高齢者運転免許の新制度が3月12日から変更されるわけですが…

来る3月12日から、高齢者運転免許の制度が変更になります。
高齢者運転の事故多発を受けて、ようやくお国が動いた、という形になるのですが……。

あんまり知られていない制度変更だと思うので、本日はその内容を簡単に……。

スポンサーリンク
レクタングル大

そもそも、現在の高齢者運転免許制度

まず、現在の高齢者運転免許制度についてですが、「講習予備検査」と言われる認知症の検査は免許更新のたびにやっております。
が、しかし。。。

高齢者運転免許制度
出展元:警視庁ホームページより

上記の通り、ここで「記憶力・判断力が低くなっている」と判断された場合でも、免許を更新できることになっているのであります。

ただ、「低くなっている」と判断された方が一定の交通違反をすると、「臨時適性検査」なる検査を義務付けられるということで、一応の差別化要素はあるわけですが……。

……正直、これは厳しい(´・ω・`)

高齢者の方が生活に車を必要とされているのは理解しますし、それを制限することが難しい国の立場も何となく想像はつきます。
ですが現状の制度では、正直「本気で高齢者の事故を防ぐ気がない」と思われても仕方がないと思います。

というわけで、3月12日から新制度が開始!
それでは半ばの期待と半ばの疑念(w)とともに、新制度を見てみましょうww

そして新制度と高齢者予備講習

というわけで新制度についてですが、

高齢者運転免許新制度
出展元:警視庁ホームページより

要するに、何が変わったのかと言えば、

基本的には変わりません( ゚Д゚)

という感じで、もうちょっと細かく言えば、

記憶力・判断力の低下が疑われる方への講習が厳しくなりました( ゚Д゚)

ということでしょうか。
講習の合理化が図られて、より必要な方が必要な講習を受けられるようになるそうです。

え? ここだけ見るとイミフなんですが?(´・ω・`)

そもそも上記の資料で言うと、「認知症のおそれがある方」がそれ以上の診断もなしに免許を取れてしまうとか、それ以上に高度講習を受けて認知できるのかとか、色々とツッコミどころ満載です。

……と、思っていたら、

(注記)認知症のおそれがある方は、後日、臨時適性検査を受け又は医師の作成した診断書を提出するものとされ、検査結果等により認知症と判断された場合は、運転免許の取消し又は停止となります。

こっそり書いてあったww

流石に「認知症のおそれがある方」をそのまま運転させるわけにはいかないということで、診断書必須。うん、まあこれは改善かもしれない。

そして変更のポイントはもう一つあって、

高齢者運転免許制度 違反時
出展元:警視庁ホームページより

「75歳以上の人が一定の交通違反(信号無視等)をしたら、認知症検査が義務付けられる」

ことになりました。
昔と違うのは、75歳以上の人が」というポイント。
以前は「記憶力・判断力が低くなっている」と判断された人だけでしたからね。

すぐ「講習」に走るのはお役所らしいが…

個人的な感想としては、

今よりはだいぶ良くなるけど、もうちょっと…|д゚)

って感じですかね。
現行の制度をそれほど変えず、高齢者の方の生活にもなるべく影響を出さないように配慮しながら、判断するべき基準をきちんと明確化した感じ。
本当は自動ブレーキ機能やMT限定等の車両規制があっても良かったと思うんですけど、まあそれは車両購入費用が高齢者の方に絶大な負担となってしまうので、現時点では難しいということなのかなぁ。

実際には、後5年後に施行とかでもいいから、車両規制を行ってほしい。
今すぐそんな規制ができないのはわかってるので、未来を見据えて先に動いてほしいです。
そしてそのために、「5年後から自動ブレーキ付きの車両しか乗れなくなりますよ!」とラインを今から宣言してほしい。
そうすれば、まだ買い換えるのにも余裕がありますしね。

それにしても、すぐに高齢者講習が発生するのが御国の御仕事って感じですけどw
その講習開催する人件費大丈夫ですかと心配になるww

つか講習って、どんな方便つけても「脅迫」じゃないのって思ってしまうなぁ。
どうせ講習で、「認知症で事故をした高齢者たちの実録ビデオ」的なのを流すんでしょ?
それで遠まわしに高齢者の方たちに、

「お前ら事故したらこうなんだよ、本当は免許返納した方がいいんじゃね? アアン?」

と、プレッシャーをかけるわけでしょ?
それ、何かもう脅迫な気がしない?
効果そのものは少しは上がる(返納者が増える)かもしれませんが……。

こういう見方は、私がヒネてるからなんでしょうかww

そして結構制度が複雑化してる気がするけど、高齢者の方困らないかな??

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大