HONDAは敢えてコモディティに堕ちるのか? Hマークの価値は何処に?

HONDAの迷走が止まらない。

この程、EV用モーター事業で、日立との合併会社設立が発表された。
内製主義を貫いていたHONDAだけに、モーターという「次世代の中核」技術を他社と競合する今回の判断は思い切ったものに見える。
ただ、モーターはエンジンほどに熟練技巧が必要とされる装置ではない量産品のはずで、そういう意味では今回の提携は、スケールメリットを追求した順当な戦略にも見えるのだが……。

スポンサーリンク
レクタングル大

HONDAの看板の意味は何処に?

私はHONDAが好きだ。

そりゃあ、昔は日産絶対主義者だったし、今では浮気してマツダ党になってるぜサーなわけだけど、それでもHONDAというメーカーは好きだ。
シビックやインテグラを生産していたころのHONDAは、素人目にもとても魅力的に見えたし、オデッセイでミニバンブームを巻き起こしたHONDAは、ユーザニーズに寄り添いながらも「開発者としての提案」を怠らない優等生だったと思う。

今でもHONDA車には興味がある。

どのミニバンに乗りたいか、と言われれば間違いなくジェイドだ。
ハイトワゴンにしろと言われればステップワゴンで1.5Lターボを味わいたいし、お金に余裕があればスタイルも燃費もパワーも兼ね備えたオデッセイを選ぶと思う。
枯渇していたCセグメントにも、このほど待望のシビックが復活するという。
HONDAの車には、まだまだ魅力があふれていると思う。

ただ、この先は全くわからない。

マーケティング部隊に先見性を感じないのは既に当ブログでも散々に述べたことだが、次は技術的な立場を危ぶんでいる。
今回の日立との提携は、その象徴的な出来事だった。
そういえば先日は、Googleの自動運転会社であるウェイモとも提携を発表したばかりだ。

何故、突然こんなことを言い出したのか。

その危惧は単なるHONDAdisラーとしての本能が言っているだけではないのか。

そんなことはない。
HONDAの将来の何が不安なのかと聞かれれば、私はこう返すだろう。

「HONDAのクルマでないと駄目な理由がない」

HONDAは、自ら進んでコモディティ化しようとしているように見える。

ニューモデルマガジンXさんの指摘がヤバい

こんなことを思い始めたのは、私が生粋のHONDAdisラーであるからではない。
いつの間にか私の中で「ナンバーワン車雑誌」になっている、ニューモデルマガジンXさんのツィート(NewPicksでの編集長さんの発言も)を見たからである。

雑誌公式アカウントとは思えない、哀切に溢れたツィートであると思う。
と同時に、非常に核心をついたツィートでもあると思う。

偉そうなことを言っている私も、これらのツィートを見るまでは今回の一件をそれほど重要視していなかった。
ズバリ、なポイントである。

結局、日立にしてもサプライヤーなわけである。
そこと共同開発したモーターは、恐らくHONDA車限定のものではないだろう。

商品価値とは個性だ。

言い換えれば、個性を追求することこそ商品開発の本筋だろう。

それなのに、恐らく未来のEV・FCVの時代でもっともコアな技術となるであろう「モーター」を、あっさりと内製から切り離した。
それでは未来のHONDAのEVは、何処で個性を付与するつもりなのだろうか。

自慢の六極体制で、各地のニーズに即した提案をするつもりなのだろうか。
それは確かに立派なのだが、例えば日本で小型車が売れるからと小型車の生産を強めても、「他社も全く同じことが簡単にできる」のではないだろうか。
個性のない技術はコモディティであり、それは生産の容易性を示すものだ。

「世界一のモーターができれば、世界一の電動車ができる」

と、矢郷社長は言う。

それはつまり、合併会社のモーターを使えばどの会社でも世界一の電動車をつくれるということではないのだろうか。
この言葉そのものはあまりにも極論だが、今回の問題を集約しているように見えて仕方がない。

もっとも、EVというのはそれ自体がコモディティに近い。

だからこそEVは、それまで参入障壁が高かった車業界において、ベンチャーが進出する可能性を示した。
そのコモディティが主流になる未来が想定されるとすれば、そもそも自らコモディティに対応する「大量生産メーカー」へ、時代の流れに合わせた変化を遂げようとしているのかもしれない。
そう考えれば、HONDAの最近の動きは得心がいく。

「HONDA車でなければならない」時代は、今後来ない。
今後車を選ぶ際の基準はコストと利便性、そういう世界が来る。

それこそが、HONDAの見据える未来なのかもしれない。

ニューモデルマガジンXさんの今月号で、どのような意見・視野が出てくるのか。
今から非常に待ち遠しい。

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2017年 03月号 [雑誌]

とりあえず先月号のアフィリエイトリンクを張っておきますw
興味のある人は上のリンクからどうぞ。
むしろ上のリンクを踏んだ後で楽天トラベルで海外旅行でもお買い上げくださいw

それにしても、本当にNo.1車雑誌になったなぁ。
S-FRの開発中止をすっぱ抜いたあたりからだろうか。
毎月楽しみ過ぎて仕方ないうえに、立ち読みではなく必ずKindleで買うようになった(^^;

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大