いきなり弱腰のHONDAに喝!? シビックを「売れ」と叫びたい!

HONDA△をdisる会!

突然ですが、サーバを移転しました!

前まではロリポップを使ってたんですが、アクセス集中時が遅すぎてニッチもサッチもいかなくなったので移転……。
爆速! って感じでもないけど、ふつうに違和感ない速度には戻ったと思われますル。
遅かったら教えて頂けるとありがたいですm(_ _)m

ところで、本日の記事はどうも拭い去れないHONDAの違和感。

ホンダ「シビック」復活は日本市場テコ入れの苦肉の策

なんてニュースを朝から読んで、このシビックに対するHONDA△の違和感が何かがピンと来たので、それについてgdgd語るでござるよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

シビック、売る気ある?

このニュースで語られることは別に何も間違っちゃいないと思う。
HONDAがシビックを日本で売るのが、コモディティ化の進む日本市場のブランドイメージ強化のためというのは、まさしくその通りだと思うのです。

でも、重要なのはココ。

「そこまで大きな台数にはつながらない」(寺谷執行役員)とホンダ自ら認めるシビックが日本市場で起爆剤となるかは不透明だ。

……えっ? やる気なくね?( ゚Д゚)

そもそも発売前から何で割り切ってるの??(´・ω・`)
それ楽しみに待ってるファンに対してもシツレイじゃね??

もちろん、市場を正確に分析したうえで、

「シビックは台数は出ないが、HONDAブランドイメージ強化のために売るのだ!」

という趣旨のコメントなんだとは思います。
思いますが、執行役員の台詞にしては、あまりにも弱気に過ぎるのではないでしょうか……。

台数が出ない?
台数を出してみせる! ……というべき話でしょう?

やる気(売る気)がないのに売れるワケがない

重要なのはソコで、そもそも発売前からこんな厭戦気分が蔓延してたら、販売サイドだって本気になれないに決まってます。
私が営業担当だったら、「どうせ売れねぇッスよ店長ぉ~」とか言ってぶーたれます。ザ・クソ社員ww

HONDAというのは、売れるはずがないと思っていたものを見事に売ってきた会社だと思ってるんですが、少なくともそのときはこんな厭戦気分ではなかったはずです。

売る気がないのに売れるわけないやん‼( ゚Д゚)ノ

スバルもマツダも、同じような車格のクルマを懸命に売ってるわけです。
そこに日本専用モデルだとか、そういう事情は一切ない。
その商品を最強のクルマだと信じて、売っているわけです。

HONDAという会社がどうにもおかしいことは、多くの自動車ファンが何となく気づいてきている問題だと思うのですが、今回の一件はその現実が強くにじみ出てしまった気がしますね。
強烈な創業者のカリスマで成り立った会社は、太陽を失うとあまりにも脆いのでしょうか…。

HONDAよ、よけいなことは考えず、とにかくシビックを売るのだ。

最強のCセグメントだと信じて、国内市場を独占するつもりで売るしかない。

アクセラとインプレッサの台数をすべて奪えたとすれば、かなりの台数出るぞ?

というわけで、HONDA△をまたdisってしまった本日でしたw
しかしまあ、2015年の北米カーオブザイヤーという肩書は、宣伝文句としてはやや弱いよなぁ……。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大