、11/27からまずは出張で3週間旅立ってきます(^^;)
    ですので、ほぼ車は必要ないのですが、年に何回かは帰国しますので、その際の足用と、普段は私の母に乗っていて貰おうということで軽自動車に(^^;)
    でも、普通の軽では面白くないので、MRのアイにしてみました。
    11/27から出張なのに前日大阪まで車を引き取りに行く予定というアホっぷりです。
    ライトがハロゲンなので、LED化したいなーとか馬鹿な事考えてたり(^^;)
    Club CX-5の管理者も後任の方にお譲りしたので、次はサボテンランドで何に乗るかですね~。(社用車4台あるって事なので何があてがわれるのか・・・)
    今後も時々ブログ拝見に来ますので宜しくお願いします(^^)

    • セトシン より:

      ベリーサオヤジさん、コメントありがとうございます♪

      ……オオ、サボテンランドってガチな意味ですかww
      行ってらっしゃいませ。ご武運をお祈り申し上げます(´・ω・`)ゞ

      アイは乗ったことないんですけど、やっぱ違うって話は聞きます。
      軽自動車にあまり興味がない私(アルトラパンは例外w)ですが、アイはちょっと「いいな~」って思う一台ですね(^^;
      LED化ww 普段乗らないのに早速気合はいってますねww

      よろしければ是非、これからも当ブログをよろしくお願いしますm(_ _)m
      遠くサボテンランドまで、日本のクルマ事情をお伝えさせて頂きます!!(ねじ曲がりますけどw)

  4. とみざわ より:

    こんにちは、おじゃまします。

    CX-5、公開されましたね
    エンジンやシャシーなどの
    詳しい情報は全然知らなくて、あくまで写真だけですが、
    「マイチェン?」と思ってしまいました^^;
    格好いいことに変わりは無いのですが、
    現行型のイメージを引っ張りすぎのような・・・
    新型なのにそれがうまく伝わらず、売れ行き伸び悩みにならないといいなぁ
    奥さんに新型の印象を聞くと
    「どこか変わった?」と言われちゃった。

    ただ、わたしは今までも実物見てから
    印象がガラっと変わることが多々あったので、
    販売店に実車が届くのを楽しみにしてます!

    なお、わたしが今の時点で確実にいえるのは。。。
    「ウチのコ(CX-3)が一番カッコエエ!!」
    ってことくらいです!!
    ・・・ごく個人的な評価でごめんなさい

    • セトシン より:

      とみざわさん、コメントありがとうございます♪

      新型のデザインは結構賛否両論ですね(^^;
      私はCX-5が今の路線にようやく乗ってきた(以前のモデルは魂動デザインっぽくなかった)という解釈なので結構歓迎なのですが、さてはて売れ行きはどうなることやら……。
      強力な「押し」がないモデルチェンジになるので、本当の意味での勝負になりそうですね。
      とりあえず、ソウルレッドクリスタルの出来栄えも含めて、早く実車見てみたいところです♪w

      なんの、私も、
      「それでもウチのアクセラがカッコ良過ぎてヤバす!!」
      と声を大にして主張するので大丈夫です(笑)

  5. とみざわ より:

    セトシン様
    返信ありがとうございました^^
    やっぱり、お互い自分ちの子が一番ですよね♪

    一番!・・・なんだけど、
    唯一惜しい!と思っているのがエンジン音なんです
    入念な遮音がされてるのはよくわかるんですけど、
    逆に聴いてイイ!と思わせるディーゼル、作ってくれないかなと。
    むかーし、日産であったRD28っていう
    ローレル、スカイラインに載ってたディーゼルが
    ディーゼルながら軽やかな音がして
    結構好きだったんですけど、
    環境性能は今のままで、
    これみたいな音のするやつ、出してくれないかな
    出せれば、CX-5にもCX-3にも
    新たな付加価値が生まれる・・・ような気がするっす(・ω・)ノ

    ・・・あ、もう一つ惜しいところあった。
    CX-3の純正ホーン、音がショボい(笑)

    • セトシン より:

      とみざわさん、コメントありがとうございます♪

      CX-3の言われてる点については……アクセラ15XD試乗した際になんですが、ちょっとだけ同じようなことを思いました。(したり顔でスイマセン汗)
      やっぱ1.5Dは日常用の便利エンジンであって、スポーツエンジンではないってこともあるのかもしれませんね。
      軽やかな音のディーゼル……乗ってみたいです!!

      うちの子も、唯一の悩みはエンジン……。
      いや、単純に人数乗ると排気量上の限界を感じるというダケなんですけど……。
      「嗚呼、いいな2.0Gアンド1.5D」と思ってしまうこともあります(・ω・)
      人数乗らなければ軽快なんで、まあ何を贅沢を、という話でもあるんですけどね(^^;