テスラの完全自動運転車が半年以内に登場? これは革命か暴走か…?

テスラの完全自動運転
出展元:テスラホームページ

遂にというか、やりやがったというか、やっちゃったというか……。
テスラモータースのイーロン・マスクCEOが、遂に完全自動運転の登場時期について発表しています。

完全自動運転カーの登場は「6カ月以内」とテスラのイーロン・マスクCEOがツイート

これをどう捉えるかは、人によって様々な解釈が成り立つと思いますが……。

スポンサーリンク
レクタングル大

テスラが先んじて自動運転を発表できるワケ

確かに誰かが先鞭をつけねばならぬ業界の常。
技術競争の切磋琢磨が常に行われている厳しい世界でもあります。

ただそもそも論として、何故どこの会社も自動運転を出していないのかについて考えるべきではないでしょうか。

テスラに出来たことがGoogleの技術力に出来ないでしょうか?

桁違いの資本力を持って開発に先鞭をつけたNISSANに出来ないでしょうか?

既にレベル2を発表しているベンツに出来ないでしょうか?

そうではないでしょう。

そもそも私の中で、テスラというのは技術力に強みを持つメーカーではなく、あくまで「売り方上手」なメーカーというだけだと思っています。
EVの航続距離が他車に比べて圧巻であることについても、圧倒的な数の電池を積みまくっているからに過ぎません。(だから車重が2tを超え、立体駐車場に入れなかったりします)
革命的な新技術によらず、「思い切った技術の選択」をイノベーションと呼ぶことも事実だと思いますが、少なくともこと自動運転に関して、Googleに先んじるだけの開発力があるとは思えません。

そんなテスラが、何故「完全自動運転」のリリースを他者に先んじて行うのか。

素人目に、その理由は「安全性をスポイルしたから」としか思えません。

倫理を捨てることを「イノベーション」と呼ぶのか?

この件については、NewsPicksで桃田健史PROがコメントされている内容が全てだと思います。

レベル5をやることは、技術的にはいまでも十分に可能。課題は、事故ゼロを保証することでの、社会的な責任の重さ。専用空間、遠隔操作という「逃げ道」を使うにしても、利用者に対して、そして社会に対して企業の責任は重い。そこまでして、いま、レベル5が本当に必要なのでしょうか? 企業の競争理念だけでやるなら、やめて頂きたい。なぜ、自動運転が必要なのか、いまこそ皆が、しっかり考えなければいけません。
(NewsPicks、桃田健史PROのコメントを引用)

これは推測するしかありませんが、NISSANもGoogleもベンツも、やろうと思えばテスラ相当の自動運転機能をリリースすることは可能なのだと思います。

ですが、それをやらない。

理由は単純で、上記のような「責任の所在」を明確化するための社会作りのための準備を続けているからではないでしょうか。
自動運転という技術の素晴らしさは一目瞭然なわけですが、こういった様々な社会の準備をすっ飛ばして、先行者利益を追随するから、テスラの行動は悪目立ちしてしまうわけです。

そして、個人的に最も納得しかねるテスラのガイダンスはこれ。

テスラでは完全自動運転の安全性は、一般的な人間のドライバーの2倍以上になると考えています。
(テスラホームページより)

「一般的なドライバー」というのが何を指しているのか、正確なことはわかりかねます。
ただし、それが「平均的な事故の発生率」との比較を指して言うのならば、これはかなり酷い数字だと思うのです。

言ってみれば、テスラの自動運転を用いれば「平均的な事故の発生率の1/2」で事故が起きるというのが、逆の読み方なわけですから……。
それって、あまりにも「運を天に任せる」に過ぎるんではないでしょうか……。

もちろん、如何に自動運転であっても、事故ゼロ……つまり100%の事故を防ぐというのはナンセンスだと思います。
しかし、テスラの数字は、あまりにも心許ない気がする……。
ましてや、この数字が本当に「平均的な事故の発生率」と比較するのであれば、普通にクルマを運転している「熟練のドライバー」の事故発生率はもっと低いでしょうから……。

結局、テスラのやり方はあまりにも「利己主義」にしか見えない。
完全にうがった見方をするなら、「モデル3作ったりするのにお金がいるんですよねワカリマス」としか思えないのです……。それでプロモーションかけてきたのネ、みたいな。
テスラが「現在の自動運転の事故率は○○%で、事故した際の責任は…」という説明責任を、きちんと顧客に対して果たすのなら話は別ですが、今までの対応を見るにそれも期待できそうにありません。(ていうかソコが最大の問題な気がします。。。)

これが自動運転の契機になればいいなぁ

もちろん、リスクを承知した上で正しくシステムを利用できるのなら、自動運転は素晴らしい機能であるのもまた事実。
結局は、「機械が事故をして死んでも納得できるか」という極論にYESと言えるかが焦点になってくるのでしょうね。

色々とボソボソ言いましたが、誰かが先鞭をつける必要があるのもまた事実なわけです。
今回のテスラの「暴走」(という言い方を敢えてする)を機に、社会全体が自動運転の普及に対してより真剣モードになれば、今回の一件は確実にイノベーションにつながったと言えるでしょう。(むしろソレ狙ってるならマスク氏スゴイかも…w)

後は技術のNISSANも世界のトヨタも、このレベルまで「やろうと思えばできる」ことを証明して欲しいところですね~。(トヨタはまだムリかな?)

最後に我が家でヘヴィロテされてる動画を紹介しましょうw
自動運転の未来の姿にならないことを祈ります(笑)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. とみざわ より:

    こんにちは、おじゃまします。

    いやはや。。。
    このテスラの言い分。
    「まだ、その時でない」
    と言いたくなる様な・・・

    過疎地や郊外に居住する高齢者の世帯には、
    自動運転技術は歓迎する技術ですね。
    個人的にもどんどん開発を進めて欲しい分野です。
    加えて、一般市民が入手可能な量販グレードに搭載するために
    ここは、いかにコストを抑えて具現化できるか

    ただ、死亡事故が起きた記憶からあまり時間経ってないような・・・
    あまりに速すぎる気がするとともに
    6ヶ月以内に何を見せてくれるのか、楽しみでもあります。

    • セトシン より:

      とみざわさん、コメントありがとうございます♪

      何だかテスラの言い分は、「ん?お金が欲しいのかオマイら?」という風にしか見えない私です……。
      昔はこの会社好きだったんだけどなぁ……(´・ω・`)

      国もようやく高齢者に対して、自動ブレーキの義務化を検討するフェーズにも入ったようですし(遅いとは思いますが…)、間違いなく未来の鍵を握る技術ですよね!
      過疎地なんかは、自動運転バスとかできれば、ものすごく便利だろうなぁと思います。
      ただ、このテスラの動きが、全体の開発促進を後押しするものになってくれれば、アリですね(^ω^)

  2. とみざわ より:

    セトシンさま

    返信ありがとうございます^^
    お年寄り向けの技術として、大いに期待したい!

    ・・・で、話はかなり反れますが(というか逆方向)
    先日、少々長い距離を歩く機会があって
    ふと道行くドライバーに目を向けると
    まともに前を見て運転している人があまりいない・・・
    飲み食いしながらの「ながら運転」
    スマホとか見ている「わき見運転」
    酷い人は週刊少年○○○○ハンドルに乗せて・・・
    なんて人もいたりして。

    もちろん、たまたまそんな人とすれ違う機会が多かったかもですが、
    運転が簡単になりすぎてるのかな??
    と感じた一日でした。

    もっと、運転に集中しなきゃあぶないよー
    「今こそ!若年者マニュアル車限定を!!」
    と、あふぉな考えがよぎる、今日この頃です^^;

    • セトシン より:

      とみざわさん、コメントありがとうございます♪

      週刊少年運転はヤヴァイですねぇ…………(汗)
      他にも私がよくやるのは、大熱唱カラオケ地獄運転とかですかね!(汗)
      ただし、MTだと集中して歌えないので、とみざわさんのおっしゃる通りかもしれませんww
      技術の進歩の結果として、こんな状態になっているのは、ナカナカに……。

      MTをもっと流行させるのは、時代に逆行する方向ですけど、だからこそアンチイノベーションとして「趣味のクルマ」という位置づけを明確にできますよね。
      というわけでマツダさん、3列シートSUVには是非MTを……ww