祝・シビック日本復活正式決定! 新型TYPE-Rとハッチバックも無事発売の模様!!

シビック北米3タイプ
出展元:HONDAホームページ(北米)

遅まきながら、ようやくシビックの日本発売が正式に決まったようです。
といっても、まあ実質的に確定事項ではありましたが(^^;

時期的には、2017年夏。
CIVICが発売された2015年から、約2年遅れとなってしまいましたが……。

スポンサーリンク
レクタングル大

嬉しいハッチバック&TYPE-R

そもそも日本復帰は「実質的には確定」であったシビックですが、ファンがやきもきしていたのは、

「ハッチバックは出るのか?」

「TYPE-Rはどうなるのか?」

という2点でしょう……私もソコだったYO(´ω`)

んで、今回の発表ではしっかりと、ハッチバック&TYPE-R出るよ宣言して下さってます!
ありがとうHONDA△!!ヾ(´ω`)

まあ日本で台数稼ごうと思ったら、ハッチバックは当然必要でしょうからね。
アクセラやインプレッサといったライバルの動向見ても、売れ行きはほぼハッチバックに集約しているわけで。
セダン厨の私としては、かなり悲しい現実ではあるのですが(・ω・A;;

まあとにかく今は、

「ハッチバック&TYPE-Rの国内販売おめ!!」

に尽きますな(^^;
にしても、TYPE-Rはサイクル早いなぁ……前モデル買った人怒らないといいけど……。

あ、ちなみにクーペは発表の中にありませんでした。
まあ日本ではそれほど売れないだろうから、まあ仕方ないか……。

何故か国内生産はセダンのみらしいが…

しかししかし、ここにも不思議なHONDAマジックが……。

どうも日本国内で生産するのはセダンのみらしく、ハッチバックとTYPE-Rは英国から輸入するらしいのですよ。
これは中々に「(・ω・)??」なお話ですが、そういうものなの?
国内で売れなさそうなセダンを国内で生産するというのは、ラインの流用性の問題なのか、それとも中国とかへの輸出事情を見越した動きなのか……。
トランプショックの最中に、まさか日本→北米というラインを新たに作ることは考えづらいところだけど……果たしてHONDAさんの真意は如何に?

「何も考えてませんでした(´ω`A;;」

という回答がありそうで怖いところですなww
八郷社長になってから少しづつ軌道修正がかかってきてると思うので、信じたいところです。

ただ、輸入モデルとなるハッチバックの値上がりが懸念されるところではあります。

英国工場で生産するということは、英国では1L3気筒ターボが廉価モデルだったはずなので、そこは少し楽しみ(ホントに1Lで大丈夫なのかやや不安w)なところですね。
国内生産のセダンは、やっぱりHVモデルを用意するつもりなのだろうか……?
アコードやオデッセイの2モーター式がいいなぁ……。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大