新型ワゴンRが遂に発売! 意外に「フツウ」な攻め方はスズキの意地か?

新型ワゴンR
出展元:スズキホームページ

遂に出ました新型ワゴンR!

燃費不正の件を受けて、発売がずれ込んだというこの一台。
スタイリングなどは、巷で流布されていた予想とだいたい同じ、という感じでしょうか。
ストロングハイブリッドはなく、マイルドハイブリッドでクラス最高の33.4km/Lを達成したのが最大の強みとなる感じでしょう。

……あれ? 何か思ったより地味な気がする?(*´ω`*)

スポンサーリンク
レクタングル大

スペックでおさらいする新型ワゴンRの実力

さて、それではまずラインナップを比較してみましょう。
スズキさん、サイトに比較一覧載せてくれないからちょっとわかりにくいんだよね(^^;

グレード 価格 自動ブレーキ 燃費 その他
FA 107万~ なし 26.8km/L
HYBRID FX 117万~ 127万~ 33.4km/L MHV
HYBRID FZ 135万~ 140万~ 33.4km/L MHV
STINGRAY
L
129万~ 135万~ 26.8km/L
STINGRAY
HYBRID X
148万~ 標準 33.4km/L MHV
STINGRAY
HYBRID T
165万~ 標準 28.4km/L MHV
ターボ

んな感じでしょうか。

正直、個人的には買うならFAだと思うんですが、まあでも自動ブレーキ欲しいから、HYBRID FXに結局なるのかもしれないです。
主要な先進装備はHYBRID FXの自動ブレーキ付きで事足りますし。
外観的にはSTINGRAYの方が好きだけど、価格差を考えるとちょっと…という感じでしょうか。

STRINGRAYのHYBRID Tはターボ有という魅力はありますが、私的にはこの値段ならもはアルトワークスか普通車ですな(^^;

それにしても構成を見ると、HYBRID押しですなスズキさん。
通常モデルには、HYBRID以外で自動ブレーキがつかないという強気な設定です。

「お前らHYBRID買え!( ゚Д゚)ノ」

というスズキからの強いメッセージが聞こえてきそうですw

「クリープ時にはモーターのみで走行」という独自の仕様で、それをマイルドハイブリッドで達成したのは頑張ってる感じに見えます。
燃費の数字にしても、マイルドHVのトールワゴンでこの数字は立派なもの。
噂されていたAGSによるストロングHVは出てきませんでしたが、正直これで十分な気もしますね。

縮小する軽ワゴン市場で巻き返せるか…?

しかしそれにしても、新型ワゴンRは

「思ったよりフツウ」

でした。

いやまあ、色々とパワーアップして新型ワゴンRと呼ぶにふさわしい出来栄えだとは思うんですが、売り方的にオーソドックスな正攻法で来たなぁという印象です。

何よりワゴンRのような軽トールワゴン市場は、結構減衰著しい市場です。

ダイハツがタントというモンスターを投入して切り開いた「軽ハイトワゴン」市場に、ワゴンRが無敵を誇った「軽トールワゴン」市場は見事に打ち破られ、衰弱の一途を辿っています。
現に昨年の軽自動車販売台数の覇者はN-BOXであり、2位はタント。
販売台数的にワゴンRがまだまだ無視しえないクルマであるのは事実ですが、この状況に対してスズキがどう手を打ってくるのか、非常に見ものだったわけですが。。。

正攻法で来ました!

もしかしてワゴンRにスライドドア搭載するんだろうかとか、いやいやもっと斬新な作戦で来るんだろうかとか、そういう私の期待も邪推もぶっちぎって、攻めてきたのはザ・正攻法。
燃費の強化とハイブリッドの看板、ホイールベース延長による室内空間の更なる拡充と、自動ブレーキの高性能化によって、クルマとしての基本的な性能を飛躍的に高めることで、この激動の軽市場に再参戦しようとしているのです。

特に、「軽ワゴン最大」を自称する室内空間の拡大(室内長)は大きなポイントでしょう。
この場合、「軽ワゴン」とは「全高1,550mm以上の軽自動車」を指すものらしく、つまりハイトワゴン勢より「タテは長い」のです!
恐らく、新プラットフォームである鬼軽量化技術を駆使したにも関わらず20kgしか軽くなっていない(なんかむちゃくちゃな言い方w)事実は、ここに原因があるのでしょうね!

ちなみに月間目標販売台数は1万6000台とかなりの数字。

達成すれば軽自動車シェアトップを取り戻します。

様々な「日常の使い勝手に対する訴求」が、どれだけ身を結ぶことができるか。
腹芸に頼らない正攻法で挑む、ワゴンRの戦いには注目が集まります。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大