新型ワゴンRは何故EVではないのか? スズキの次世代技術は何処…?

新型ワゴンR
出展元:スズキホームページ

昨日に引き続き、ワゴンRのお話でございます。
ていうか本日は、非常に身もふたもないお話でございます。
ザ・妄想雑記としてお付き合いくださいm(_ _)m

スポンサーリンク
レクタングル大

ワゴンRが置かれた現状

先日の記事でも書いた通り、ワゴンRの現状というのは非常に厳しいものがあると思います。

もちろん、販売台数的に無視できるカテゴリではありません。
スズキの屋台骨を支える貴重な一台であることに変わりはないと思います。

ただ、HONDAのN-BOXやダイハツのタントに押され、軽自動車の王者という立場から陥落して久しい今日この頃。
タントはシンプルに室内空間を拡張した技術的努力によってイノベーションを引き起こし、軽の売れ筋カテゴリを「軽トールワゴン」から「軽ハイトワゴン」にスライドさせたダイハツ懇親の一台であり、N-BOXもまた然り。
いうなれば、商品力が云々という問題以前に、売れ筋の路線をシフトされ、ワゴンRの持っていた市場そのものが半減してしまったというのが、現在の軽自動車市場の姿でしょう。

そんな中で出てきたこの新型ワゴンR。

特に目立った技術的目玉や新機軸はなく、あくまでも真面目な現状維持。
単純に商品力の向上によって、「良い車は売れる」理論によって、より「スゴイワゴンR」を作ってきたわけですが、軽自動車王者の地位を奪還できるかは、果たして難しいラインなのではと思ってしまいます。
私は基本的にスズキ好き(軽自動車ならスズキがイイと勝手に思ってる人間)なので、是非応援したいところなんですが、イマイチ明るい未来を思い描くことができません。
だってもう、市場は「ズラされた」と思ってるから。
ムーヴのフルモデルチェンジがあまりインパクトを伴わなかったのと同様、ワゴンRのフルモデルチェンジが快哉を持って迎えられるとは、あんまり思わないんだよなぁ……。

もちろん、自動ブレーキの圧倒的高性能化による魅力は、この上ないものがあると思いますけど……。

ワゴンRが「新機軸」となるための施策は?

見事にイノベーションを食らったワゴンRですが、ではこの生真面目な王者が、軽自動車のトップとして返り咲くための施策があるのでしょうか?

個人的には、それこそEV化だと思います。

あ、ちなみに先に書いておきますけど、私は基本的にEVキライ人間です。
だってシフトアップするときのエンジンの高揚感が好きなんだモノ……(´・ω・`)
でもCVT車に乗るぐらいなら別に……|д゚)

スライドドアを搭載するというのも選択の一つでしょうが、そうなるとスペーシアクラスとのすみわけが難しくなる。
それに元々イノベーションを起こして市場を切り開いた開拓者たるワゴンRが、その王として姿を取り戻すための施策を求めるなら、そういう安直な選択はあまりしてほしくないですし、単にユーザの選択肢を狭めるだけです。

だとすれば、もうEVでいいんじゃないかと。

EVが「クルマ」に取って代わる存在だとは、正直全然思っていない(航続距離の問題…というより充電時間の問題による。このへんの記事参照)のですが、軽自動車というカテゴリに限定すれば話は別です。
だって、主目的が近距離移動なんだよ?
それなら別に、「お家で充電して行ける範囲で移動する」という前提が成立するので、もう軽自動車ってEVでいいと思うんダスよ(´・ω・`)
敢えて複雑なHVシステムを搭載する必要もなく、EVとして近距離移動の王者になればよいのです。
敢えて言えば、スティングレーはガソリンのまま残しておくとかね。(プラットフォームの共通性的に無理かもw)

完全に個人的な意見ですが、スズキほど「EVをやるべき」だと思う会社ってないと思うんです。
だって、本当に近距離移動に特化して色々な商品をやってるし、ユーザの問題を見越して改善する「身近な努力」感も強い。
原付や軽自動車といった「近距離移動手段」をEV化してやれば、多くのユーザにとって飛躍的に利便性が増す結果になると思うんですけど……。

ただまあ、正直……

簡単に言うなよ‼Σ( ゚Д゚)

って話でしょうけどねww

危機感を感じる新技術への対応は?

ただ、そもそも論としてスズキの稼ぎ頭は日本というかインドでしょうし、全体的に発展途上国向けに強烈なラインナップを押し出していきたい考えはあるでしょうから、そもそもEVなんて「世界戦略」の外側かもしれないですけどね(^^;

ただ、いまどき頑張ってハイブリッド技術を導入することに、あんまりメリットを感じない…。

高性能なブレーキサポート技術を持ってはいますが(ソフトウェアは自社開発というお話もあります…)、自動運転レベルまで持っていける感じは今のところなし。。。
パワートレインもストロングHVをようやく市販化できた(いや、この燃費数値すごいと思うんですけどね!)ところですが、HVはそもそも最新技術というカテゴリでもなくなってしまった……。

いわゆる新世代技術として、何処に注力しているのかがイマイチ見えてこないのが、スズキに感じる危うさでしょうか。
別にワゴンRはともかくとして、スズキが「次」を何処に見据えているのか、いまだに感じることはできないのが、修会長がトヨタと提携した理由なのかもしれません。。。

ちなみにトヨタがEVを売ると言ってる2019年あたり。
ムーヴはフルモデルチェンジなんですけど、親会社さんそのへん如何?
あれEVにしてアメリカ持っていったら、都会では売れないかな? ZEV規制対策w

……だから簡単に言うなよ‼Σ( ゚Д゚)

というわけで、本日は超絶雑記でございました。ちゃんちゃん。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. よーすけ より:

    トヨタとの連携が進んでいるようですから新世代技術の恩恵は受けられると思います。
    次期型ではEV化したワゴンRが見られるかもしれません。

    長年軽自動車界を引っ張ってきた車種であるが故に他社に研究され、また自社の他車種にもシェアを食われているというのが実情なんだと思います。

    軽自動車は走りよりも実用性や価格が求められますからね。今回の改良では車内空間の拡大と安全装置の大幅レベルアップがありましたのでしばらくはそこを売りにするしかないでしょうね。
    ただ、ライバル車もモデルチェンジを予定していますからまた個性が埋没してしまいそうではありますが・・・。

    • セトシン より:

      よーすけさん、コメントありがとうございます♪

      やっぱりトヨタとの提携はソコですよね!
      スズキって本当に「小回りの利く町工場の技術屋」的なイメージがすごく強くて(完全に偏見w)、最新技術への親和性がそれほど高くなさそうなので、是非この提携を有意義に生かしてほしいですね‼
      提携内容も具体的な話に入ったようですし、今後が楽しみです♪

      ライバル……N-BOXですか……手強そうですね。。。
      現在のHONDAがそんなトンデモモンスターを作り上げれるとはイマイチ思わない一方で、N-BOXは現時点のレベルが高いからなぁ……。
      なかなか白熱してまいりましたww